しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

栴檀は、看学より、華々しく

2017年04月21日 20時17分29秒 | 日記・エッセイ・コラム

絶対に行くつもりの無かった看護学校。

→が、親の説得で行くことに

 

面接では、当時の副院長に喧嘩を売った次第。

→後々の名誉院長。

「尊敬する人は誰か」と聞かれたので、

「尊敬する人はいないが、

 たかが紙一枚で人のなりを判断する人を尊敬することは無い」と。

 

だって、くちこの個人票を見て、

「一人っ子はわがままだからなあ」って言ったから。

事実だけれど、今会っただけの人に言われる所以は無いから

なんだか、面接に飽きたのか、他の受験生を軽くからかって困らせていたのが、

くちこをイラッとさせていたしね。

→頼まれてもいないのに、人の仇を打つタイプです。

 

渋々入学して、廊下を歩いていたら、副院長が向こうから・・・

くちこを見て、ちょっと固まっていました

 

すぐに辞めるつもりで、段ボールの荷物もそのまま出さなかったのに、

事の流れとは恐ろしいもので、卒業しました。

まあ、両親は安堵したと思います。

全寮制とは言え、家から車で一時間だし、

学費、食費、寮費、全て国費で賄われる学校だったのでね。

 

高校時代、握力が8Kgしか無かったくちこは、

食器洗剤が片手で持てず、

→両手で、下に置いたスポンジに向かってピューっと・・・

 

人が閉めた油性マジックのキャップが開かず、

→人が居ないことを確認して歯で開け・・・

 

母が準備してくれた布団が重くて押し入れに入らず、

→下の段の押し入れに、足で突っ込み・・・

 

一日中授業を受けるのは面倒なので、

勝手に寮で寝ていました。

教務主任が訪ねて来たので、

「一日中、人の話を聞くような体にできていない」

と答えました

本来、国に養成される相当厳しい学校だったのですが、

何処にいても、くちこはくちこでした。

 

不本意な理由で外出外泊禁止になった時は、

院内屈指の地位にある医師を抱き込んで

「会わせたい教授が居る」と言わせ、

一緒に外出し、町で奢って貰い

それから勝手に大学祭とか一人で遊びまわって帰ったことも。

敵もサルモノで、最寄りの駅まで、くちこが、その医師と電車に乗るか確認に来ていました。

呆れた話だわ・・・どっちが

 

人生初の赤点を取ったのも、この医師のテストで、

殆どの生徒が赤点でしたが、

それでも、くちこは、自分が赤点なのは許せんと思い、

その医師の部屋に行き、

くちこの人生の汚点になるし、

母が悲しむので、よおく見て、どこか一つ〇にするように説得しました。

で、赤点はなくなりました。

やればできる・・・

 

高慢な、人を見下す医師がいて、

その医師のテストで、くちこが誤答とされた問題、

他の医師から習ったことを突き合わせると正答だったので、

高慢な医師のところに、その間違いを正したところ、当然激怒。

が、他の医師の方が上級医で、その医師の授業をくちこはノートに書いていたし、

上級医の口添えもあり、

くちこ勝利

高慢医師は、憤懣やるかたなしで、教務に怒鳴り込んだらしい。

フン、ザマーミロ、バカヤロー

 

なんとも、規則でがんじがらめの学校で、

草取りとか、窓磨きとか、

先輩のチェックは、小姑一人は鬼千匹に向かう・・・の世界。

それでも、やってはいけない事を一つ一つやっていくのがくちこでした。

門限破りで、あの高い金網を何度よじ登ったことか。

あれはね、ギリギリで遅れたら、未だ見張っているから駄目。

どんと遅れた方が安心。

まあ、ボーイフレンド達はみんな生真面目だったので、

基本は、踏切等々で、運悪く遅れて、

くちこの指導の下、時間を潰すって感じだったけど。

 

結構、地味で真面目な生徒が多い中で、

くちこの存在は・・・

だから?

