しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

くちこの逆鱗に触れたサメ氏

2017年06月16日 09時06分54秒 | 日記・エッセイ・コラム

秋田旅行辺りから、ずっと考えていること・・・

サメ氏をきちんと自立させるべく厳しく教育してきた筈が、

その方針、方向がぶれてきているのではないか、と。

本来、くちこは、人に面倒を見て欲しいタイプで、

人の面倒は見ない、自己中な女であった筈。

が、

気付くと、

最近、サメ氏に用事をあまり任せなくなっている。

理由は、

任せても、できないから。

理解できていなかったり、

覚えていなかったり、

自分でやったほうが、ストレスフリー。

勿論、そのように生きている人が圧倒的多数の主婦であることは百も承知。

承知の上で、くちこは、辛抱強くサメ氏に「芸」を覚えさせる作業をしてきました。

今の苦労は、先の百倍の楽に繋がると信じて。

でも、

違う。

経年劣化が計算に入っていなかったわ。

教育的効果よりも、老化による低下が勝る、こともあるんだわ、な。

 

まあ、

人にはそれぞれ、その人のベースがある。

サメ氏の場合、そのベースがさ、あり得ないレベルで。

 

再婚して十年近く・・・

ずっと、彼は洗濯物を干していますが、ハンガーに服がきちんと干せない。

肩がずれているんです。

根気強く、注意、指摘、やり直させ、指さし確認までさせました。

が、今も、できません。。。

くちこが直すか、服を踊らせるか二択です。

 

ずっと、彼は食器洗いをしていますが、テーブルを先に片付けない。

テーブルを片付け、洗い物を流しに集結させるのが先だと、

百回は言ったと思います。

鍋に残った少量のおかず、

大皿に残った少量のおかずは、小さな器に移して、

鍋や大皿は洗う。

これは、もっと出来ません。

ああ、三つ子の魂。

ちなみに、帰省した息子達を黙ってみていると、

これらのことを黙々とやっています。

ああ、くちこは、ちゃんと育てていたわ、と内心自画自賛

 

仕事をしていた頃は忙しかったし、

オペ後は、体がしんどかったし、

まあまあ・・・と、鞭撻しつつやってきましたが、

だんだん・・・・ね。

 

そんな鬱憤がくちこに溜まっているのに、

連日持ち帰る凄い量の収穫物

全ては、バケツに何杯かという単位です。

くちこは、本来溜まっている雑用に、

しょーもない、不毛な雑用が山盛りに加わり、

体調も悪化し、

ついには微熱まで

 

そこに、にこにこと帰宅したサメ氏、

大声で、「愛を込めて!」と

バケツにたっぷりの花。(あ、手前のカラーみたいなのは、横浜で買ったろうそくです)

 

 

「庭に咲いてただけでしょ」by くちこ

此処までなら、いつもの話です。

 

が、

翌日、

 

         

 

ぶち切れました

これって、ヒメジョオン、待宵草、よく知らん草。

勿論、根っこごと、引き抜くか、根元でごっそり刈り取っているので、

枯れ果てた藁みたいな草とか蔓とかも沢山混入。

「草じゃんっ!!!」 by くちこ

「昭和天皇がね・・・」 by サメ

もうね、どんなに腹が立ったか、面倒だったか、

此処に説明する気力もありません。。。

半分位は捨てましたが、

 

 

刈り取ったムー大根の株もコンテナ二杯分は捨てさせました。

それでもね、普通の家の浴槽一杯分位の鞘は干しての事ですよ。

 

国が年金をどんどん減額するのが悪いのか?

これもサメ氏のベースなのか?

貧乏性も日々悪化しているので、こんな草まで・・・

ホント、ストレスだわ

 

それに引き替え、くちこんちの紫陽花は、センス良く

↓面白いアレンジでしょ?

