とにかくなるべく速く泳ぎたい50代!!

マスターズ大会に自信をもってでよう!って気になるまでの自分の成長記録

kickのレッスン

2017-05-16 | 日記

2日目・・こちらはすごい雨。1人だし(あんまり関係ないか)、朝食がっつり食べよう!と思い

38階和定食。ゆったりできるかな・・と思ったけど、小さな子供連れがいてギャーギャーないてる。

ここ・・・子供には退屈じゃない??

気を取り直して、いざ、横浜国際プールへ・・・・この日は雨・・階段があると聞いていたが・・・

えーーーーー。私、昨日からもう半年分くらい歩いてる気がする。

途中まび先生から電話があって、予定していたサブプール、UPで使えないみたいなので、upしてるふりをしてレッスンしましょうって・・・・ドキドキ・・・・。

そう、大会をやっていたんですよ。それも、フィンの大会

私、初めて見たんだけど・・・これ、札幌では全然普及してないよね~。レッスンの時間までみていたんだけど、すごくやってみたくなった。だって、50mを30秒以下でおよいじゃう、100mだって50秒・・・フィンをつけて、シュノーケルつけて泳ぐ・・・私、全部持ってる~習いたい・・・札幌であるかな・・・・。

そしていよいよレッスン開始~

「まず、4泳法泳いでみて。upで」

なんとそのプールはダイビングプール・・・・足のつかないプールは苦手・・・

「あの、足のつかないプール・・怖いんですが」

「大丈夫、気のせいです。頭が怖いって勝手に思ってるだけだから」

気を静めて・・・泳ぐ!!

「ほら、できるじゃん。もう怖くないね。」と・・・・・・まあ・・・・・

そして、開口一番、「kick、苦手でしょ?」って…ここでも言われた~。昨日と同じ。まったく違う先生なのに・・・

「いやいや苦手じゃないです。苦手なのはpullです」

それからレッスンです。2時間たっぷりのプライベートレッスン。

腿からうつkick→お腹でうつkick  それを体感。もちろんまだできませんよ。でも、確かに全然違う・・そして、一番驚いたのは、そのあと泳ぐとkickがなぜか自然に打てる・・・そう、私スイムだとkickしなくなるらしい。昨日も言われた。

「kickはkick、pullはpullとなるとできるけど、つながらない。泳ぎがバラバラなんですよ。kickの練習してても、泳ぎにつながるkickの練習をしないと、実際に使えないですよ」

それから、なんと・・・いまさらですが、ドルフィンキックはバッタのキックではないということも・・・。これ、昨日も後半で言われた。私はドルフィンキックを教えてくださいって言ったんです。当然、バッタのキックのつもりでしたが・・・・ドルフィンキックとは・・・飛び込んで上がるときに水中でうつやつ・・・ターンで壁をけった時にうつやつ・・・・バッタのkickではないんだって・・・

kickの練習なのに、肩がパンパン・・・・なんで?

「当然ですよ。スイムのためのkick。kickするときも、肩甲骨をのばして、ストリームラインをとる。全身を使いますよ。足はここから、手はここからついてると思ってください」

「えっじゃ体幹といわれる部分は?私、体幹がないってずっと言われてて・・」

「体幹ないのに、なんで立ってるの?体幹ないのになんであるけるの?」←昨日と同じ…デジャブー

私のイメージが一気に崩れました。

「今回はkazumaruさんの悪しき思い込み?をすべて覆していきましょうね」

最後に、「kazumaruさん、クロールよりバッタや平泳ぎのほうが得意だと思うけど」と・・・ここでも言われた~

すごく疲れました。でも、kick・・私、確かに間違ってた。

そのあと親戚とあったり、お墓参りしたり、祖父母の実家にもいってきました。

東京医大前の祖父母の家の屋上から・・。スカイツリーだ~

3日目は1階の朝食

1人で結構な量。

帰りの飛行機は結構揺れたが・・・無事もどってきました~。

kick・・・このやり方で練習していこう。でも、確かにスピードは最初上げられない。そして、バッタ・・・とても楽になった気がした。

とにかく、今はなんても試してみるしかないね。

さて、いかすも殺すも私次第~

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« すごい充実感でした!! | トップ | まだわからん!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。