しろつめ・楚々・くちかずこ姫のお部屋 goo

安易に清水の舞台から飛び降りるが、意外に用心深い。極めて自己中心的だが、意識がない部分で情が深かったりもする。

秋田三日目後半は、新玉川温泉へ

2017年05月16日 17時39分37秒 | 旅行記

森岳駅で、リゾートしらかみ(くまげら)から降りて、

用心深いくちこ的には、とっとと一路、玉川温泉を目指したかったのです。

※そのために、前夜、宿で難解な東北弁を必死で聞き取り、秋田自動車道を北上して大館南で一般道に降り、

十和田から南下して玉川を目指すルートを地図に記入しました

 

が、

サメ氏は、折角だから、水芭蕉を見に行こうと。

是非

断固

今年は時期的に既に遅いと言っても、

折角だから、行く、と。

 

此処で、複雑な話をします。

サメ氏は、くちこの為に行くんです。

くちこに見せたくて。

喜ぶ顔が見たくて。

くちこが行きたくないと言っているのに、です

これ、

いつものパターンです。

疲れるタイプのサメです

 

なんのために、調べまくったのか

結局、秋田道を南下して大曲から北上。

途中寄った道の駅(協和)で、なんと、G同期夫妻に偶然会いました。

G夫妻、くちサメとは、とっても仲良しで、再婚した時に親友と紹介されたG氏なんです。

京都にて起こった、サメ氏泥酔事件でもお世話になっています。

本当に縁って、仏縁なんだなあ・・・

 

                  

 

                  

 

ババヘラって、秋田名物で、婆さんが、ヘラで盛り上げて作ってくれる昔ながらのソフトクリームのこと(行商チックな)。

婆さんじゃないと、売る資格が無いそうです、そのババヘラ味のご当地物がありました。

 

さて、角館を横目に、田沢湖を目指し、田沢湖南東にある刺巻(さしまき)湿原へ。

ブロ友?サリーさんの紹介です。

駐車場も入場も無料って良いわ。。。

遅いながらも、未だ咲いていたし十分に雰囲気を楽しむことができました。(サリーさん、ありがとう)

カタクリは発見できませんでしたが。

 

                        

 

                       

 

乳頭温泉入口も横目にさらに国道341号線を北上。

景色が、東北だわ。

木の立姿とか、川や湖の色合いが、東北の美しさでした。

※後日、掲載します。

くねくねと山を登り、四時位には、新玉川温泉に着きました。

玉川温泉とは徒歩10分の遊歩道で繋がっているということですが、まだ冬季閉鎖中でした。

しかも、熊!が出る!!!そうで

残雪が分厚く残っていました。

空気が冷たい。

 

                

 

http://www.shintamagawa.jp/

 

玉川温泉って、相当珍しい温泉です。

強酸性(PH1.2)

毎分9000L湧き出て、98度。

北投石(ラジウム放射性鉱石)が産出され、

※台湾の北投温泉と此処だけです。

療養、静養を目的とした秘湯的湯治宿です。

くちこ的には、免疫力アップを狙って此処に決めました。

ついでに、サメ氏は長年の友、水虫氏とのお別れも。

 

此処でもツインにしました。                   窓からの景色。

 

                      

 

新玉川には、屋外の岩盤浴は無くて、浴場内にある蒸気浴でした。

床の板の隙間からモクモクと温泉の蒸気が上がってきます。

硫黄臭も。

床の隅に湯ノ花が溜まっていたので指でいじっていたら、後で指がカサカサになりました

レトロ感満載な蒸気浴と浴場、露天風呂でした。

露天風呂は、後で聞いたら源泉だったらしく、だんだん皮膚がピリピリしてきました

室内は、源泉を半分に薄めた浴槽とか、歩行湯とか、頭浸湯とか色々。

飲泉もあって、数ccをコップ一杯に普通の水で薄めて飲むのですが、

それでも、しぶーーーーーい

飲み過ぎ注意なので、一日一杯だけ飲みました。

とにかく、

これぞ湯治って感じでした。

 

夕食は、意外な程の豪華さ

しかも、体に優しい、地産地消的野菜が中心、

今回の旅で一押しが二押しって感じの良いお味と素材でした。

全部ね、素朴に美味しいんです。

                     

 

 甘エビ                           その場で作って貰えるきりたんぽ鍋

 

                   

 

                  

 

くちこ達は、その上に秋田牛ステーキとワインを追加しているので、湯治としての心掛けが不合格ですね。

くちこの服は、厚手キルティング素材、フード付きで、今回の湯治用ウエアです。

 

夕食後しばし休憩して、また入浴

このせいで・・・

一晩中、暑くて暑くて、暖房は最初から切ってきるのに、

体が芯から熱い。

夜中、何度窓を開けたことか。

頭も痛くなって・・・

湯あたりかな?