ほっこり笑えるような。

角館で購入したガラス工芸の手作りふくろうピッチャーに、おたふく紫陽花の帽子を。

 

 

初夏のシャドーボックスも。

 

         

 

昨日のお教室では、生徒さんが、クリスマスの作品を仕上げました。

 

 

そうそ、DELLのパソコン、返ってきました。

自力でセットアップしないといけないのですが、途中で投げ出しています。

ネットと、メールだけは繋ぎました。(深夜まで掛かって)

 

           

 

こんな梅仕事も。

梅ジュースは、梅1Kgに、砂糖700gで、炊飯器保温で12時間です。

 

        

 

発酵黒にんにくは、炊飯器保温で二週間です。

できたら冷凍して、毎朝、凍ったまま食べています(カチカチにはならないので)

 

             

 

 

梅酵素も、シャドーの生徒さんに準備して貰って作り始めました。

梅、林檎、麹、砂糖が入っていて、朝晩かき混ぜます。

 

 

にんにくオイルも漬け込みました。

これが冷蔵庫にあると便利です。

 

 

それと、こんな詐欺葉書が来ました。

皆さんも気をつけてくださいね。

 

 

じゃ、あまりに文句たらたら書いたので、清涼剤に、マンションのプールデビューした王子でも。

 

          

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百姓の嫁に戻りました(現実) | トップ | 父の日だわ。。。 »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サメ氏様、頑張って! (お福)
2017-06-16 12:34:19
ウーン、ちょっと深刻?
でもねぇ、思うんです。
仕事一点張りだった、いわゆる企業戦士?定年退職したあとの殿方って、こんな方多いんじゃないかな。
それを我慢できる人と出来ない人と。
出来ない人が離婚、ということになるのかな。
サメ氏様はこういう人なんだと受け入れることかな。
そうねぇ昭和天皇が雑草という草はないなんていってたわねぇ。

紫陽花のアレンジでホっとしました。
いいですねぇ。
シャドーボックスでさらにホッと。
梅の仕事、発酵黒ニンニクにいたっては、くちこさん、凄いなぁ。
こんなこと手まめにされる方、そうそう多くはいないです。

孫王子様、お健やかにお育ちですね。
気持ちが優しくなります。
お福さん、 (くちかずこ)
2017-06-16 12:45:49
二度も離婚できないしね。
勿論、経済的にも、体力的にも頼っている所も多いのが事実。
此処に、文句タラタラ書いて、鬱憤を晴らしつつ、しぶとく生きていく所存ですよ。
サメ氏はね、育った環境がそうだったみたいです。
台所の流しには、いつも汚れた食器が山積み、食卓も、茶碗一つ置く場所に困る程、あれこれ置きっ放し、汚れた食器置くところが無くなったら、外の流し、
そこもダメなら、浴室の洗い場まで鍋茶碗があったことも。
ある意味、恵まれなかったということかな。。。
男には (mcnj)
2017-06-16 12:54:58
こんにちは。

細かいことを気にするタイプと、ごく、大雑把なタイプがあります。
性格によるものなのですが、どちらかというと、mcnj的には、後者の方が合いますね。
前者の方は、なんか、みみっちい人間が多くて、友達付き合いも、少ないような気がします。
本人が、いい加減な方なのかもしれませんが。

大めに見てあげてください。
こんにちは (くみ)
2017-06-16 13:31:55
よ〜くわかります
諦めなさいな〜
60過ぎた男はもう変われません
期待度、グンと下げましょう
自分が育てた子はちゃんと育ってるんだから良いやん
とか言いながら、私もよくキレてますけど(笑)
Unknown (rinkuunoki)
2017-06-16 13:49:18
いまだにこんな詐欺があるんですね。
相当前にこんなハガキを受け取りました。
ソッコー破りしてましたが。


ねっ。師匠!
うちは、とっくに諦めましたよ…。
出来んものは、出来ん。(うちのコトですがww)

最近は食べ終わった食器は集める事が出来るようになりました。以上報告です❣️
Unknown (げんかあちゃん)
2017-06-16 15:09:53
こんにちは~

100回以上言ってる。。。根気ありすぎ~
思いのままにならなければここで吐き出して
スッキリしましょう
私は3回以上言ってもこちらが思うようにならなければ2度と言いません
どうしても必要になったら自分からするでしょう

シャドーボックスのクリスマス
早いけどこれから半年眺められて良いなぁ~


おほほ・・・ (ねこママ)
2017-06-16 16:22:29
いずこも同じですね~
年齢的なものもあるでしょうが、性格でしょうね。
サメ氏、何回言われてもキレないだけ大人ですよ。

我が家では、このキレ時を見計らいながらの指導?・・・
これも結構ストレスになります。
考え様によっては、こっちが正しいって答えはないような・・・
相手にしてみれば、細かい事をごちゃごちゃと・・・
洗濯ものなんて乾けばいい!と、思っているかも?

折り合いの付け所の問題かも?
若かりし頃、義母の干し方が嫌でしたが、文句などとても言えず
「私がやりますから~」って
こんなことがどんどん増えて、ぜ~んぶ私の仕事になりました。
勤めながらでも、寝る時間を割いてでもこなしてきましたが
若さ故に出来た事・・・
頑張りが利かなくなった今、片目どころか両目つぶっても
出来ることはやってもらっています。
よく似た感じかな (コスモス)
2017-06-16 18:06:55
もうあきらめてるという感じです
言っても 無理 無駄
言うと 機嫌が悪くなったり けんかのようになります

梅ジュース 発酵黒にんにく・・・にんにくオイルなどなど
まめにいろいろされてて
感心します すごいなぁ~
今回も、テンポよく読ませて頂いてます (メーメー)
2017-06-16 19:58:25
破れ鍋に綴じ蓋 ですよね。。。笑 あら、ごめん
私の姑は 何もかも完璧にできる人でした。そして 苦労したぶん 息子には苦労をさせない!って言うのが心情でした。
私は、その姑に支えながら 「ちょっと考えが違うなぁ・・・」っていつも反発してたんですが。。。
案の定 その完璧になんでもできる姑に育てられた息子 つまり私の夫は 何もかも人に頼る 苦労を知らない大人に育てられてしまいました・・・とさ。
そしてその夫の息子は 反面教師になったのか。。。 私は親の苦労も子供達に見せました。貧乏なこともあけっぴろげに子供にも 感じてもらい 苦労もひもじい思いもしてもらいました。
で、夫は・・・ちょっと違うかもしれませんが サメ氏と同じような・・・何度言っても聞いてくれない人になってしまいましたが 子供達は 何も言わなくても何もかも感じてくれる子に育ちました。
今では 夫に腹の立つこといっぱいですが 私ももう慣れっ子で 子供達がこうならなかったって言うのに 自分で自分を褒めています。誰も褒めてくれませんから。。。
60を越した人間に 何を言っても、もう無駄で・・・ワハハ。。。どうにでもせぇ 開き直りぃ。。。
mcnjさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:35:31
はい、叱りつつも、結局は・・・ですよ。
確かに、神経質なのも面倒ですよね。
そう思うことにします。
くみさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:36:25
そうそ、
諦めたつもりでもさ、
腹立つこともあるし、
キレることもあるよね。
私達、凡夫だもん(*^_^*)
rinkuunokiさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:37:52
食べ終わった食器を集めるって、流しまで下げるってこと?
まさか、テーブルの上で重ねるって事じゃないよね?
まあね、できんもんはできんわな。
自分だって、出来ないことは出来ないから。
げんかあちゃん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:39:39
なんとまあ、諦めの良いこと。
くちこはねえ、自分が楽したいから、相当粘っています。
まあ、やる気だけはあるのでね。
あ、肉体労働に関しては、です。

