夢色

集めてるもの 見たもの 書きたいものを 思いついた時に。
基本ネタバレ注意。
火月 神の気まぐれ よろずメモ。

<宇宙兄弟>

2012-06-10 | Art



駆け込みで見てきた〜堤さーん(違。

旬くん えらい思い切った髪にしたなぁ・・・と感心してたんだけど、それだけじゃなくて、なにより ムッタのキモキャラVer.を リアルに上手に演じてて、もっと感心しました
・・・イケメンなのに・・・。
ベッドで くの字とか。笑。
せりかさんのマスクとか。笑。
写真の もくもくシャンプーとか。笑。
BGMに合い過ぎてて、危うく大爆笑しそうになったわっ

んで対照的に、将生くん演じるヒビトの、うそくさいほどの爽やかさ!
良く似合ってました。
最近将生くんブレイク中やな〜。
いろんな映画やドラマで大活躍。
アコギ弾いてて ニコニコなとことか、月での第一歩ならぬ大ジャンプとか。
なちゅらる〜な可愛さに やられた。。。

堤さんは、今度は正真正銘 素敵な上司やったし。
はわぁ〜。
うむ。かっこよい

しかし、一番押しは、APOです
あのぶさいく具合は、もう・・・抱きしめたい!
ムッタが倒したポップコーンを 一粒ずつ食べてるところ、秀逸でした(笑)


原作はまだ終わってないから、綺麗にまとめたストーリーだったけど、やっぱり夢があって、安心できるエンディングになって、良かった

ヒビトが乗ったロケットの発射シーンは、泣いた。
昔事故もあったし、そういうの思い出すと、「頑張れ!お願い!しっかり宇宙まで行って 軌道に乗って!」ってドキドキした。
そしてなんと、本物の元宇宙飛行士のバズ・オルドリン氏が出演してて、「あのでかいロケットを打ち上げる動力は、“人間の魂”だ」ってセリフ。
沢山の人の情熱と、願いと、祈りを乗せてるロケットは、古臭い言葉で これが『ロマン』ってコトなのかなって。
そのセリフを、本物から聞いた後の打ち上げは、説明のできない 感動で包まれてた。
そして最後に、ムッタとヒビトがスローモーションで歩いてくるところは、アルマゲドンのオマージュかな。
でも、2人で顔見合わせながら喋ってるってとこが、ぐっときた。
こんなステキな兄弟、いないよね。



実力はヒビトのほうがすごいんだろうに。
なのになんだろう。
ヒビトの まったく疑わない程の あのムッタへの信頼感。
それだけ、目立たないけど弟思いの兄だったんだろうな。

逆に、意外に結構 常識人で気使い〜なムッタ。
てか、あんだけ天真爛漫な弟と天然の両親が居たら、小心者の常識人に成らざるを得んだろうが
昔から本当は、何やっても ヒビトに敵わない。
下手したら、兄としての立場を利用して、ムッタが虚勢張ってるようにしか見えないかもしれない あのキャラクターを、絶妙のバランスで 芯はカッコよいキャラクターに作り上げられてて、そこが最高やと思った。
それは、あのキモキャラで隠されている(笑)、ムッタの隠された すごい実力なんだろうね。
人は良いし、リーダーとしても飛行士としても能力は高いはずなのに、あのアフロと喋りで 隠されてしまってるという・・・
まじめな顔で まじめなこと言うと、笑いそうになるという・・・笑。


あの地球と月との遠い遠い距離。
兄としてそれしかできないからって言う ムッタの 旬くんの あの表情。
真昼の白い月 追いかけて駆け出して。
ちっとも縮まらない距離。

「むっちゃん・・・」って呟く ヒビトは、それまで飄々として なんでも軽くやってのける子だったのに、そこだけふっと 生身の人間に戻って、弟ぽくて、心細さとか、遺書を書いたときの気持ちとか想像したりして、そういう思いが全て詰まってて、、、私も一緒に泣いた
将生くんの すばらしい演技やったと思う。

死ぬなっていうムッタの叫び。
あのシーンは、ムッタとヒビト、旬くんと将生くんの 二人の全てが詰まってて 大好きなシーンだ。


でも本当は、ムッタみたいな人が リーダーとして適任なんだろうなぁ。
飛びぬけた能力よりも、人をまとめて惹きつける力が トップには必要だから。
その 彼に隠された まっすぐな力は。
ムッタの器の大きさや強さで ヒビトの信頼の元なのかな。


さらに、オープニングもエンディングも、クールでポップに仕上がってて、始まったときからワクワクできて また是非見たい映画です!

パンフと、、、思わずAPO Tシャツ買っちゃった
ちょっと恥ずかしくて、堂々と着辛いんだけども・・・
そして、パンフのAPOの ぶさかわいさに、家で絶叫してしまいました笑。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <性質の悪い ナチュラルハイ。> | トップ | <息がとまる。胸を突かれる。視... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
宇宙兄弟 (だらだら無気力ブログ!)
夢に向かって頑張る姿は見ていて何かイイな。
宇宙兄弟 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
映画 宇宙兄弟 オリジナル・サウンドトラッククチコミを見る宇宙への夢とロマンを描く「宇宙兄弟」。荒唐無稽な物語だが、夢を追い続けることこそが勇気と教えられる。兄ムッタと ...
宇宙兄弟 (LOVE Cinemas 調布)
週刊モーニングに連載中の小山宙哉のベストセラーコミックを実写映画化。幼い頃に宇宙飛行士になることを誓い合った兄弟、弟は夢を叶えたが兄は諸事情で挫折していた。しかし弟が月に行くことになったのをキッカケに兄は再び宇宙飛行士への道を目指し始める…。出演は『...
ふたりで行こう〜『宇宙兄弟』 (真紅のthinkingdays)
 幼い頃から宇宙に憧れ、いつか一緒に宇宙に行こうと約束を交わした南波六太 (小栗旬)・日々人(岡田将生)兄弟。夢に向かって一直線に進んだ日々人は、日 本人初のムーンウォーカーとして月に向かうが...
宇宙兄弟・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
宇宙(そら)を向いて歩こう。 エリート宇宙飛行士の弟と、人生の再出発から宇宙を目指す兄の絆を描く、小山宙哉原作のベストセラー漫画の映画化である。 主人公のモジャモジャ頭の六太を小栗旬、生き方もル...
宇宙兄弟 (食はすべての源なり。)
宇宙兄弟 ★★★★☆(★4つ) 夢の続きを、始めよう。 すっごい、観たかったんです!!ありがとうございます。 原作を漫喫にこもって読んじゃった(笑) 幼いころ宇宙飛行士になることを約束した兄・ムッタ(小栗旬)と弟・ヒビト(岡田将生)。 ヒビトは宇宙飛行...
「宇宙兄弟」 原作ファン的には×! (はらやんの映画徒然草)
原作のマンガは今年になってから読み始め、たちまち夢中になりました。 映画化される