ばーばのケベック日記

ケベック在住、ばーばの気まぐれ日記、日常に関する雑文が主です。

春嵐

2017年05月17日 | アート

 春嵐 人も野菜も ただ狂え

前庭開墾、ガラス窓リニュアール、野菜植え付け等々忙しい日が続いたがやっと一段落。6月のグループ展に参加することになり(私のは簡単なデッサンに色鉛筆やパステルやアクリルを塗ったもの)毎日時間をみつけて描いてる。プロのアーチストあり私のような素人あり美術学部の卒業制作ありとピザみたいな展覧会。今年のテーマは「甘い狂気」

簡単な作品経過を提出するのですが私のタイトルは「シークレットガーデン 野菜の狂気」です。以下が作品紹介です。

 「これからの余生をミクロ農業へと舵をとっています。福岡正信さんの唱える人類の幸福は自然農法からという「藁1本の革命ーフランス語訳」に触発され2年前からミクロサイズの裏庭で開墾、野菜作りを始めました。野菜達の生命力、雄弁さ、美しさ、、、つまり野菜達の生活に目を見張っています。野菜の活動にインスピレーションを得て、作品は野菜と人間のイマジネーションとのコラボレーションとなりました。

作品に可笑し味を添えたく、初めてのインスタレーションにチャレンジします。そのために日本人の方からお人形(マダムM)と折り紙(マダムT)を拝借いたしました。

「野菜の狂気」を通して、野菜の造形の不思議さ美しさを発見し、また一人でも農業ひいては自らの野菜栽培に興味をもっていただけたら幸いです。」

全部で10点のデッサンですが、恥ずかしがらずに3点を紹介します。

1-白菜の心臓

白菜の筋観てたら白い血管にみえてきました。また白菜の形が心臓に似てるような。それで白菜に赤い血管を走らせ、背景は写真では良く見えませんが心電図を書き入れました。動物は心臓あるけど、野菜の心臓ってなんなんだろうと思いながら。フィクサチーフをスプレーしたばかりで額に入れる前のできあがりほやほや。

2-ズッキーニの子供誕生

ズッキーニってすごくエロチックなの。びっくりするくらい。ズッキーニの花と実とくれば、子供ができるわけだから、デッサンに小さな子供が靴履いてるのを描いた。そしてお人形さんは、その子が大きくなって犬と一緒のところ。エロ可笑し。

3- 独身貴族オクラ

オクラの花は夕顔なんかよりもずっとずっと美しく高貴でなぜか歴史を感じさせる。と、個人的に思ってます。最初は花をちょん切るイメージで花とはっぱを切り離して「オクラ断頭」と日本人の方にみせたら「いやーこわーい」と不評だったのでタイトルを変えました。独身貴族のごとく「我一人満ち足りたり」と誇り高くみえるから。

実は悲しいニュースがあって、コスタリカ人の奥様と息子さんと3人で暮らしてる右お隣さんが進行性骨の癌とわかりました。おととい家に来て「死ぬのは怖くないが痛みが怖い」と話してました。これから残される家族のためにいろいろな準備に入ると。66才です。頑強で明るく、いつも私たちに「よっ、お隣さん」と声かける方です。昨日奥様とお話して、今度ご主人ともどもワイン飲もうねとお誘いしました。喜んでとのことです。

今年は何だかいろんなことがある。だから、もうくだらなく思えることにはさらばと思う。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑返し | トップ | ひさかたの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。