新しい生徒さんの作品ですが、素敵なのができたでしょ(*^_^*)
ねこママさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:44:11
いつもながら、
先人、先達のようなお言葉、胸に沁みます。。。
サメ氏はキレないですが、辛いと鼻歌を歌い始めるから解りますよ。
で、今も、茶碗、洗っています。
途中で、くちこが点検し、テーブルの上を確認し、片付けますよ。
ああ、夫唱婦随・・・
コスモスさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:46:29
まあ、諦めも肝要ですよね。
お互いの足らざるを許しあう心も・・・
と言いつつ、責めないと気が済まないくちこですが。

料理ね、母が好きな方だったから、影響もあるかな?
メーメーさん、 (くちかずこ)
2017-06-16 20:51:24
これは、くちこ流で言うところの、
正・反・合・ですね。
くちこは、貴女のご主人と同じ立場だわ。
両親は苦労人で、その苦労をくちこに味合わせないことが方針でした。
甘やかされたくちこは、わがままで、人にあれこれやって貰うタイプに。
子供は、厭でもしっかりするしか無かったと思います。
サメ氏とは、年齢的差(10歳)よりも、育った環境の差がネックのように思います。
それでも、助け合う心は持っているので、それなりに。
二度も離婚したくないですしね。
私も100回教えられても無理でしょうね。 (masamikeitas)
2017-06-17 05:02:15
くちこさん、おはようございます。

>教育的効果よりも、老化による低下が勝る、こともあるんだわ、な。

そうでしょうね。(笑)
私も100回教えられても無理でしょうね。
自分流でやってしまいますので。
お子様たちのように素直にやらないので、くちこさんのストレスが増すだけのように思いますが。(笑)

>角館で購入したガラス工芸の手作りふくろうピッチャーに、おたふく紫陽花の帽子を。

角館って、ガラス工芸品もあったんですね。
桜の木で作った工芸品ばかりが印象に残っていましたので。

>ネットと、メールだけは繋ぎました。(深夜まで掛かって)

さすがくちこさん、私はハナからやる気がないです。(苦笑)

雑草という名の草はない (春庭)
2017-06-17 13:29:49
という昭和天皇の言葉を生かしているサメ氏、植物愛にあふれているのですね。人は育ったようにしか生きられない、三つ子の魂百までのようですから、お茶碗洗いや洗濯物干しの不手際には目をつぶって、畑仕事の延長教育のほうを充実させてはいかがかと。
私の父、畑の収穫物を土がついたままどさっと台所においておきました。同居の妹は無視して、野菜のほとんどを枯らせしなびさせてしまい、父に言うことに「すぐに食べられる状態にしてから台所において。料理してからが一番イイ」と。父は野菜を洗ったり茹でたりしてから妹に差し出すようになりましたが、菜っ葉も大根も大量のため、妹はそれもダメにしていたもよう。
サメ氏、持ち帰った草花は、自分で花入れにいれるようきれいにととのえる。収穫物はすぐに食べられるようにする、というお仕事は無理でしょうか。
 (ココア)
2017-06-17 17:14:55
やはり妻が出来過ぎるから、夫が育たないのかも!?
くちこさん、なんでもそつなく上手にこなしているでしょう。
サメ氏が頑張る必要がないもの。
我が家は母が元気なので主婦が二人いるようで
母は、あれこれ家事も手伝ってくれて、ありがたいのですが
男どもが育ちません。
困ったものです。
そうそう (ぐり)
2017-06-17 18:44:10
昭和天皇様のおっしゃった言葉砂金どこかで目にしました
そうなんですね
サメ氏はお優しい方なんですね
でもなんだかんだ言ってもくちこさんも優しい
サメ氏のとって見えた花をちゃんと飾ってあげるんだから
それにいろいろやって見えますね
うめじゅーすはわかるけど黒ニンニクすご~い
黒ニンニクはおいしいですよね
私も食べたことがあります
でも自分で作る気にはならないわ~
そうそうココアさんのおっしゃるとおり
くちこさんができすぎなんですよ
masamikeitasさん、 (くちかずこ)
2017-06-17 20:38:51
諦めつつも、憤懣が・・・・
まあ、くちこの性格にも問題ありですよね。
生きる事は、諦める事、かも、と。