門限ぎりぎりまで、いつも寮には居なかったな。

それでも、三年も同じ釜の飯を喰い、苦楽を共にしたので、

思い出も濃いし、懐かしいんだなあ。

 

人の生き方、暮らし方、考え方、

全寮制は、上辺だけの綺麗ごとでは済まないので、

たくさん学ばせて貰って、

たくさん語り合った三年間だったのでした。

 

色恋沙汰については、その内、追々と

長くなるし、ね。

 

                     

 

看護学校一年の時に、フラリと高校時代写真部で一緒だったBFが遊びに来て撮ってくれた写真です。

なので、実物以上に。

音信不通だけれど、まさかプロカメラマンにはなっていないよなあ。。。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栴檀は、高校より、さらに香しく | トップ | 栴檀は双葉より芳しい予感 »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (ocnsasbaon)
2017-04-22 00:18:50
まさしく時代の先端を行く破天荒な看護学生だったんですね!
厳しい学校なのに、よくぞ無事に卒業できたものだと思います。
相当な処世術をあわせ持っていればこそですね。
こんばんは (PAPAさん)
2017-04-22 01:15:49
わあ~くちこさん 綺麗に撮れていますね~
実物が良くなければ それ以上に撮れないものですよ(笑)

私も看護学校行きたくて親に頼んだのですが 絶対だめ!と一言で終わりました。
3年間の寮生活 楽しかったんでしょうね。
やりたいことはやって 学ぶことは学んだ時代だったんですね~
読みながら 看護学生時代のくちこさんが見えてくるようで大笑いしましたが 密度の濃い学生時代だったんですね~
私は 地味な学生時代でしたから羨ましい限りです(笑)
また 全く分からない人って言われるかな?(笑)
生き方が痛快です。 (masamikeitas)
2017-04-22 05:45:03
くちこさん、おはようございます。

くちこさんは並外れた女性ですね。
生き方が痛快です。
このような女性をいっかいの主婦にしておいては、日本の損失だと思うのですが。(笑)
まずは自叙伝でも書かれたら、いかがですか。
おはようございます (コスモス)
2017-04-22 10:05:04
すごいな~
私には 考えられないことばかり~
唯一  くちこさんに勝てるのは 握力 
高校時代の握力 男子に負けないくらいありました(笑)

写真 いいわ~

ocnsasabonさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 10:22:06
後で振り返ると、そんな感じです。
周りがどう見ていたかは、想像もできません。
まあ、普通のおばさんになれました。
PAPAさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 10:27:36
こんな事って、真っ只中の当人は解らないものですね。
振り返ると、我ながら驚いたり。
貴女が地味ねえ。
では、
口数は、いかがでしたか?
読んでいて楽しいです~!。(*^_^*) (koutoku)
2017-04-22 10:50:56
これ!ブログだけにしとくのは勿体ないです。
自費出版しましょう、題名「くち子の戦い!」。
この中学、高校、看護学校の(3篇)だけでも、1冊出来ますね!(*^_^*)
美しい~ (みらい)
2017-04-22 10:58:36
なんかすごい事になってますね~
楽しそう~^^
今更ながらワタシも会社で真似しちゃおうかな~ww
こんにちは~ (ちやこ)
2017-04-22 11:24:02
全てにおいても  行動力と エネルギツシュ な
くちこさま  素適 です、今も。。。。

私は これまで 生きて来たのに ?
何の 残る 足跡が無い。。。。。
寂しい 人生ですー
灯も   消えかかって居ります。病 多い身なので―
もう、 消えゆく  灯かな。。。。
くちこさま 之からも   持ち前の エネㇽギツシュで
楽しく お過ごし  下さいね(*'▽')

こんにちは (撫子)
2017-04-22 13:31:40
楽しく読ませていただきました(#^.^#)
美人さんですねえ!

美人さんに、意見されたら
あまりの迫力に
太刀打ち出来ないかも(^^)

masamikeitasさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:20:49
いえいえ無事、普通のオバサンになれて良かったと思っていますよ。
なんだかね、
生き急いで、今がある感じがしています。
シフトダウンして、浮世を楽しむ所存です。
コスモスさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:22:32
この写真を撮影した人の腕前ですよ。
握力ね、中学の時は11Kgあったのですが。
で、三人の母になったら、30Kgまで増えましたよ。
今はまた減りましたが。
koutoku さん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:23:39
そうですか?
もうねえ・・・
エネルギー、気力が枯渇してしまったのでね。
誰か、本にしてくれないかしらん?
みらいさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:24:41
そうそう、
自分の考えって、持っていて当たり前だし、それを意見として発言しても良いと、くちこは思うんだなあ・・・
ちやこさん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:25:51
取り敢えず・・・
お子様とお孫さんがいらっしゃるような?
そして、いろんな作品も。
そして、このブログも残していますよ。
撫子さん、 (くちかずこ)
2017-04-22 15:26:59
美人だったとして・・・
それは、全て消滅しました。
残念ながら。
そして、威圧感だけが堂々と残っています。
Unknown (もちこ)
2017-04-22 15:39:34
こんにちはー。
素敵な写真!
写真部だけあって切り取り方もお上手だし
ごく自然な表情はBFならではかしら。
きっと今でも素敵な写真を撮ってるでしょうね~
 (ココア)
2017-04-22 17:41:36
さすが美人!
素敵なお写真ですね。
くちこさんは、ロングヘアーのほうが似合いそう。
こんなに美人ならモテまくりだったでしょう。

