東村山・福田かづこのビックリ報告

日常の中のさまざまなことについて、驚き、怒り、共感などとにかくなんでも発信しています。

ホオジロat多摩湖 2016年11月20日

2016-11-24 12:54:02 | バードウオッチング
ホオジロat多摩湖 2016年11月20日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石蕗(つわぶき)に 故郷の帰り道思う 11/4➁

2016-11-04 11:12:23 | 
足早に歩いていくと
目の端に引っかかったのが
黄色の花

石蕗である。
ツワブキ と読む





ツワブキの花を観るといつも故郷の山道を思い出す。
冬に帰省すると
空港から実家までの長いバスの旅の車窓に
ツワブキの花が列をなして咲いているのを見ることができた。
車道の山側や崖側の端に
実家のある町までつながって咲いているのである。

また、ツワブキは私のソウルフードでもある。

長い葉柄を摘んで、あくを抜き
縦に割いて
豚肉などと煮付けにしたり炒めたりして食べる。

田舎から届いて嬉しい小包の中身である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩道 夏の名残か 仙人草 11/4➀

2016-11-04 10:50:08 | 
引きこもりと運動不足がたたり 歩くとすぐ疲れるようになり
思い出しては散歩をしている。
いつもは夜の暗い道を歩くのだが

今日は朝の散歩
お隣の小平市の畑の道を行って見ようと
野火止用水沿いに歩き始めた
ところで見つけたのが仙人草である。


エッ? 今頃? 夏咲くのでは?
下草を刈られて、それから芽が出て 今なのかな~

果実の毛を仙人の白髭のように見たてこの名がついたと
図鑑にある。



少し芳香があり
鼻を近づけると良い香りがする。



つる性植物で
荒れ地の木々やフェンスなどに巻き付いている。

結構華やかに見える花である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明治時代に開館した府立中之島図書館ースクーリングの前日にー

2016-10-28 09:30:38 | 
大阪でのスクーリングの受講前日、午後一には大阪に着いた。
いつも観光はしないのだが、これが大阪での最後のスクーリングなので
かねてより再訪して見たかった中之島図書館に行く計画を立てたのだ。

大阪府立中之島図書館は、1899(明治32)年当時の府知事が建設計画を発表
1900(同33)年、住友家が建物寄付を申し出、同年建設が始まり
1904(同37)年に開館。
1922(大正12)年にほぼ今の姿が完成したと入口に歴史が展示されていた。
1922年は母の生まれた年だとふと思った。

子どもたちがまだ幼いころ、夫の実家に帰省した時にチョット立ち寄り
その重厚さに感動
以後じっくり見たいと思っていたが、20数年ぶりで実現させることができた。






上記2枚は入口のホールである。
正面玄関から上がると2階にあたるようである。
図書館のイメージとはちょっと違うが
明治時代の西洋建築を学んだ人の設計らしいと感じる。
初めて訪れたときは、一般図書資料も閲覧している方々がおられたと思うのだが
今は、古典書籍やビジネス文書の提供に特化しているという。

以下は 中之島公園のバラ園である。
たくさんの花が咲いていた。
中之島公園は、明治24年に大阪に初めて開園した公園らしい。
堂島川と土佐掘川という二つの川にはさまれた講演である。
先の府立中之島図書館や中央公会堂などの重厚な建築物があり
その一つにバラ園もある。








遊覧船でのクルージングも楽しそうであった。

因みに大阪市役所も図書館の隣にある。

この見学を楽しんでいた時
翌日から始まる授業が重いものになるとは想像もしていなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日からスクーリング

2016-10-21 12:32:12 | 勉強
今新幹線で大阪に向かっています。

大学の最後の1単位を取るためのスクーリングが
明日と明後日行われるからです。

今日は、早めに大阪に入り
中之島公園、図書館などに寄って宿に入ろうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加