旅行記

どこかに出かけるともれなく更新される・・・備忘録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サワディーカー(-人-)2

2017年01月24日 | 日記

二日酔いもなく朝食がおいしい
(色んなメニューがあって何泊しても楽しめそうです)


今日はバンコクから約70㌔離れた郊外へ
サムットソンクラーム県にあるタイ国鉄メークロン線の終点

テレビで見たことある方もいると思います
列車が来ると一斉にテントを畳む光景を。


バスから降りて踏切を覘く
この線路に沿って行くと市場があるみたい


2015年線路改修

メークロン線で使用されている車両は主に
1980年代に輸入された日本製なんだそうですよ

まずは商店街をぐるっと廻って



店舗の前にテントやら屋台やらバイクやら



このゴチャゴチャ感はアジア共通


メークロン駅
屋根があるだけで駅っぽくない


ガイドさんが列車の到着時間とか
何かいろいろ言って解散 ←聞いてない
駅構内?にある食堂でラーメン頂きました



どこの食堂にも調味料(辛・酸・塩・甘)が置いてあって
自分好みにして食べます
辛いのはかけすぎるとキケンです


列車が来るまでメークロン市場を見学



ホント線路ギリギリまで商品が並んでます
テント畳むだけで大丈夫なの?野菜が轢かれそう
野菜や生ものは観光客は買わないんですよね。商売相手は地元民
きっと観光客はじゃまでしかないと思うのです



市場の隙間から脇に入ると道路まで繋がる大きな売場に出ました
雑貨や洋服なんかが鮮魚と並んでたりするのがアレですけど..
魚貝の加工品がうまそー。でもハエブンブン..
処理されたカエルなんかも売っていました
ここ借りれない人たちが線路沿いに溢れていったのかな?


列車到着時刻なので駅に戻るとすごい人
そしてスタンバる場所間違えたことに気づく



人が多すぎてズームしても市場が見えない
市場にいれば列車ギリギリ感を味わえたはず..
音はすれど姿は見えず、、見えたーと思ったら



なんのことはない
ただ列車を見にきたみたい

ここは終点。11:10到着。

折り返し出発まで約20分だから
通過時間入れたら30分近く?
テント畳んでじーっと待ってるんですね


この列車に乗りまーす

メークロンの車窓から(なぜにボケるカメラ
近いっ のは感じてもらえるかな?


商店街で買ったフィッシュチップスをつまみながら走ること約30分


Ban Na Khwang

何もないとこで下車...
看板はあるけど駅なのか
ツアーはここまで。バスで集合場所へ帰ります
移動時間は貴重な睡眠時間





午後はバンコクの西側カオサン通りへ行ってみました
この辺は安宿(1泊1000円以下)や格安の店が並んでます
バックパッカーの聖地ですね



夜になると屋台がたくさん出てきて通りは大賑わいになるようです



お買い物しながらプラプラして
パッタイ(焼きそば)と春巻食べました。うまー




帰りはトゥクトゥク拾って近くの駅へ。シーロムへ帰ります




夜はシーフードの有名店に行ってみたんだけど
すごい行列だったので諦めて初日にみつけたお店へ


AFTER HOURS

店内にはステージがあって生演奏していました
大きめのモニターもあってスポーツバーにもなるようです
デッキ席でタイ料理色々いただきました


カオ・パット

辛いものや香草が苦手な方はタイ風炒飯おすすめです
ハズレなしです。どこで食べても


食後はパッポン通りのナイトマーケットへ
日本人向けタニヤ通りと平行に並ぶ通りで全面露店
あやしい物多しですが観光として楽しみましょう


Night Market

タイって他国と違って押売されないしグイグイ来ない
ストレスなく買物できるのがイイ

露店(道路)の端に出て歩いてたら客引きがいました
まぁ、飲み屋じゃそんなこともあるよねーと通り過ぎると
たまたま中が見えてしまいテンションの相方に呼び止められ
わざわざ入口まで戻って中を覗くと
丸いステージで女の子達がセクシーな格好で踊ってるじゃありませんか


KINGS CORNER

そぅ。ここは歓楽街パッポン通り
ゴーゴーバーが建ち並んでいました

男だけで来てる観光客のお目当てはコレなんだろうなぁ
旅の記念に入ってみてもよかったかな

ホテルへ帰還
コンビニで買ったお酒飲みながら
カオサンで買ったポストカードで独り年賀状を書く(恒例行事)相方爆睡中
タイ3日目。なんとか0時には就寝・・・





※ゴーゴーバーとはなんぞやという方はこちらをどーぞ。とっても細かく説明されてます

『海外旅行』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サワディーカー(-人-)1 | トップ | サワディーカー(-人-)3 »

あわせて読む