ナポリタンDEウィスキー 3

B級な食と酒と自分勝手な趣味の世界を綴る日々。ま、備忘録みたいなもんです。

ラーメンな日々

2016年11月05日 | ラーメンとつけ麺な日々

福島の七日町にある[国古食堂]で

ラーメン+目玉焼き+チューハイ×2です。

ラーメン¥600-+目玉焼き¥300-+チューハイ¥450-×2で、¥1,800-也。

大通りから1本路地に入った所に赤い暖簾に「ラーメン」と書かれた店を発見、







「今夜は此処で飲み食いしよう」と決めて暖簾を潜って引き戸を開けました。



店内に入りますと、4人テーブルが3卓とカウンター2席の小さな店内・・・

カウンター席の上に張られた品書きはこんな感じ、丼物、定食、ラーメン類、

チャーハン、カレー、焼きそば、単品は3種類。シンプルですね。でも、迷います。





結局目玉焼きで飲んで〆に麺類を食べることにして目玉焼きとチューハイを

話し好きのオカアサンにお願いするとパンチの効いた(辛い)切り干し大根と

冷や奴が供されまして、かな〜り度数の高いチューハイが運ばれて来ました。



でもって、目玉焼きの登場です。デフォで胡椒が掛かっていますよ。うひひ。



醤油を垂らし黄身を崩して千切りキャベツと絡めると最高(安上がりな奴)。

サービスのお新香(酒飲みには嬉しいよね)が出された後、ラーメンをば♪





良い。何が良いってスープが熱々なのです。こーゆーのが食べたかったのよ!

味も出汁とガラの効いた「ザ・支那そば」的なもの。末永く続いてほしいな。

ジャンル:
ラーメン
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 特選和牛 サーロィン・ステー... | トップ | 中町フジグランドホテルな日々 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
飯屋王国なのでしょうか? (良寛和尚)
2016-11-06 16:38:03
良寛でございます、お邪魔致します。
福島県は「飯屋王国」なのでしょうか?
どのお店も「国宝クラス」の佇まいで「サー」の称号を授与したくなる様な素晴らしい料理の数々・・・・・・(溜)
福島県民になりたくなってきました。
良寛和尚さん、どーもです。 (kazukuwa2)
2016-11-07 10:47:00
いやホント、此方以外にも魅惑的な佇まいの○○食堂が多いこと・・・
「此処も気になる彼処にも入ってみたい」を連発してました。あはは。

コメントを投稿

ラーメンとつけ麺な日々」カテゴリの最新記事