ばーばのケベック日記

ケベック在住、ばーばの気まぐれ日記、日常に関する雑文が主です。

新芽

2017年04月19日 | お子ちゃま菜園

 にはとこの新芽を嗅げば青臭し 実にしみじみにはとこ臭し(木下利玄1939年39才没)

にはとこという言葉に胸キュン。母がいろんな薬草を混ぜて湿布薬をつくっていた。にはとこという名を聞いていたから。田舎の母から私は何も学ぼうとしなかった。薬用酒も漬物も縫物も菜園も、生活するということを学ばなかった。

今年は身内の入院が相次ぐ。日本の義兄が、ついで義弟が。こちらでは義妹の連れが腸壁に穴がみつかり緊急入院。昨夜手術を終えた。

私達夫婦も身体がガタついてきたのを実感。夫は心臓に異状なかったが首にヘルニア、胸骨がひしゃげてた。そこから痛みが出ていた。アメフトは激しいスポーツだそうで、学生時代のケガが今になって顔を出した。当時の仲間の一人は痛めた膝に月一回注射をするという。という私もお天気が良くなってきて右ひざが痛まないと思ったら今度は左足が痛む。これは旗振りおばさんしてた時の骨折の後遺症。ギブスはめながら仕事し、骨もくっつきましたと言われて安心していたのが今になって痛みが出てきた。右指も時々しびれると思ったらドアに指を挟んでケガしたのを思い出した。背中の痛みしかり、首の痛みしかり。子供の時怪我してた。起きてそろそろ動き始めると痛みも消えなんともないが最近夜とか朝おきがけに「後遺症の皆さん総出演ですよ」とばかりに痛みの合唱。

老いることのありがたさに、まだこうして身体が動くだけでありがたいみたいな、小さなことに感謝の気持ちが湧いてくる。今朝は夫が仕事で6時に家を出たので私も菜園に出た。菜園掃除してると昨日戻ってきた来客が出かけるところだった。お弁当箱を持っていた。世界中の人々が生きるためになにがかしか働いている、家族のために。そう思うとエネルギーが湧いてくる。小鳥のさえずりを聞きながら、新鮮な朝の空気を胸いっぱい吸いながら幸せな気持ちになる。

4月いっぱいは土地づくり。どこに何植えようかとあれこれ考える楽しみよ。

労働時間 6時10分ー7時30分 (1時間20分)これでなぜか汗ばみ息切れしてる

作業 菜園掃除 鉢などを出す

あちこちに芽が出ているが 去年どこに何を植え替えたかメモしておかないので花が咲くまでわからない。しかし、自然のパワーはすごい。マイナス30度にまで下がる土地でも春には芽吹く。左から枯れ葉やゴミが詰まった袋 鉢やバックポなど出す、桜の木、植え替えたけど何なのか記憶にない植物。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 百千鳥 | トップ | 去年の種 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

お子ちゃま菜園」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。