手に職、いいですね。
私はないからな…
自立ができないわん。
笑っちゃいけないけど・・・ (メーメー)
2017-04-22 21:39:46
みなさん、それぞれが自分の人生ですもの
自分が主人公ですもんね。
それにしても、自叙伝面白いなぁ。。。
他人様の人生 横から見てるんですもの
責任ないから、もっと面白い。
そばで見てたら? 責任だ生じたら? ハラハラドキドキものでしょう。
Unknown (みんと)
2017-04-23 13:13:11
はじめまして。
このようなお話は、今となっては生意気な時代があった、と懐かしい話題で済ませられますが、決して美談になさらないでください。
人の生死に関わる仕事に就く意思で入学している学校です。
サボったその時間に、どれだけ大切な話があるかもしれません。
患者さんに向き合って切羽詰まった時に、それを習った時はサボってました、なんて言えませんよね。
呼びに来た教師に向かい「一日中人の話を聞く体ではない」と仰ったそうですが、わたしなら、ひっぱたたいていますね。

医学生を前に「今まで君たちは大学に合格するように自分のために勉強してきたと思うが、これからは人(患者さん)のために勉強して欲しい」また別の教授は「君たちが卒業するまで数千万の税金が一人の学生に使われていることに感謝して勉学に励むように」との話に学生は身を引き締めたそうです。

くちこさん、大過なくお勤めを終えられて良かったですね。本当に良かったと思います。くちこさんの判断で生まれたばかりの赤ちゃんを運んだお話にはハラハラドキドキしました。結果を見れば、その判断で良かったと思えますが、もし赤ちゃんに何かあれば、評価は正反対のものになってしまったと思います。

今となっては美談にもなるお話ですが、若い人には聞かせたくないと思います。

失礼いたしました。
もちこさん、 (くちかずこ)
2017-04-23 14:04:30
どうなったのでしょうねえ。
彼も一人っ子でした。
転勤族の家庭だったようで、消息不明なんです。
写真だけが残った感じかな。
ココアさん、 (くちかずこ)
2017-04-23 14:06:18
確かに、看護師という資格には助けられました。
おかげで、多少?変人でも、どうにか社会を渡ってくることが出来ました。
でも、全てが、既に過去ですよ。
メーメーさん、 (くちかずこ)
2017-04-23 14:07:28
そうですねえ。
当時は、何の自覚も無く、ただ自分の思うようにしていたのかも。
振り返ってやっと解るものってありますね。
58歳にして・・・
ミントさん、 (くちかずこ)
2017-04-23 14:29:20
美談にした覚えはありません。
美談ではありませんから。
貴方の「御説」こそ、美談でしょうね。

ご指摘は正統、正道だと思いますので、敢えて何も申し開きは致しません。
勿論、私なりの言い分や枝葉の部分はありますが、
此処で論議するにはあまりにも場違いですし、
貴方と、リアルに対面して対談できれば、きちんと伝えたいことも多々ありますが、
そのような場面も無いでしょうし、
ご指摘をお受け致しましたとだけ、お伝えしたいと思います。
おはようございます。 (ねこママ)
2017-04-24 09:45:19
第3弾、看護学校偏に入りましたね。
私も、中学卒業時に看護科に入りたかったんですが
父親が頑として許しませんでした。
結構、熱とか出しやすい病弱?な子でしたので
激務に耐えられないだろうからと・・・・