妙に眠れない夜で三日目を終わったのでした

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋田三日目前半は、リゾート... | トップ | 秋田四日目前半は、本格玉川... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れの旅じゃったね~!。(*^_^*) (koutoku)
2017-05-16 20:47:32
行く先々で (難解な東北弁を必死で聞き取り)?、お疲れの旅でしたね~!。(*^_^*)
スマホの「ボイスレコーダー」で録音しとけば、旅の思い出にもなりましたのにね~!。(笑)
で、強酸性の源泉で皮膚がピリピリ、痛そうですね~! 日焼けの様な痛さかね?。(*^_^*)
温泉だ~~~~ (夢見)
2017-05-16 22:47:18
湯冷めしなくてあとでぽかぽか体がほかほか

眠れないほどの効果
すごいですね!


水芭蕉の花 綺麗です!

甘エビがツヤツヤなんとも美味しそうです

夫婦での旅行 良いですねえ
こんばんは (PAPAさん)
2017-05-16 22:50:23
水芭蕉見に行くって サメ氏可愛いわね~
くちこさんのために・・・くちこさんは迷惑でしょうが きちんとついていく良いご夫婦ですよ(笑)
水芭蕉も群生してると感動ですよね。
私も一度 尾瀬の水芭蕉見たいのですが実現せず・・・

新玉川温泉 PHが凄いね~
これならピリピリしますよね。
私 山形蔵王温泉で入りましたよ。ピリピリ凄かった~
凍った雪で滑ってけがをしたのに 温泉効果ですぐ良くなったの。それも温泉 沁みなくて・・・
蔵王も強酸性なんですよ。
でも蔵王は 蒸気欲がない・・
この温泉好きなので 新玉川温泉行きたいなあ~
温泉の暖まり方が違うのね~
冷え性には 取ってもよさそうです(笑)
お食事も満足で 良い温泉場なんですね~
私も ステーキ注文しそうです(笑)
koutoku さん、 (くちかずこ)
2017-05-16 22:57:02
やはり、東北のご老人の訛りは・・・
流石なレベルでした。
でも、ご老人って、何度でも同じことを言うので、段々理解できましたよ。
PAPAさん、 (くちかずこ)
2017-05-16 23:00:39
秋田行かれる前に、くちこブログの、秋田情報くださいのページの後半をご覧ください。玉川情報とか、刺巻湿原情報とか、田沢湖情報とか、詳しく書いて貰っていますよ。
で、新玉川の食事、本当にお勧めです!
あの蒸気浴がやらかしただな (yunemiさん)
2017-05-17 00:25:18
まあさ、一泊でかえるのは邪道って感じ、
ここでじっくり腰を据えて湯治すげきでしょうね。一か月とか、湯治してみたいです、






そう、はあたらきものーーー (夢見さん、)
2017-05-17 00:34:49
玉川、気に入ったけれど、質素に自炊して暮らす勇気が無いなあ。
のんびり湯治、してみたいです。
自炊がきほんかな?
Unknown (夢見さん、)
2017-05-17 00:42:11
甘エビね、こんなの自由に取って良いのって感じでした。
きりたんぽ、しょっゆる汁でのお茶漬け、三菜を注文してからの天ぷらに揚げてくれますし。
興味あるメニューが多かったです。
ご主人のお気持ちはよくわかります。(笑) (masamikeitas)
2017-05-17 06:21:44
くちこさん、おはようございます。

>サメ氏は、くちこの為に行くんです。
くちこに見せたくて。
喜ぶ顔が見たくて。
くちこが行きたくないと言っているのに、です

私はかみさんにこのような事を思ったことがないですが、ご主人のお気持ちはよくわかります。(笑)

>療養、静養を目的とした秘湯的湯治宿です。

こんなところに泊まりたいです。
体にいいでしょうね。(笑)

>今回の旅で一押しが二押しって感じの良いお味と素材でした。
全部ね、素朴に美味しいんです。

東北の料理って、美味しいですよね。
私も食べきれなかった思い出があります。(笑)
おはようございます。 (レオ)
2017-05-17 07:09:40
旦那様・・優しい方ですね。