パソコン、出来れば関わる事無く逝きたかったのですが、何故か、年々、背中の荷物としてのしかかってきました。
春庭さん、 (くちかずこ)
2017-06-17 20:42:47
義母もこと、思い出しました。
畑から、次々に収穫して、台所の流しの足元に置くんです。
収穫は忘れない。
でも、作らない。
作っても、結局食べない。
だから、殆ど無駄になっていました。
サメ氏は、義母ほどでは無いですが、まあ、外仕事だけが熱心なんですよねえ。
料理はしますけれどね。。。

花は・・・
センスが皆無なので、任せると、花が可哀想かも。
ココアさん、 (くちかずこ)
2017-06-17 20:45:21
くちこが、こなす、と言うよりも、
サメ氏が、度を超して不器用なだけですよ。
まあ、微速前進で、少しは育って欲しいと願っているのですが、低下する予感が・・・
サメ家ね、もう管理が全くできていなくて、目も当てられません。
付き合いきれない。
今日も、行って来たのですが。
ぐりさん、 (くちかずこ)
2017-06-17 20:48:04
発酵黒にんにくは、軽く干して炊飯器の保温に二週間入れておくだけですから、簡単至極。
ただ、炊飯器が別に必要なのと、臭いが出るので、外に置く場所があり、一戸建てが望ましいかな?
簡単な事しかしませんよ。
やっつけ仕事ばっかりのくちこですから。
サメ氏は無駄に丁寧で報われないって感じです。
ま、肉体労働担当です。
こんばんは~ (ちやこ)
2017-06-17 21:07:38
くちこさま

 くちこさまは 
 何でも、 お出来になるので  余計 イラつくのかもです~  自分んが お出来になるので 皆 出来ると
思うのですが、 個人的に 人 それぞれに
個性が あるので、 多分 御主人さま  にわ
無理なように 思われますが~
自分で やるしか 無いのかな~
今月も 宜しくおねがい 致しますー。







  
  
  
今晩は (oyajisann)
2017-06-17 21:59:48
ご主人には大変失礼なると思いますが・・・。
職場のの困ったちゃん2号もう50近くで変りようない
引き取り手ないので飼っとくしかない。
ご主人ももう60過ぎ性格や仕草・行動変る事ないと
思います。
比較対象悪すぎですいません。
独身の私が言うのもなんですが・・・。
ご主人、いっぱい良い所おあり。
良い所伸ばす事に重点おかれては。ぺこり
夫婦 (おばさん)
2017-06-17 23:38:49
色々な夫婦の型ってあるものね

二度も離婚できないし<<<
そのようなこと考えたことあるのかしら
両目しっかり開けて選んだサメ氏
今度は片目で観てあげたらどうかしら
こんばんは。 (PAPAさん)
2017-06-17 23:39:20
私も 洗濯物の干し方とかいろいろ言ったことあったけど変わらないし 洗い物もね~
文句をいうと手伝ってくれないので 最近は何もいいません・・・
自分でやった方が楽ですから・・・(笑)
手伝ってくれるだけありがたいような気もしますがね~

