夢色

集めてるもの 見たもの 書きたいものを 思いついた時に。
基本ネタバレ注意。
火月 神の気まぐれ よろずメモ。

<ベイマックス>

2015-01-11 | Art

観てきました~ ←違。

始まる前に「愛犬とごちそう」っていうショートムービーが流れて、途中までそんなに食べたら太ってしまうよ!ダメだよ!って、なんかバッドエンドになるのかと思ってヒヤヒヤした
でも途中で「くぅ~ん」ってなってるワンちゃんが、飼い主の心を汲んで・・・もう涙腺崩壊。笑。 
「ホントはもっと欲しいけど、まぁ、、、飼い主が喜んでるからいっか」って言いたげにエサ食べて。
ミートボール落とす赤ちゃんと出会って。
これだけ人間の食事食べさすのはどうかと思うけど、皆で仲良く暮らすことが出来て、本当に良かったなぁって。
本編始まる前に泣いたわ(笑)

で、肝心のベイマックスはとっても良かったです
頭が良いため、世の中をナメてるヒロ。
タダシのラボで、世界の広さに気付いて。
そんなタダシの優しく大きくて弟を信じて包み込んでる、そんなお兄さんっぷりというかお父さんの代わりと言うか、そんな彼がすごくカッコよかった。
タダシが死んでしまってから、ベイマックスがヒロの隣にずっといるんだけど、その天然加減は、ロボットだから仕方ないんだけども面白すぎた~!
「痛みを0から10で見たら・・・」ってリピートしまくったり(笑)
物凄い体勢でヒロに押し込めたり引っ張られたりしながら逃げるベイマックスとか。 
挙句に穴開きまくってセロテープ貼ってたり。
猫と仲良ししてたり。

でも、ベイマックスの言葉が時々真実を突いてるところもあって。
「これではムギューっとしたくならないのでは?」「ケアロボットに空手は必要ですか?」「飛ぶことは必要ですか?」と。
だんだん学習していくから、「クール」とか、「空飛ぶケアロボットですから」とか、人間の曖昧さみたいな 数字で割り切れるものだけじゃないってコトも学んだりするけれど。
力は強ければいいってもんじゃないし、”沢山の人を助けることが出来る”というタダシの思いをベイマックスのほうが理解してたんだな。

人を傷付ける事はできない、「ベイマックス もう大丈夫だよ」って言わないと傍を離れられない。
タダシの優しさが切ない。

最後、多分これがお別れにはならないとは思うものの、泣きました。。。 
でも本当の最後はハッピーエンドで、エンドロールも賑やかで小ネタがいっぱいで、AIのStoryも良かったし、ほっこりする映画でした。 

会場では子供たちも大人も笑って泣いて、楽しく観ることが出来ました!
みんなで楽しめる映画だと思います
ちなみに最後の最後、エンドロール終わるまで席を立たずに観ておいて欲しいです。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <そういえば、と 続く道。> | トップ | <熱々の甘さで とろける時... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (maki)
2015-01-13 22:13:49
これ、ピクサーやっけ?
ピクサーって毎回ショートムービーついてて、それがまた良いんよね~U+2764U+FE0E
本当ピクサーのクオリティの高さにびっくりするわ。…頑張れジブリ笑
ベイマックス、良かったんや!観てみるー!
私の一押しはカールじいさんと、トイストーリーです( ´ ▽ ` )ノ
Unknown (maki)
2015-01-13 22:18:25
あ、ピクサー、2006年にディズニーに吸収されたみたい。そしてディズニーのクォリティが上がったそうな。ラプンチェルとかも3Dちっくやもんね。
Unknown (kou)
2015-01-13 23:23:07
ほよ!?吸収されてたんや(←遅!!!笑)
しかもピクサー、ショートムービー付いてるんだ(←遅×2!!!笑)

実写とアニメと混在してる感じだった!
でも違和感はあんまなかったよ~。

意外にアクションいっぱいで、緩急で面白かったよん☆
ぜひぜひ(^^)
それに、予告も面白そうなのがいっぱいあった!

カールじいさん、私まだ観れてないねん(T_T)
今度観てみるね~( ´艸`)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ベイマックス(日本語吹替版)  監督/ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児....
ベイマックス (だらだら無気力ブログ!)
まさかの戦隊物だったとは。
劇場鑑賞「ベイマックス」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたを、必ず守ります… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412200000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【CDポイント3倍対象商品】ベイマックス オリジナルサウ...価格:2,700円(税込、送料込) 【ベイマ...
『ベイマックス(吹替版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス」□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫 ■鑑賞日 12...
映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存...
映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存...
ベイマックス/スコット・アツィット (カノンな日々)
サンフランシスコと東京を融合した架空の近未来都市を舞台に最愛の兄を失った孤独な主人公の少年と兄が遺したケアロボットが巨悪に立ち向かって行く姿を描いたディズニーが贈るア ...
ベイマックス ★★★ (パピとママ映画のblog)
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまの...
ベイマックス (心のままに映画の風景)
西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。 幼くして両親を亡くし、兄のタダシとともに叔母キャスのもとで育った14歳の天才少年ヒロは、謎の爆発事故でタダシが命を落として以来、すっかり心を閉ざしてしまった...
ベイマックス (そーれりぽーと)
『アナ雪』で勢いづくディズニー・アニメの最新作、『ベイマックス』を観てきました。 ★★★★ 『アナ雪』の後なのを意識したのか、姉妹の話だったのが兄弟の話に。女子が喜びそうだった話から男子が喜びそうな内容になっています。 舞台は空想上の街サンフランソウキ...
ベイマックス (Akira's VOICE)
こんにちは。僕はヒロ。ヒーローです。  
ベイマックス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か....
映画「ベイマックス」(●?●)を観ました☆ (windy's note)
映画「ベイマックス」(原題:Big Hero 6)を、子どもと一緒に観てきました。誰もが経験する可能性のある、悲しく辛い出来事への対処方法が、ケアロボット「ベイマックス」と映画全体を通して描かれている
『ベイマックス』 期待される日本 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作...
ベイマックス・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛で、すべてを救う。 むちゃくちゃ面白い! 東京とサンフランシスコを合体させた架空の街、サンフランソウキョウを舞台に、オタク少年のヒロと亡き兄の残したロボット、ベイマックスと仲間たちが冒険を繰り広げるSFファンタジー。 監督は共にストーリー畑出身で、20...
「ベイマックス」 ぷにぷに、ふわふわ (はらやんの映画徒然草)
ロボットが人を守るっていうと、その力(パワー)でっていうイメージがありますね。
ベイマックスの愛くるしさよ (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。 14歳の天才児ヒロは兄のタダシを亡くし深い悲しみに沈む そんな時 タダシが開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる 苦しんでいる人々を回復させるケアロボット・ベイマックスの優しさ...
ベイマックス (銀幕大帝α)
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
映画『ベイマックス』感想 正しく導くヒーローへの道 (映画を観たからイラスト描いた)
『ベイマックス』Big Hero 62014年/アメリカ/102分監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ声の出演:ライアン・ポッター/スコット・アツィット/ダニエル・ヘニー/ジェームズ・ ...
ベイマックス (Big Hero 6) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち...