ホビーショップK

ちょっと古いプラモデルをいじりたおそう

スナッピングタートルその6

2017-03-14 21:44:25 | スナッピングタートル
前回の続きから

地味に進んでいます。



削り落した肩のドーム状のモールドを市販のパーツを貼り付け再現、

頭部バイザー部のリベットを貼り付け、

胸の銃は金属パーツにすることにしました。(もう少しいい案がないか考え中)



主だった改修は終了、後は隙間埋め、など表面処理が中心となっていきます。

今までのパターンからするとこのあたりから飽きてきてしまって先に進めなくなる病気が発症してしまいます。

 気分転換にほかのに手を出す、また飽きるのパターンが繰り返されるのでさっさと下地処理し、アニメに準じた感じにするか、

それとも戦車の余りパーツを使って渋めのAFV調にディテールアップをするか。どうするか考え中です。

 また話は変わるが、ちょっとしたニュースが。

今年発売(再販)されるとのブツの情報が舞い込んできました。

真打ち参上ですわよー。



タミヤからクルセイダーMk3が来月発売されるとの事。

ローズヒップさんの戦車です。



ガルパンでその存在を知り、劇場版に登場する戦車の中で一番のお気に入りなのですが、マイナーな戦車なのか、

アイテムは極端に少ない。(あってもプレ値がついている。以前手に入れたタミヤの48も今現在はどこにもなく、もったいなくて


作るのをためらっています)

 タルカワ模型に問い合わせたところ取り置きしてくれるとのこと。やったー

早速予約しました。先手必勝ですわよー!

早く今作ってるの終わらせて作りたいと思います。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

スナッピングタートルその5

2017-03-08 22:06:47 | スナッピングタートル
先日の月曜日は休日でした。

たまには違うことをしようと、ちょっと隣の県まで遠征。

ガルパンの舞台(聖地)茨城の大洗まで行ってきました。

実は大洗に行くのはこれで4回目です。

相変わらず町中に痛い看板がズラリ。



これは西住殿と秋山殿ですか?



ナルホド珍百景も取材に訪れたとの事。

腹が減ったのであれを食べようとペパロニの店へ

小さい喫茶店なのですがファンでごった返していました。



鉄板ナポリタンです。



味はまあまあといったところですが雰囲気を味わうものですからね。

実は今回の目的は・・



3月6日は黒森峰のエリカさんの誕生日を祝う為です。主要なキャラクターの誕生日を祝うイベントが平日でも開催されるとのことですが、

商店街にはエリカさんの誕生日を祝う看板が散見されたものの、特にこれといったイベントがあるわけでもなく、

街をブラつき大洗を後に・・

途中もう一つのガルパングルメ、ガルカツです。



特にこれといった特長のないただのとんかつですが、これも雰囲気ということで。

帰宅後に何かがあったのかツイッターを見たところ・・

誕生日イベントが開催され、200人近く集まったとのこと。

がっかりです・・・・・

ツイッターを少し馬鹿にしてた自分が情けない。これからはツイッターも重視するようにしよう。今度遊び行くときは現地でツイッター確認

することにします。

前置きがかなり長くなりましたが、ここからが本題です。

あまり時間が取れず大して進まなかったのですが、

全体をペーパー掛けし、表面処理、



真鍮の釘の頭を用いてリベットの貼り付けです。

少しリベットが大きくなったかと思いましたが、とりあえず今回はこれで行きます。

次は溶きパテを用いた鋳造表現を再現。



写真では少しわかりづらいですね。

来週も表面処理、スジ彫りが中心となっていきます。

早く終わって次のに取り掛かりたいと思います。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スナッピングタートルその5

2017-03-02 21:09:48 | スナッピングタートル
だんだんと暖かくなって過ごしやすい季節になってきました。

今回のゲストは今や超有名人となった彼女に来てもらいました。

西住殿です。



忙しくてなかなかこれなかったみたいですね。

西住殿もおっさん相手に大変そうですね。

「今回は私が解説をさせていただきます。それでは行きます。パンツァーフォー!」

まずは腕からです。

『バラバラ作戦です!』



腕の分割はなかなかこれといったアイディアが浮かばなかったのですが、やはりここはシンプルな感じにしようと思います。

手首はウェーブのアップデートパーツを使用、

画像で判りづらいかもしれませんが右手首のみビルダーズパーツの付け根部分を移植、銃を構えやすくしてみました。

次はスワンピークラッグの続きです。『チビチビ作戦です!』



キットパーツそのままでも悪い感じはしなかった。(本来ならばそれが正解なのかも)

でも軸がうまく接続できず、立て付けが悪く感じたので、裏面に接着したプラパイプに軸を固定することにしました。

これで軸の固定はうまくいったと思います。

だいぶ印象が変わるのですが、足の裏に敷くことができなくなってしまいました。

(ま、展示会では動かすことはないからこのままでいきます。)

 次は以前改修した箇所で気になるところがあるのでそこを修正です。





以前胴体をかさ上げしたのですが高くなりすぎた印象を感じたので3mm程低くしました。

だいぶどっしりとした感じになりました。



大まかな改修はほぼ完了しました。

これからは細部の微調整、傷、隙間埋めなど地味な作業中心になってきます。

何か忘れていると思ったら、折角のハッチオープンギミックを生かすのにパイロットをどうするか忘れていました。

西住殿どうしますか?

『イプシロンさんはいったん降りてもらって、次回はパイロット総選挙を行います。』

これはもしかすると今回の作品の裏テーマですか?

今まで一度もやったことのない自分にできるでしょうか?

なんか一番の難関になりそうな予感ですがあきらめずに頑張りましょう。

西住殿ありがとうございました。

次回もよろしくお願いします。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スナッピングタートルその4

2017-02-25 21:09:59 | スナッピングタートル
今月から始まったプレミアムフライデーですが、

流行を先取りしようと午後3時に退社、映画に、ショッピングにと有意義な時間を過ごせました・・

ってあるわけねー!金曜日なんて一番忙しい日で夜9時近くまで残業(クソ寒い中、フォークリフト操作)

しかも土日も仕事・・・

周りでどれだけ恩恵を受ける人間が

いるのでしょうか?

愚痴はそれぐらいでブログ書いてストレス発散しましょう。

 前回の続きです。




腰回りから。胴体を幅詰めしたので腰も左右で幅詰め、ポリキャップを埋め込み、後ハメ化です。

続いてはカメ最大の難所の一つであるスワンピークラッグの小型化です。



キットパーツを参考にし一回り小さくプラ板を切り出し、凹部は0.3mmプラ板をゲージにしてタガネで慎重に切り抜いてみました。

難しいのであきらめようと思いましたがやってみたら何とかなるものですね。

装着イメージです。



結構イメチェンしてきたかな?

スワンピークラッグもそうなんですが、ハッチの隙間埋めに手こずっています

ある程度妥協するしかないか、それとも拘るか。

今年の制作の目標はとにかく丁寧にきれいに作るです。(とか言って結構汚い・・)

今までは接着剤やプラ屑が付着しても最後良ければといった感じでしたが、今年はなるべく清潔感を出したいと思います。

またまた話はガラッと変わりますが去年注文していたアイテムがようやく届きました。

ガルパンの黒森峰仕様のスマホケースです。



滅茶苦茶カッコいいのですが勿体なくてまだ装着できません、いかにきれいに使うか考えねば。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スナッピングタートルその3

2017-02-18 22:15:18 | スナッピングタートル

なんだか進んでるんだかグダグダになってるんだかわからなくなってきました。

心折れそうになってきたところにあの方が応援に来てくれました。

西住まほ隊長です。



「まだ戦いは始まったばかりだ最後まであきらめるな。」

ということで前回の続きからです。今回は西住まほ隊長にクールに解説してもらいます。

胴体の幅詰めに伴い背中の部品も幅詰めを行う。



ノコの使い方にも慣れてきてうまく幅詰めできたようだな。



頭部はバイザーの延長。これは定番の工作だな。

続いて肩関節だ。





肩関節はwボールジョイント化してみた。

まず腕部と肩の接続部にボールジョイントを仕込み、

続いて胴体内側にもボールジョイントを仕込んだボックスを設置、なんとかwジョイント化できた。

これで銃の両手持ちができそうだ。

またコクピット再現が今回のテーマのため、ボンネットとの接続はコトブキヤのジョイントを使ってみた。



胴体と頭部の接続ですがボンネットに穴をあけ、軸による接続を考えましたが

ある程度前後にスライドできないとうまく開閉できないことが判明、ボンネット内側にレールを設置、

少しですが前後スライドが可能になった。(うまく説明できなくてスマン)

西住まほ隊長

「なんだかすごく面倒なことをしているな。」もう少しいいアイディアがあればと思いましたがこれが精一杯でした。

ヘビー級ATということもあり設計に余裕があるために色々仕込めた。タコならばこれだけのギミックを仕込むのは困難だろうな。

最後にスワンピークラッグ部だ



脛側面のパーツはポリキャップ接続としてみた。

接続部の軸はアルミ棒に置き換えてみた。

「なんだかいまいち穴の位置が合わないな。やはりここはスワンピークラッグの自作しかないな。」

やはり自作、もしくは改修は必要なのですね。

それにしてもなんで左右で穴の位置が違ってるのかが理解に苦しむ。キットの設計ミスかと思われる程だが誰かわかる人はいないか?



胴体側面の隙間をポリパテで埋めてみたがまだ隙間が目立つようだな、ここが最大の難所の一つだな。

今回はここまでとする。

西住まほ隊長ありがとうございました。

次はエリカさんも連れてきてください。(プライズ景品でエリカさんを早く出してやって下さい。)

妹さんは今は大忙しみたいなので来てくれるかどうかわかりませんが近いうちに解説に来てくれると嬉しいです。































コメント
この記事をはてなブックマークに追加