でも、何となく看護師さんになってればかなり頑張っていたのでは?って思っています。

3年毎にかなりの話題・・・
後の、4弾・4弾・・・無責任にワクワクしますね。
他の方もおっさってましたが、身近の人でない分
本当に楽しく拝見できますよ~

写真、キレイに撮れていますね~
この美貌で、かなりハキハキしていれば、この時代では大方の人が、高慢ちきな女性とらえたでしょう。
それを通したくちこさんに、私にはない意志の強さを感じます。
「あっぱれ!」です。
ねこママさん、 (くちかずこ)
2017-04-24 11:15:51
両親は、一人っ子のくちこについて、自分達が世を去った後を案じて、一人でも生きていける算段をしたかったようです。
でまあ、冷静に考えると相当、高慢だったと思います。
無自覚に・・・
理不尽なことに立ち向かいたい思いばかりが先だっていた感じかな?
さて、4段?
どうしましょうかねえ( *´艸`)
初夏のお天気になりましたよ~🎵 (鉄ちゃん爺や)
2017-04-24 19:08:15
女優さんと間違いそうな写真ですね。

私が関東に単身赴任中のお話ですが
毎晩は契約していたお寿司屋さんで夕食と飲酒。

ここで常連さんの社長さんと会長さん
といっても私より少しお若い年代だったはず。

不謹慎ですがナースのお仕事というテレビ番組が
お好きだったようで、毎週ですがその日は
テレビはナースのお仕事オンリーでした。

神田うのさんの演技には大笑いしたもんですけど。

たわいのないドラマでしたがなんとなく懐かしく感じ
今でも思いだすことがありますね。

自販機のリフォームをする会社だったはず。

夏に上京したら久しぶりにお会いしたいと考えてます。

痛快、痛快! (ちゃぐまま)
2017-04-25 00:09:54
遡って読んでいたら寝れなくなってしまいました。
現在の存在感のあるくちこさんを知っているので、過去にさかのぼっても楽しく安心して読めました。
痛快、痛快!
私には到底出来なかった生き方だけに、こんなに正直に、媚びずに、合理的な生き方を実際にやった人がいるのだと知って、ついわが身を顧みて形見が狭い思いです。実に痛快な気分で読みました。
指導する側も組織とか規則に縛られていて、人間としての心の底では、くちこさんのやり方に拍手を送っていたのかも。だからこそ、周りも放っておかなかったんですね。存在感が濃厚だったんですね。
くちこさんのまさに勝利です!
豪傑・・・!!! (山口ももり)
2017-04-25 08:56:49
やりますなあ!!!凄い生徒ですねえ。先生とも激しく・・・凄いです。私は対人恐怖症???一人でいることが好きでしたから、あまり先生とはやりあっていませんね。いまでも、自分で驚くほど相棒にはガマン強いです。体は麻痺してても口の方はしっかりしてますからね。かと言って、世話を喜んでるというより、さっさとすることはして自分の時間を確保したいというタイプ。冷たいんでしょうかね。案外、相棒もその方が好きみたいに見えてますけど。本音では、べったり世話して横についていてほしいのでしょうかね。サメ氏はどうですか???
黒田さん、 (くちかずこ)
2017-04-25 10:11:33
夏に上京されるのですね。
お寿司屋さんと契約とは。
で、
そんな番組ありましたね。
おぼろげに覚えています。
お仕事にご活躍だった頃ですね。
でも、お寿司は、高血圧や糖尿にはちょっと・・・でしたね。
ちゃぐままさん、 (くちかずこ)
2017-04-25 10:16:05
単に、我が儘で、根性無しだった話とも言えますよ。
そして、束縛を嫌って、反抗心が強くて・・・
どうしてそうだったのか?
神のみぞ知るところですね。
そんなくちこを許せる人だけが、くちこの周りに残っていたのだと思います。
そして、案外と、いろんな人が苦笑しつつも付き合ってくれる懐を持ってくれていたのかな、と。
くちこなりに、満身創痍の人生でしたよ、それでも、ね。
それも、自己責任ですけれどね。
ももりさん、 (くちかずこ)
2017-04-25 10:19:07
基本、くちこも一人が好きですよ。
内向的で無口で内気だったのは小3まででしたが、
一人が好きなのは、今でも同じです。
自分だけの世界が楽だからでしょうかね。
サメ氏に介護が必要になったら、
介護はもちろんしますけれど、それでも、お互いの時間を大事にすると思いますよ。
別々の人間なのですから。
で、サメ氏も、くちこの性格を知っていますから、我慢して側にいることを良しとはしないと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL