東村山・福田かづこのビックリ報告

日常の中のさまざまなことについて、驚き、怒り、共感などとにかくなんでも発信しています。

日本語教室 ボランティア2カ月目

2017-06-02 12:33:02 | 教育
暇になったので
2月から子どもたちへの日本語支援のための講座を受講
4月からは 実際のボランティアが始まった。
週2回の教室のうち 1回を恒常的に受け持っている。

日本語指導の教科書に沿って教え
聞き取りで書くことや
読むこと
練習問題や単位ごとのテストで定着を確認していく。

子どもの進行具合に合わせて
自分でもテストの回答をし、講師に採点をしてもらうのだが
結構間違える。
難しい~ と痛感しているこの頃である。

講師の中山先生が代表を務める「東京の日本語教育を考える会」が
5月28日 集いを開いた。
残念ながら参加できなかったが、
赤旗(17.6.2)に記事が載っていた。

日本で生まれ育ち、外国籍とつながる子の学習権をどう支援するか
がテーマであった。
講演をした石井恵理子東京女子大教授は
「コミュニケ―ション能力は高いため、学習を支える日本語力の貧困さが見えにくい」
と指摘している。
確かに、話せる子はいる。
しかし、学校で教科のテストでは正答できているだろうかと思われる子どももいる。

そして石井教授は
母語を習得する言葉の発達段階を踏むことが日本語の取得にも必要で、
親の母語でもよいから、親子で会話や絵本を楽しんでほしいとも話していたという。

今 市の日本語教室に来ている子どもには
小学校や中学校に、
母国から転籍をする子や
父親の母国は日本であるが、その仕事の都合上外国で生まれ育ち帰国した子
などがおり、
年齢も幼稚園児~中学3年生までと幅広い。
母語を習得せずに来日し、学校へ入ったものの、授業ではお客さん状態になっているだろうなと想像できる子は多い。

講師の中山氏は、外国とつながる子の年齢がそうだからと言って
いきなり中学3年生に編入させるのはやめてほしいと言う。
日本の高校受験は、外国につながる子どもが合格できるような配慮がされていないからだという。

先の集いの記事では、
三鷹市のNPOが日本語の学習や子育ての相談ができる場の運営をしていることや
支援の輪が広っがていることも伝えていたが
東京で見てもまだまだ深刻な状態にある。

このボランティアに関わって、講師の中山先生の考えを聞く機会を持ち
支援のあり方など考えさせられることが多くなった。
まだまだ、自分でも日本語そのものの学習と教授法を勉強しながらのボランティアであるが、
市内での支援が広がって行ければ・・・と考えつつ取り組んでいる.。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

取手市教育委員会で『重大事態でない』とした議決に反対した委員はいなかったのか?

2017-06-01 10:35:39 | 教育
昨日
TV報道で取手市の教育委員会が文部科学省からの指導を受け
いじめを示唆して自殺した少女の両親に謝罪したことを知った。

TVを見ながら「この輩は・・・」と思ったが、今朝の新聞報道で改めて怒りを感じた。
このブログで度々
いじめ問題での学校現場の対応を嘆き、変わってほしいと書いてきた。
が、
こうした問題がマスコミを通じて明らかにされる度に情けない思いを抱く。

2015年11月亡くなった少女は
「いじめられたくない」と書き残していたのに
教育委員会は
わざわざ彼女の自殺は「重大事態ではない」という議決をしたという。
まず、
この議決が行われたということ自体に怒りを覚えると同時に教育委員会への不信感を抱く。
議決の際、委員の中に「これは重大事態である」と主張する委員は一人もいなかったのか
と思うのである。
文部科学省の調査を受け一転議決の撤回をしたが、それで教育委員会の信頼が取り戻せるはずがない。
次に
市が渋々発足させた第三者委員会である。
この第三者委員会は、いじめはなかったとの認識で調査。
両親は、
「娘がなくなって傷ついているのに、さらに傷つけられた。不信感しかない」
と、
中立性や遺族への配慮に欠ける第三者委員会の解散も求めている。

いじめを訴えて自殺した少女の死を
重大事態ではないと決めつけた上で設置された第三者委員会が
第三者の役割を果たさないのであれば解散要求は当然であると思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学校こそ 子どもの人権を 守る場所に

2017-05-28 12:39:42 | 教育
今日の東京新聞に、
2012年 兵庫県川西市の県立高校の男子が自殺した問題で、
高校がいじめとの関連を明記した追加報告を県教委に提出した
と報道されていた。

2012年9月 自殺直後
高校は いじめとの因果関係を判断できない としていた。
しかし、両親が提訴した損害賠償請求訴訟において
2016年3月 神戸地裁が「悪質ないじめがあった」と認定していた。
また今年 スポーツ振興センターが給付を決めた。
およそ5年もたっており遅すぎる報告である。

学校におけるいじめに起因した自殺があると、
その学校は、判で押したように
初めは因果関係を認めない旨の談話を発表する。
そして、
社会の声や遺族の厳しい批判の前に
いじめとの因果関係を認めざるを得ない所へ追い込まれ
やっと認める報告をするのだ。

なぜだろう。

学校の評判を考える?
校長や教職員の責任逃れ?
しかし、そのことそのものが責任逃れと隠ぺい体質を明らかにする。
学校の評判は子どもの人権を守ってこそ上がるということが
なぜ教育関係者の共通認識にならないのだろう。

私は10年ほど前
川西市の子どもオンブズマン制度を視察したことがある。
子どもと保護者と教職員から相談を受け
双方、あるいは三者間の調整をし
また他機関の力を借り、
寄せられた相談の解決の支援をするのである。
2008年10周年を迎え、レポートが出されている。

高校生からの相談も寄せられていると報告させられている。

高校は県の管轄であるから市の責任ではないが
なんで川西市で・・・と一瞬思った記憶がある。

子どもたちの現状から目を逸らさず、
いじめ問題を放置することなく、
学校こそ、子どもの人権 を守る取り組みを積極的にしてもらいたい。
隠ぺい体質を改善してもらいたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

セッコク? 母の庭より

2017-05-28 09:12:41 | 


4月の帰省時、母の庭の草むしりをした。
ユリが蕾をつけ
シランやパフィオペディラムが咲いた跡があり
雑草も大賑わい

柿の葉が黄緑に輝き
ミカンの花が芳しい香りを放っていた。

草むしりが済んで
雑草に埋もれていた花が際立って目立つようになった。
その中に
香りのよい、白い蘭のような花があった。
何の花かはわからない。
が、突然ひらめいたのが

セッコク

インターネットで検索してみた。
たぶんそうだと思うのだが
チョット違う気もする。

母亡き後、庭は我々が帰省する時にしか世話ができない。
エビネやランや きれいな葉が好きだとサツマイモの苗など
何でも植えていた。

蕾をつけていたテッポウユリを観ることはできなかったが、
できる限り活かせるよう面倒を見たいものである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマガラ 山雀

2017-05-24 10:06:37 | バードウオッチング
およそ一カ月前、星空と雲海を見に秩父へ

残念ながら星空も雲海も見えず

しかし、三峰神社の雲海スポットで

綺麗な声で囀っていた鳥

望遠でねらうもその時はよく見えず

ヤマガラでした。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加