とにかくなるべく速く泳ぎたい50代!!

マスターズ大会に自信をもってでよう!って気になるまでの自分の成長記録

何ができるか??

2016-11-07 | 日記

今日は息子ちゃんのバースデー 土曜日に帰ってくるというので、さっそくバースデーケーキを購入

まあ、私が勝手に買って、勝手にやってるだけですがね・・いちおうローソクの火は消してもらいましたよ~。この年になってつきあってくれてる息子ちゃんに感謝ですね

金曜日のAコーチのメニュー

swim&kickでタイムが安定しない・・・これ以前にも言われたんですよね。

「kazumaruさん、kickが安定してない。タイムが安定しない原因はkickだよ」って・・・。

前回に左足が打ててないということ・・これ以前にMJにも言われた。左打ててないよって・・だから、左は蹴り上げ感をより意識しました。

まだまだだけど、左足・・弱い。水泳はPULLで泳ぐっていうけど、私はkickが得意。無駄かもしれないけど、kickでできることはやりたい!

土曜日・・息子から急に帰るわ!って連絡があり、朝からバタバタ。しばらく食べていないケーキを買わないと!って・・・←息子ちゃんの名誉のためにいいますが、彼はケーキは食べません

この日は、以前から計画していたヨガに挑戦しました。泳法レッスン前の1時間・・・正直、2時間泳ぐより疲れる。ヨガって苦手なんです。

1つの動きをするのに、すごーーーーくたくさんのこといいますよね?起き上がるだけでも、背骨を1本1本意識して、呼吸を深く、股関節をなんとかとか・・正直・・・うるさいでも、インストの方はとても評判のいい方で、いいことを言ってるようですが・・私にはまだ届かない。ヨガは自分を見つめなおすことができる。何ができて、何ができない、こうしたら何ができるようになる・・それがわかるって・・

確かに・・・それは今の私がもっとも必要としてることかもしれませんね~。でも、まだわからん

そして、いつものMJメニュー

私にはタイムリーなメニューでした。今はとにかくpullの練習をしたい。最近のMJメニューは私がやりたいことが多い・・・うれしい偶然ですね~。

最後の25mは飛び込みもやらせてもらいました。本当はバッタでタイミングをつかみたかったんだけどね、1回目飛び込んだ時に、感覚が違ってたの・・だから、とりあえず、クロールで。調子が悪い時にたった4回でタイミングをつかむのは難しいしね。

バッタの泳法レッスンでの気づいたこと。

入水して手を広げるのが私はできません。どうしても止まってしまう。だから、なるべく入水時の両手の間隔を小さくして入水するようにしてました。が・・・それでも、手が止まる。MJが、もっと広くとって・・って言われてやってみた。

今までは広くとると、手が広がってしまうような気がしたんだけど、土曜日はそーでもなかった。いや、むしろ楽だった??そして、呼吸時に前に進む感じがした・・・??気のせいかな??今日、イトマンでやってみよう。

今週の日曜日は大会・・・大会で何ができるか??MJの言うとおりに何か1つできればいいんだろうが・・・もう大会に出始めて2年。せめて4つくらいできるようになりたい。←意味はないが2の倍数だし

目標は

1 飛び込み→すぐにkickうたないで2秒くらい伸びる

2 ターン→落ち着いて・・あわてないで、むしろ減速してもいいから

3 最後の25mはkick左足を意識

4 バッタの浮き上がり、タイミングを合わせる→kick時水が軽くなったらすぐに浮き上がり準備

昨日から札幌はすごい雪。私・・生まれて初めて雪かきなるものをしましたが・・・なかなか大変だ。息子ちゃんが車で帰ってきてるのでせめて、その周りだけでもと思ったが何をどーしたらいいのかもわからなく・・結局除雪車のおじさんが全部やってくれた

ありがとうございます。

24歳、おめでとーーーーーー

今日はみんながいい日でありますように~

 

 

 

 

 

     

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 負け惜しみじゃないけどね | トップ | イベントだって(*^_^*) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。