何やかや言っても くちこさん 優しいからサメ氏甘えているんですよ~
良いご夫婦だと思います。

ほんとにくちこさんは 具合が悪いといいながらよく動きますね~
いつも感心しますよ~

孫王子 プールが好きになってくれるとよいですね~
(⌒・⌒)ゞイヤァ (みらい)
2017-06-18 08:19:58
ワタシも洗濯ものを干すのは・・・夫の方が上手です~
でも夫は片づけがダメって言うか、捨てないんですよね(怒)
弟のお嫁さんは「片づけられない症候群」なのだそうです。
ワタシの実家の母も、そんな感じですから、
彼女は怒られもせず、相性バッチリです~(汗)
でも、ワタシもそういうのは苦手なので、
くちかずこさんが疲れてしまう気持ちも理解できます。
少しずつでも助けてくれたらね~(。・・。)(。..。)ウンウン
ちやこさん、 (くちかずこ)
2017-06-18 13:37:45
くちこはねえ、
自慢になりませんが、
人を顎で使いたいタイプでして。
最も身近なサメ氏が使えないと、腹が立つ・・・
はい、理想を下げますよ。
oyajisannさん、 (くちかずこ)
2017-06-18 13:41:01
先日も、お使いを頼んで、牛乳、卵等々だったのですが、
玄関に無造作に置いた習慣に卵が・・・
なので、連日、せっせと卵を食べています。
無事そうなのも、不安だから。
伸びしろ・・・確かに、ありません。
まあ、サメ氏の年金で養ってもらっているので、そこに感謝かな。
おばさん様、 (くちかずこ)
2017-06-18 13:44:40
まあ、日々の不満で、二度も離婚なんて考えませんが、
まあ、軽い危機はありましたよ。
誰でも、何処の家でも、そうなのかな、と。
花も嵐も踏み越えての今ですよ、これでも。
サメ氏の劣化、諦めの境地ではあります。
人の事は言えた義理でもないくちこの状児湯ですし。
PAPAさん、 (くちかずこ)
2017-06-18 13:47:20
そう、今を有り難い、
その、気持ちだけでも有り難い、
そう思うべきですよね。
人を責めるのはくちこ最大の欠点なんです。
困った女です。
今日は、さすが疲れが出て、朝も遅く起きたのに、十時位にはまた寝て、起きたらお昼過ぎていました。
サラダうどんに、卵かけご飯にしましたよ。
あおさ醤油で(*^_^*)
みらいさん、 (くちかずこ)
2017-06-18 13:49:14
夫の方が上手ってことあるんですねえ。
くちこ家では、皆無なような・・・
で、夫は、捨てられない人の権化です。
自分の家をある程度のレベルで死守することが精一杯ですよ。
サメ家は、もう諦めました・・・
お久しぶりです~♪ (鉄ちゃん爺や)
2017-06-18 18:42:53
広島滞在もあって10日ほどブログをサボってしまいました。

本日から復帰しましたので宜しくね。

確かに私も定年から以降はお荷物かもしれません。

人間それぞれ生きてきた世界が違うこともあり
不満をいったらキリがないんでしょうね。

でも今年の秋に金婚式を迎える私達夫婦には
いまさら離婚しても幸せは補償されません。

お互いが認め合って生きて行かざるを得ませんよね。

内の奥さんの方が姑が居た時代には苦労をしたようですけど。



黒田さん、 (くちかずこ)
2017-06-18 21:58:57
無事ご帰宅、祝着です。
長く滞在されたのですね。
奥様も体調も良く成られたからでしょうか?
くちこ達も、文句を言いつつも全うするつもりですよ。
お・お・お・・・ターイヘン (山口ももり)
2017-06-20 16:19:18
こういう時って変なアドバイスとか、忠告とか言われると余計腹が立つんじゃない???でも・・・ターヘン。わかるなあ!!!
Unknown (やっこ)
2017-06-24 09:12:47
ごっそりとお花を持ってくるご主人様と
それをきちんと整理して
花器にいけるくちこさん。
きちんと愛を受け取られているから
上手くいってるんですね~
お花のリースのシャドーボックス、ステキですね。
これは切るのが大変だったのでは?
ももりさん、 (くちかずこ)
2017-06-24 19:16:55
そう、
達磨大師も喝破されました。
人生は苦なり!
やっこさん、 (くちかずこ)
2017-06-24 19:19:02
くちこってね、
文句はタラタラ言いますが、
根が優しいのでね(*^_^*)

リースの花の作品、結構な手間でした。
額等の材料費も結構高額に。
オーダー額なので。
生徒さんが作るので、見本に作った作品ですが、
生徒さんの作品は、レストランの開店祝いに飾られていますよ。
お店の特等席に。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL