Are you writing ? No I was just thinking.

インド洋にほど近い街に家を建てました。よく働いた後はホリデーで充電しまた進んで行くのです。

税金をむしゃむしゃと喰らう人々 2

2017-11-30 06:00:04 | Australiaに住む
私には解せない。
一体何故にセンターリンクは
むしゃむしゃと税金を喰らい続ける人々
をいつまでも甘やかすのか?


良い例が職場の同僚の子だ。
高校を卒業してから
見事な事に一切仕事せずに
センターリンクの収入だけで
家を借り 背中に大きなタトゥーを入れ
ブクブクと肥ながら男と同棲。

その男も無収入だが2人で
一週間で$700程はセンターリンク
から貰えているそうだ。

そんな娘は最近待ってましたと
当たり前の如くやはり妊娠。
相手の男にとっては全て母親違いの
3番目の子になるそうな。
これはオーストラリアでは普通にある事なのだよ。
THE ごちゃ混ぜファミリーですな。


そして父親はたぶんその彼に間違いない
それもまた凄いのだが

らしいが 出生届に父親名は記載しないと
決めているそうだよ。
もちろん そっちの方がより沢山の
お金をセンターリンクから
引っ張って来られるからなのだが。

凄いっ 凄いぞ!!
それをのうのうと 聞かせてくれる
母親も凄いがなんというか
ファミリー全部がセンターリンク
のお得意様状態なのだ。


そして 娘はこれから父親違いの子を
一体何人産むのか知りたくも無いが
100% 起こると思うのだ。

そして産まれた子が
また 同じ様に育ち...
何世代にも渡って
税金を喰らうのか。

どうにかならないのか。
この 制度って。

税金を喰らう
この喰らうと言う漢字は
オーストラリア人に理解不可能だろうが
食うではなく
喰らう
ぴったりな日本語表現だと
つくづく思ったりしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

税金をむしゃむしゃと喰らう人々 1

2017-11-28 07:10:12 | Australiaに住む
ぎゃっーー!!
またかいーーー!!?

朝からまだ8時だよー。
こんな時間から酔っ払っているのか
ラリっているのかしりたくもないが。

Fuck—!!の雄叫びと
ケンカの罵声が我が家のお向かいの
ガバメントハウスのから
ガーガーと聞こえてくるのだ。

そして窓からヒョいっと覗いたら
あり得ない光景が!!!

ナイフ 振りかざして
ガンガン フェンスを叩き
出て来いってーて
早朝からキチガイ度1000%

本当に素直な感想
ガバメントハウスの近くには
家を購入すべからず。


キチガイ同士でも
ヤバイのは分かっているのか?
直ぐさま ポリス参上〜!
それも皆 けん銃従えてさ。

我が家宅の向かいには
二件続いてガバメントハウスが
おったっているんですがね

どっちの住人も見た目も行動も
最低最悪。

ポリスの御用達の
レギュラーな人々ですな。


悪いが酷い。
奴らは酷過ぎる。

本能の赴くままに怒り
暴れ 叫びまくる。
動物か お前らは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day 2 飲茶にレイシズム

2017-11-24 16:00:25 | ひとりごと
南へと向かうマンジュラ ライン
に揺られる事30分。

久しぶりに見る事となった
スワンリバー


6年前までここに住んでいたなんて......
もう 全く思い出せませーんっ。

やはり他の乗客も自然と顔が
スワンリバーに向いちゃってます。

そして本日私が向かったのは
友人が新しく家を購入した街
Cockburn central です。

数ヶ月ぶりに食べた飲茶。

久し振りに再会した友人と
オーストラリアで暮らす悩みを
お互いに語る。


私が人種差別を何度か経験して来て
その経験を踏まえ
今 率直に思うのは

仕方あるまい。

の一言でしかない。

見た目も文化も違う人種が
手と手を取り合いお互いを完全に理解し
受け入れ世界みな兄弟
なんてもの
自信を持って言うが
あるわけ無い。


今までの歴史を見よ。
どれだけ白人が上からものを見て
ぎゅーぎゅーと有色人種を抑え
殺し 奪ったもが多いのか。

歴史だけ見たって実にわかりやすいのだ。

何人であろうと
オーストラリアにいる人は
オーストラリア人よと
唇のわき ヒクヒクさせながら
私の前で言って退けたオージー女性の
白々しさを
昨日のように思い出すわい。

