ハトとたんぽぽ

和子の気まま日記

2016年9月14日(水)、永和コミュニティ研修会「豊田和紙のふるさと」

2016年09月17日 15時29分05秒 | 地域の行事・お祭

 夫を8時25分のお迎えで、私と娘永和コミュニティの「豊田和紙のふるさとをたずねる」研修会に参加。

永和出張所を8時45分に出発して、鰯江、大野、善太新田のメンバーを防災センターで合流して、総勢40人で一路小原へ。

1時間半ほどで、豊田市「和紙のふるさと」の小原に到着。

 和紙展示室で、小原工芸和紙の創設者藤井達吉の美術工芸作品はじめ、山内一生などの作家の作品が並んでいた。

紙漉きをする前に、プランターに黄色の花にあとに、赤いをつけた「ローゼル草」をみつけました。

茎は和紙に利用でき、赤い実はお料理やジュースに利用できるとパンフレットをもらってきました。

 ローゼル061124d-l.jpg

  そういえば、近くのプランターに見つけたことがあるが、どこで見たのか思い出せない。

 <紙漉き>

 和紙工芸館で、うちわの紙漉きをする。まず、うちわの型に紙漉きの溶液を流しいれ、好きな色の溶液で模様や色づけをしたり、紅葉や蝶々などの色紙を乗せて、20分ほど乾かして出来上がり。

 12じをすぎたので、お腹が鳴りだして、5分ほどで小原の中心部の料理屋に到着。

この地域は、アユの簗もあるので、アユの甘露煮が一番おいしかった。

 帰りにトヨタ博物館で、オールドカーから外国や国産の車の歴史がよくわかる車が次々展示されていた。車好きにはたまらない車の展示である。

1時間の見学だったが、足りないくらいだった。

帰りは思わず上瞼と下瞼が仲良くなってしまった。

 年一度の永和コミュニティ研修会の参加は、役員をしているものの、8月14日の受付だけ行うだけで、

あとは役員夫婦が下見をしてニュースを作って、会計もしてもらい、楽しむだけで申し訳ないくらいだった。お手数かけます。ありがとうございます。

 今日の万歩計は、3,105歩でした。(意外に今日は歩いていませんね)

 

 

ジャンル:
近所に住む人
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年9月12日(月)、小豆島 | トップ | 2016年9月15日(木)、十五夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。