ばーばのケベック日記

ケベック在住、ばーばの気まぐれ日記、日常に関する雑文が主です。

シェアハウス

2016年03月06日 | 暮らし

学生達の間で一昔前だったらアパートを借りて住んでたのが、生活費高騰でシェアハウスがブームになってきてるという。学生は学費や生活費が、老人は老後の心配と、日本のみならずケベックとて同じ。老人の生活を守ろう、老人パワーをみせてやるみたいな退職者組合なんてのもあります。生活が苦しくなって政府に圧力をかけるよりは前向きにあれこれ知恵を働かし楽しく暮らせる才覚は、自然災害や戦争でもたくましく復興する日本人の優れた気質と思う。わたしは老人のお友達が4人いたが、クロードは亡くなり、マリグリッは惚けて施設にはいり、オデットは娘さん夫婦とお孫さんが住む遠くの町に引越した。テレーズはあの世行き準備万端でお金に任せ遊びあるいてる。先輩の生き方はいろんなこと教えてくれます。

女のほうが男よりいざとなると肝が据わるというか、戦後日本復興期昭和時代の生活を知ってる私達の世代は知恵熱がでます。夫に頼る身で稼ぎも年金も微々たるもんだけどいろいろアイデアが浮かび夫に提案しました。

年取ったら、我が家をシェアハウスにし若者と一緒に住み、私は下宿のまかないおばあさんになる。部屋代を安くする代わりに、畑を手伝ってもらったり、雪かきしてもらったり、病院まで運転してもらったりする。各種学校の生徒を優先とする。自動車修理や配管や大工や園芸を学んでる生徒。入居テストは肉体労働が好きなこと。医学部、歴史学部の学生もOK。以前甥を預かってたとき、甥の知り合いの医学部の学生が下宿したいというお話があったのを思い出しました。もしくは我が家一軒まるまるシェアハウスとして貸し(学生が家を一軒かり4,5人で住むケースあり)、裏庭にスモールハウスを建てて二人で住む。

もうすぐ恒例の「HABITAS-住まい」の展示会が開かれますが、最小の住居、ミクロハウスと銘打った家が初めて展示会場に登場します。もちろん見学に行きます。

かつてのケベック党のパリゾー首相が、そしてケベック党を離れ新党をつくり萎えたAUSSANTが昨日の新聞でこう語ってます。

- ペシミストになったら若者がいっぱいの場所に行くと元気がでてくる。

年取ったら、若い学生が私達夫婦にいろんな新しいことを教えてくれるんだ。老後の楽しみ。先のこというと鬼が笑うけどね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハネケ 5 | トップ | ひさびさのペンキ塗り »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (らうとら)
2016-03-07 21:37:18
今年はミクロハウスが出るのですか? 面白そう! 私も最近、小さい家に惹かれていて、でも家は買えませんから、小さい家を集めた写真集を、「これ、欲しいなあ」と Wish List に入れています。展示があるのなら、久しぶりにTRまで行ってみようかな。
Unknown (らうとらさんへ)
2016-03-08 09:14:02
おひさしぶりです、らうとらさん。

下記のサイトをのぞいてみてください。
今年の人気商品マイクロハウス MINIMALISTEとして紹介されてます。

http://expohabitatmauricie.com/en-vedette-2016/

この展示会のタイトルは
EXPO HABITAT MAURICIE です。
期間は 3月10-13日
入場料 10$です。

こちらで2件ほど偶然にスモールハウス目にしました。家の前をトレーラーにひっぱられて走ってたんですよ。
学生時代が3畳一間だったので、もし未亡人になったら裏庭に備えて住むかもしれない。便利で掃除も楽そう。

らうとらさんのブログ、すみませんいつも読み逃げで。プロのライターかと思うほどの文章力で、気後れし、コメントしたいとおもいつつスルーしてました。





Unknown (らうとら)
2016-03-09 10:06:03
こちらこそ音楽の話とかいつも感心して読ませていただいているのに、読み逃げですみません。何しろ私、音楽の素養がないもので・・・(とほほ・・・)
そうか、EXPO、4日間だけなんですね。行けるかなあ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。