ばーばのケベック日記

ケベック在住、ばーばの気まぐれ日記、日常に関する雑文が主です。

秋の蝶

2016年09月15日 | 暮らし

 屋根葺きの大工からかう秋の蝶

 昨日で屋根の葺き替えが終わった。40年間の保証。40年後は屋根より高いところに引っ越してるよ。屋根に上った大工さんの影が白いフェンスに映り、立ったり屈んだり移動したり影絵をみてるようだった。菜園には、毎日、鳥が多い時は10羽もきて地面をついばんでるが、さすがに工事中は遠慮してこなかった。蝶々だけはひらひら飛んでた。シマリスが姿をみせるようになった。どこぞの猫が老獪な顔つきでこっそりひっそり姿を見せたり隠れたり。菜園は毎日が小さな劇場。

 今朝はマイナス9度で、これから突然に気温が下がったりする。前庭の多年草を植え替えたがその時、枝を一本追ってしまった。去年より一回り増えたので丈夫かなとおもったら華奢で折れやすい花だとはじめて知る。コップに飾った。

 

 夕食後、知人が遊びにきていろいろ話す。仕事仕事できたが50歳を目前に控え老後のことを初めて考えるようになったと。50歳なんて若いよ、あと10年はまだまだ元気。後生きてなんぼと指折り数えながら、最近、自分が確実に死ぬっていうことを実感する。また、死後の世界について、これは死んでみないことにはわからないが、あの世があってほしいと思う。だって霊魂になったら無料で世界一周できるから。霊の世界に国境ってあるんだろうか。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さやけし | トップ | 虫時雨 むししぐれ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

暮らし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。