ましてやオーストラリア何て
白豪主義を国が立ち上げたくらいだ。

私の経験上
年寄りよりもグンと若い年齢の方が
思いっきり無礼な差別をモロぶつけてくる。

多分 年齢が若い分
人生経験が足りずに
それによって
どれだけの心の傷になるのか
まだ理解出来ないから直球を
投げてくるのかとも思う。

白人第一の国に住むならば
表立って誰も言わないが
結構多いぞ。そう思ってる輩この国は。

ある意味達しなければ
心が折れる。

まぁ いじめみたいなもんなんだわな。
あなたの
存在がただとっても嫌で
何か言わずにいられないんです。
みたいなさ。

日本から出る事も無ければ
こんな経験も皆無だったろうに。

日本を出て白人の多い国で
暮らすこととなり
そんな対象になってしまった私が居る。

そんな私の友人は
実に強く賢い人だ。
そんな人でさえ差別的な事で
ががガーンっと
来る事だってあるのだ。

日本に住んでいたら絶対に
経験する事は皆無であっただろう
事を経験をし
物事を大きく捉えていける事が
私にとって海外で暮らして来て
掴んだひとつでもある。

道を歩いていただけで
いきなり 若者2人組から
モンキーっ!!と
言われ

ただ歩いていただけで
あからさまに ゲフッーとゲップをされ

本当 いじめとなんら変わりないのね。


そんな話をしながら飲茶を頬張り
あっという間に時間は過ぎ
駅に到着。

そして 見つけた!
このどドーンっと駅前に
大きく掲げられた
男の子の写真って........何なのだ??

説明書きや文字の類いは一切ないし.....
行方不明者 捜索のためかと思ったり
はたまたCockburn の学校で1番の優秀者??
不謹慎だが遺影の様なのだよ。

気になって仕方がない帰途での
電車内であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Day 1 寿司を食べる

2017-11-21 10:02:16 | ひとりごと
私が暮らす北の僻地までフリーウェイが
伸びてくれたお陰で最近では通勤の際に
いつもお世話になっている。

そんなフリーウェイを走行する機会が
多くなった最近思うのだが
そんな運転しか出来んなら
一般道を走行しろっーー!!

とついつい怒鳴りたくなる事が多々ある。
フリーウェイの入り口で
60キロ
くらいでウロウロと
流れに入って行けない車の
後ろを着いていく恐怖。
こっちの運転ペースが崩れまくるのだー!!
この前なんか入ることが出来ず
合流地点で停止してる
危険極まりない輩もいたのだよ!


そして
そんなフリーウェイも本日から3日間
使わなくても良いんですー!!
やったー三連休とりましたわい。

そんな1日目に当たる本日
ブラスモンキーでロゼを飲んでおります。

しかし パース市内の閑散たる
侘しさに
CITYで時間を潰すのが
ほんと大変ですね。

みたい店も行きたい店も皆無ですから。

そんなCITYでやっとこさ時間を潰してから
友人と合流した後向かったのは
My Fav Restaurant
ジェームズ パーカーです。

今宵もいつもの寿司バー カウンター。

ここの強みは何と言っても海鮮ですな。
海産物の宝庫で生まれ育った私が
本当に美味しいとケチのつけようないですから。



もう一軒行って飲まない?
と誘う友人だったが

ほどほどに飲んでほどほどに帰途に
着くのがよろしいと

絶対歳だわ。
9時前には電車で帰宅です。

明日はDay 2.
友人の暮らす南の街まで電車で行き
ランチです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れの季節

2017-11-18 18:45:00 | ひとりごと
相思相愛。
職場のフィリピン人カップルを
数年見続けて来て
彼らが一緒にいる年数も長いが
絆が実に深そうな
仲良しカップルだなぁと思っていた。

それが実は違っていて
何年も前から寝室は別。
会話もほぼ無く連日の口ケンカ
ばかり続く毎日に嫌気がさした彼は
もう別れる!と決めたらしい。
彼女はまだ未練タラタラでおいおいと
泣くばかり。


つい先日まで2人してラブラブショットをFBに
上げまくっていたのは
何だったのだ!?
まっ 幻っ??

十数年来の私の知人。
オージーパートナーを持つ
60歳を迎えたこの知人も

彼からの十数年以上に渡る
モラハラにいよいよ耐えきれなくなり
一緒になって20年
ついに別れる方向に進むようだ。

ただこの知人の場合これからの
生活が全くもって見えてこない。

そんな理由からか
生活のために思い止まっているかのように
感じるのだが

長年彼女の友人として見聞きして来た
私の正直な感想は

もう10年以上も同じことの繰り返し
なのだから一歩踏み出そうよ。


と正直思ってしまう。

つい最近までの自分もそうだったが
人生一寸先は闇とつくづく思うのだよ。

平穏無事な毎日とは
実に実に有難いものであると

パートナーに少し優しくしておこうか
と仕事後ヘトヘトながら帰宅したら

ゴオッーーー!!

食後の食器を食器洗い機に入れずに
放ったらかしかいっ!?
ただ入れておくだけが
どれだけの手間なんじゃいっ!

と一瞬でムカムカモードに......

長年連れ添っていると
イキナリ妙に優しく接するのも
難しいようである。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加