くちこさんの喜ぶ顔が見たいって♡

我が家の旦那さんにも聞かせてあげたいです。

良い旅行になりましたね。
新玉川温泉 (mcnj)
2017-05-17 10:25:57
お早うございます。

秋田は、まだ、冬だったのですね。

体の芯まで、あったまり過ぎましたか。

湯治場の湯と言うもんは、良く効きますね。
Unknown (もちこ)
2017-05-17 12:16:26
こんにちはー。
水芭蕉、先月の秋田で移動中の車窓から群生地を眺めました。
北海道でよく見られる花なので降りませんでしたが。
珍しい泉質なんですね~
サメ氏の水虫氏w効果はいかがでしょう。
masamikeitasさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 14:26:48
東北、初めての経験でした。
で、きっと最後に?
それで、サメ氏も、あれこれ回ろうとしたんでしょうねえ・・・
美味しい旅が一番ですね。
レオさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 14:27:55
出始めが、大きく躓きましたが・・・
どうにか此処まで到達しましたよ。
なんとかなるもんですねえ。
mcnjさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 14:29:32
湯治、特によく効く温泉は、頑張り過ぎたらいけないということですかね。
東北、玉川の残雪には驚きましたが、そこまで寒くは無かったです。
もちこさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 14:31:44
水芭蕉、娘も十勝湿原で見たと言っていました。
くちこ達も、その車窓から自生地、二度見かけました。
サメ氏のお友達の水虫君ねえ・・・
これから、田に入りはじめると再発しそうです。
Unknown (やっこ)
2017-05-17 15:07:56
新玉川温泉へ無事に到着しましたね。
ミズバショウも見られたし、めでたしめでたし!!
新玉川温泉のお食事は相当美味しいようですね。
リゾート列車、新玉川温泉、しっかりメモしておきます。
湯あたり?頭痛?大丈夫だったのでしょうか?
湯治温泉 (ねこママ)
2017-05-17 15:24:00
そうですね~
1泊ではもったいなかったですね。
でも、連泊するほどの症状ではないってことで、元気に旅行ができるほどですから・・・
なによりですよ。

水芭蕉・・・以前尾瀬に行ったんですが時期がづれていて
ほんの2~3鹿咲いていませんでした。
くちこさん、行いがいいんですね~
あっと、サメ氏の行いかな?
やさしいサメしですね。
どんな湯治よりも、効き目がありそうです。
やっこさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 16:07:23
飽きた四日目の記事(次回)で、玉川温泉のこと、書きますね。
さすが、世界の秘湯って雰囲気を感じましたよ。

湯あたり、軽い頭痛だったのですが、最近、久しぶりの
頭痛でした。
アイスノンが欲しい感じの、のぼせたような?
朝には収まっていましたよ。
ねこママさん、 (くちかずこ)
2017-05-17 16:09:42
確かに、此処は、山の中ですし、一泊ではもったいなかったです。
一週間位湯治したかったですよ。
粗食で。。。

水芭蕉、車窓から、他に二か所自生群生しているところを見かけました。
サメ氏ねえ・・・
ああも、こうもで、まるごとでサメ氏なので、何とも言い難いです。。。
今晩は (oyajisann)
2017-05-17 23:03:53
その後湯あたり大丈夫でしたか?
>喜ぶ顔が見たくて
これは痛いほど分かります。
これぞ交際の真髄じゃないかな(笑)
友人との遭遇、偶然さんも粋な演出してくれましたね。
豪華で素朴な夕食ご飯進みそう。
失礼ながら出たとこ勝負のような旅。
それが楽しい旅になりましたね。
こんばんは (ocnsasabon)
2017-05-18 00:42:59
努力の甲斐があって水芭蕉を観ることができてよかったですね。
もし咲いてなかったらと思うとゾッとします。
湯治のためにこの温泉で長期滞在したらかなりの効用があることでしょうね。
実は長年無職で家事手伝いだけの愚弟が人工肛門になる手術を受け、入院中です。
抗癌剤が効いて腫瘍を切除できたら玉川温泉に行かせてやりたいです。
oyajisannさん、 (くちかずこ)
2017-05-18 09:29:30
綿密に計画しても、何故が出たとこ勝負に替わってしまうんです。
なんで?
まあ、元気に帰宅できて安堵した次第ですよ。
ocnsasabonさん、 (くちかずこ)
2017-05-18 09:31:46
あらまあ・・・
大変ですねえ。
少し、慣れる時間が必要ですね。
それと、パウチを交換したり、
人工肛門を洗浄したりする施設が玉川にあるか確認が必要だと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL