夢色

集めてるもの 見たもの 書きたいものを 思いついた時に。
基本ネタバレ注意。
火月 神の気まぐれ よろずメモ。

<図書館戦争 試写会>

2013-04-26 | Art

ようやく公開に間に合った。。。
ずーっと楽しみ半分 緊張半分 で待ってた図書館戦争 試写会 レポ。
ネタバレ かつ 超個人的 かつ 読んだor観た前提で書く感想 & あるパートに毒吐き ですので、観たくない方は回れ右で~。





まず最初に、どうやってあの世界状況を説明するんだろうなぁって思ってたから、最初から歴史を説明しつつ、うまく笠原の記憶などをリンクさせて状況を描いてて、うまいなぁって思った。
さすがに、初っ端に日野の悪夢が来たのには、びっくりしたけど。笑。
一緒に行った友達は全く予習してなかったから、「最初から殺人&火炎放射器の登場で ラブストーリーやと思ってたら、こんな話なん?!ってびっくりした」って言ってました
うん、、、そうだよね、、、私もびっくりした


全体的に、あの長い話を うまくまとめたっ!すごいヨ 監督って感じ。
エピソードを端折ったり、くっつけたりはいいんだけど、原作とセリフが違ったところで少々違和感は感じたけれど。。。
まぁ、読まずに行った友達でも、全体のストーリーとしては分かったとのことなので、意味不明で置いてけぼり、とかにはならないと思います。
個人的にはあったほうが深みが出ると思う、手塚と笠原の確執とか、歩み寄るきっかけのエピソードとか それからの気持ちの揺れる感じとか、堂上・小牧・手塚の男同士のやり取りとか・・・。
ちょっと惜しいと思ったけど、ストーリーの流れにはあまり影響ないところは、突っ込まずに過ぎていった感じですね。
友達が言うには、「突拍子もなく、突然仲良しになる所とかも、ま、少女漫画ってそんなもんかなーって思ってた」とのことなので、、、きっと大丈夫なんでしょう
リぺリングの一件や、男の飲み会の会話とか、そういうシーンがあるから、手塚が「付き合わないか?」っていう思考回路につながるわけで。
私はもう少しそこ観てみたかったけどでも 欲張ると収集つかないからね。


なにより、実は私。
原作の笠原が好きじゃなくて、、、と、言葉を濁さずに本音を言うと嫌いで。
すぐに わめくし、考え無しで動くし、その行動原理は身勝手な正義感だし。
結局最後はそれを『純粋』『熱い』という言葉で容認してしまう周りは、すごく甘やかしてると思う。
それに惹かれる堂上も どうなんだ、と。
高校生から大人になりきれなくて 子供が駄々こねてるのと一緒でしょ。
それを『真っ直ぐ』だというのは、ちょっと違うと思うし、世の中これが通るのであれば、ごり押すが勝ちじゃん、って。
結果オーライなだけで 自分の気持ちにまっすぐなら何してもいいんですか。
自分が頭使わずに突っ走ることで、自分の好きな人の首絞めたいのかよ としか思えなくて。
だからといって何か優秀なわけでもなく。
いや、体力面はすごいし、よく周りを見てるところもあるけど、他のキャラに比べたら 何かを意識したり犠牲にして勝ち取ったところが(1巻では)少なすぎる。
時々見せる殊勝なところとか、乙女なところとか、そういう可愛い部分は可愛いんだけど・・・。
女性として とか 信じるもののために という『強さ』の部分、そういうのが全然強いと思えなくて。
柴崎のが振り切ってる分 よっぽどカッコよくて潔い。

と、最初読んだときに笠原が魅力的に思えず。
もともと少女漫画苦手なんだけど、2巻で小牧が連行された後 堂上のとこに毬江を連れてきてやりあうシーンで、とうとう限界越えちゃって
普段は面白くなくても 小説を途中で読むのやめること滅多にしないで 最後まで頑張って読み切るんだけどな。
今回ばかりは本気で嫌気がさして腹が立ってぱたんと閉じて、以降 本棚の奥へ。
今の私には キャパ越えまた今度にする。

そこに加えて、以前から榮倉さんが演技うまいと思えなくて。
ビジュアルは最高にぴったりだと思うし、榮倉さんって 可愛い女の子役したら絶対に可愛いと思うんだよ!
だけど背が高いから、やっぱりそういう役は回って来ないのか。
もしくは、こういう強い役を本人がやりたがるのか。
そこは知らないけど、あのベビーフェイスと かわいらしい高声で 啖呵切っても白けるだけで・・・。
声に表情が乗らないし。
どっちかというと好きな顔なのに、なぜに減点が目立つ役柄を選ぶのか、この役じゃなかったら・・・絶対もったいないと思うんだけど・・・ってずっと思ってた。
のぼうの城とかさ、運動上手そうに見えないんだもん。
だから、今回この役を榮倉さんがするの・・・って 原作のキャラとキャスティングと ダブルパンチでゲンナリしてて。
写真じゃなくて動画にしたって、岡田君が似合うのは分かってたから、榮倉さんが足引っ張って この映画コケないかな、勘弁してよ。。。って思ってたんだけど。

まったくもって見事でした。
脚本と監督のおかげだよ!
そして、榮倉さんの役作りの頑張りの成果だと思います。
かーなーり よかった!

原作よりも女の子度合いを上げてきた映画版笠原のキャラが、ぴったりでした。
この笠原なら、可愛いし好きだなって思えた!
榮倉さんも、女子トークしてるとことか、無邪気なとことか 超可愛いし!
お茶目なしぐさとか、あちゃーって顔とか、王子様を語る 照れてるところとか、肌のきれいさとか、ぎゅってしたくなる
これ堂上じゃなくても好きになるやろなって。
それに、女の子度合いが上がった分、体力・アクションレベルをちょっと下げた笠原だったので、運動音痴そうな走り方も スクワットのヘタレ具合も 全然違和感ない。
榮倉さん、頑張ってたもん!
あとは、しょうもない 堂上との口喧嘩もなかったから、可愛い声で啖呵や暴言などを言われて がっくりくることもなかったし。
やー 榮倉さん めっちゃ可愛かった!
やっぱりカッコいい役は篠原涼子とかに任せて、こういう ちょっと女の子な役をしてほしいです。


そんなこんなで、最大の懸案事項が片付いたので、個人的にはそれだけでこの映画に大満足。
ほんとに、(いろんな意味で)良かった。。。
岡田ファンが増えるのが心配な、悪い子です

福士くんの手塚は、なかなかかわいいキャラで、こちらも原作より子どもっぽいところを強調してきたなと。
背が高いからなー 制服似合う
どっちかというと、真面目な分、この人と付き合ったらきちんと大事にしてくれそう。。。

小牧を誰が演じるのか、原作ファンは喧々諤々やってたみたいなので、田中圭くんは 賛否両論だったらしいけど。
私は結構好きなんだけどな。
ビジュアル的にはもう少し しゅっとした顔をイメージしてたけど(笑)これはこれで、かわいくて良いと思う。
本当は、もう少し笑い上戸を出しまくってくれたら面白かったけど
そして、もう少し正論をきちんと語るところがあれば、もっとぐっと来たと思うけど、今回は主役の二人にフォーカスが完全にきてて、周りの人間のキャラ立ちは控えめにしてたなぁと思います。
もっとカッコ良いんだよー、小牧はー。

司令の石坂さんは、本当に大御所だよ~。
この人が語ると、もう本当に ついていかないといけない。
大事なものは、守らないといけない。
そう自然に決意させる、そんな威厳と優しさ、大きさが詰まってる。
すごかったぁ。
毅然とした態度は大きな壁みたいで、絶対に譲らない怖さが出てるし、こんな人が司令官だったら・・・絶対皆 最後までついていく。
そんなすばらしい人でした。
映画をぴりっと締めてらしたと思います。

玄田隊長は・・・原作よりむしろ笑い上戸でした。笑。
いかついよなー。
後ろに付き添ってる部下は大変だと思います。
とくに、丸投げされて焦る堂上は見れなかったので残念ですが、そこの絡みがあればもっと面白かったはず。笑。
警察に啖呵切るとこなんか、気持ちいーっ!
てか、警察の人、原作より嫌な奴だった・・・?
原作はもっと板ばさみに悩む 良心ある刑事さんだったのにな。


で、あとは数々の萌えポイント。笑。
岡田君は見事に、ほとんど仏頂面or怒鳴ってるシーンばっかり
・・・年取ったなぁというのが、友達と2人の正直な感想で。笑。
だってSPで新人役してた子が、教官なんだもの。。。
おっきくなったねぇ うんうん・・・っていう近所のおばさん気分ですよ、もうっ。(←年下のくせに)
まぁ、教官なのに、同僚や上官からは いじられまくっているという、最後詰め切れてないところが 堂上かつ岡田君の魅力で(違
笠原が面接で熱弁をふるえばふるうほど、どんどん落ち着かなくなる堂上が 可愛すぎる。笑。

最初の食堂でチビって言った笠原が振り返った時の、岡田君の顔。
まずそこで会場が爆笑でした。
やるなー(違う
振り返って堂上に気づいた瞬間の笠原が、びくっ!ってなる演技が好きです。笑。


そして番宣で繰り返し言ってた、訓練シーンのアドリブ。
「・・・じゅうにーぃっっ!!!」
何回言うんですか
あ、今考えて、もう一回追加したよね。
みたいな。笑。
・・・カッコいいよなぁ~
堂上も岡田君も、Sっぽいと見せかけて、実はMだt・・・(自粛


てかさ・・・これ、純粋に映画だけ見たら、笠原は堂上のこと覚えてないし、それに比べて堂上は常に笠原を見守ってて、どっちかというと、むしろ堂上の一方通行片思いに見えるのでは・・・と、心配してしまいましたよ。
そのくらい ツンデレですよ。
いやむしろ、笠原のほうがツンツンデレなんじゃないか。
と、もう 心配ですよ(2回言った)

クマ殺しシーンはなかったのですが、代わりに映画限定LOVE LOVE MAXエピソードが入ってきて、びっくりしたわ。
なんなーん これ!
ナチュラルに頭拭いてますけど!
彼氏だとしても、結構高度テクですよ 教官!笑。
しかも我に返った二人、近すぎですよ!
これぞ恋愛もの!
・・・ええ、思わず地団駄。テンション上がり傾向。笑。

そして、ここまでずっと真剣&不機嫌な堂上フェイスが ふっと零す自然の初★笑顔
ここでテンションMAX1回目 まず来ます。笑。
ふっ、て笑った後、笠原がびっくりして見つめてるのに気づいて「ん?」って聞いた時の顔
ここでテンションMAX2回目。笑。
あの岡田君が眉毛片方上げてしゃべる顔が好きなんだー
堂上教官のほうが 大人っぽいけど。
笠原がきゃーってなるのも、仕方ない!
そして気づいて顔をそむける堂上・・・さっそくツンですか!

もうテンションMAX・・・何回目か 忘れました
館内で本を本棚に戻す堂上。
本を立てた後 そのまま背表紙を人差し指ですーっと下まで撫ぜるとこ。
・・・何なに!? なんですか、このクローズアップっ
堂上の几帳面さをアピールしているのか、はたまた 岡田君の手の!指の!綺麗さをアピールしたいのか!
・・・断然 後者でしょう!(落ち着け。笑
完璧 佐藤監督に 弄ばれています くそー。


そして・・・監督~。
岡田君のアクションを見せたいがために、この映画、エピソード 大幅に編集しましたね
トイレでのシーンもカッコいいのだけども。

最後笠原(と司令←堂上、この人もいるの 覚えてないよね?笑。)を救出に行くシーン、何で2人なんですか・・・。
本当はチームで行ってほしかったけどー でもそうなると岡田君見せ場が減るもんねー。
もぅ、ジャッキー・チェンかジェット・リーかというくらい、多数vs堂上の肉弾戦。
なぜか銃を撃たずに 肉弾戦。
笑。
部屋が暗いなかで黒い服で喧嘩するから、スクリーンに近い席で観てると追いきれなかったヨ
そのくらい岡田君、動き早すぎるよ
まったくもー かっこよすぎでしょ

その前に、本部飛び出すときに、手帳投げつけて 追いかけてきた小牧に八つ当たりして、ちょっと堂上が・・・普通の人に・・・
ここは冷静に行ってほしかったなー。
でも男の友情モノってことだね。

車内で小牧に語る、この台詞、絶対ぜったい言って欲しかった台詞だったから、めっちゃ嬉しい
これ、聴きたかったんだよぉ~

“たまらなくなる”

・・・あなた、それは・・・こっちの台詞です

でも、、、“後生だから” にずっこけてしまったのは 内緒です。
文字では違和感無くても、音で聞くと結構ひかっかるのね。。。
いまどき 後生だからって使わないよ!
「頼むから」にしなかったのは有川さんのこだわりかもしれないけど、、、あのシーンの締めが、、、ちょっと笑ってしまいそうになって やばし
堂上教官・・・おっさんくさいって言われるよ・・・?って、心配してしまった。笑。

話し戻して、最後の戦闘シーン、どきどきだった
あ、またしてもその前に。
笠原(と司令。笑)のもとに駆け寄った堂上が 敵に銃を構えながら、司令を庇ってた笠原の肩を ぽんぽんって合図するあの仕草。
あれ、やばい。ツボ
プロっぽいもの。
あそこで笠原に大丈夫か?!とかやっちゃうと、戦闘中なのが嘘臭くなっちゃうから。
あれは すごい良かったと思う。

もう一度話し戻して。笑。
敵のボスが、怖さ満載だったよ・・・
ああいう静かに狂ってる人の雰囲気、すごいね・・・こわいよぅぅぅ・・・。
岡田君が負けるんじゃないかってくらいの迫力だったよ・・・。
んで、撃たれた後、カウンターの影に移動して、敵の銃口を見上げる堂上がツボですの。
窮地に追い込まれた堂上もカッコいい・・・Sっ気では岡田君には負けないもんっ。(違

そこに笠原登場。
やっぱり弱くて倒されるんだけど、そこでまたまた王子様・堂上が 蹴られながらも敵の足止めを必死にして、、、

「撃てっ!」

・・・って、良いんですか?!
自分の好きな子に 人殺させてしまいますけどっ
と、最後はちょっと混乱・・・。
・・・まぁ、深く考えるな、ということですね・・・。

ボスが倒れた後、残りの敵がばらばらとやってきて、笠原を後ろ手に庇う堂上。
もー 王子様ー なんですかー これ。
世の中の女子が 王子様に胸キュンですよ
後ろで庇われてる笠原も 可愛いくて胸キュンでしたよ。
でも何気に、私が胸キュンしたのは、その敵の後ろから図書隊が応援に来たのを見て 力が抜けた堂上が笠原にもたれかかる 表情です
私、こっちのが好き(←聞いてないよ。笑


さて皆様。
今回一番のテンションMAXがここでやってきました←誰
建物の外でメディアや救急車などがごったがえして騒然とする中、堂上がきょろきょろと笠原を探してます。
・・・ちょっとぉー 可愛いすぎるんですけどー?

笠原も堂上を見つけて、駆け寄った瞬間!
CMでバンバン流れてるシーンですな。
堂上が笠原を抱き寄せて、笠原・・・混乱

てかさ、このCM、スタッフさんの作戦勝ちですよね
「うそ・・・?」っていう笠原の台詞、違うシーンなのに
見事に映画館へGo!となるよね

はた、と我にかえった堂上が、笠原に一言。
「ほら・・・あれだ、父親が娘に・・・ごにょごにょ。」
・・・あなた、おっさん言われて 怒ってたのに、自己申告ですか。笑。
ちょっと言い訳 苦しいっすよ

そして、ここです ここ。

笠原「え・・・教官って私のお父さんだっt・・・・」
堂上「そんなわけあるかあぁっっっ!」 ←食い気味に 全力で突っ込み。
笠原「え、だって今自分で・・・」
堂上「うるさいっっっ!!

“そんなわけあるか。”
普通の台詞だと思うのですが。
なのに なのに・・・
これ・・・・・・めっっっちゃ 大阪弁やん!!
会場大爆笑やけど、それよりなにこれ、この日一番 胸に響いたわ(笑)
大阪弁なセリフじゃないし、別にイントネーション 関東弁と一緒やと思うんやけどなぁ。
近年まれにみる、めちゃくちゃ自然な 大阪弁やったよ?
だって普段岡田君がしゃべる関西弁、変だもん。笑。
イントネーションチェックする人も居たはずなんだけど、わざと仕込んだのかと思うくらい 大阪弁。
・・・好きすぎる・・・
そして、私も胸の中で「そんなわけあるかぁっ!!この状況で笠原の天然がっ!」と突っ込んだのが、見事シンクロ。
岡田君、さすが大阪人、と言っておきます。笑。
堂上は 生まれも育ちも東京なんだけどな


最後のテンションMAXポイントは、映画の締めシーン、振り返った堂上の笑顔。
もうこれで終わるとか、岡田君のための映画でしょ。。。佐藤監督。。。
笠原じゃなくても、うそ・・・っ! な気分だヨ。

前売りあるので、また観てきます。
次は安心して岡田君岡田君 言ってきます(こら
いや、別に岡田ファンじゃなくても 戦闘シーンは本当に手に汗握る迫力に出来上がってて、銃撃戦とか 図書隊が理不尽にどんどん撃たれて傷ついて。。。
本気で戦争モノに負けない出来栄えだと思います。
ぜひぜひ映画館で見て欲しい。

思い出した。
堂上が傷ついた隊員を担いで救護ルームに運んだ後、ありったけの銃弾を手持ちで準備しているときに、心配した隊員に「大丈夫だ、休んでろ。」って言う。
堂上もチームのボスとして、最高にカッコいいと思います。
責任取るのが 上の仕事。
男も惚れる 男やと思います。
あの台詞、原作になかったけど 断然良い。

男女共に楽しめる作品だと思います
ぜひぜひ映画館のスクリーンで 見て欲しいです。←2回言った。笑。

試写会で、関西図書基地の隊員証を頂きました
 わーい

(公開記念にて。もう一度、あのときの想い、あげなおしました。)


実は。
今回映画観るにあたって注意力散漫になってたのは、、、現場に参加することできたから。
詳しくは書きませんが、そんな超貴重な経験をさせていただいて、実際にキャストや監督、スタッフさんが 数コマのために徹夜で膨大な時間をかけて 映画ってできているんだってそれを初めて肌で感じることができて。
だから、いつもよりいろんなことが気になってしまいました。
同じシーンを同じ演技で テストと本番と カメラ変えて、と、何回も同じテンションで撮り続ける。
舞台みたいに 時間が始まったら役に入り込むわけにいかない、そんな映像の難しさを体感しました。
そして岡田君や田中圭君、榮倉さんのナチュラル~な顔も見ることができて
榮倉さん顔ちっちゃい!田中君も優しそうな顔で、笑い上戸の笑い方もテストや本番でちょっとずつ変えててすごいなって。
岡田君は、自分の出番の合間に本を物色。本当に本が好きなんだなぁと。
邪魔にならなければウロウロ本見てていいよってスタッフさんに言われたから、私も平積みしている本を物色してたら、すぐ隣に立って難しい顔して本読んでた岡田君!
睫毛長い・・・目がすっごく大きくて澄んでて綺麗で。
大好きな手が 雰囲気が。ナチュラルすぎて。
ちゃんとエキストラとして自然な態度を見せてくれたのに感動。
そのまま この今ある記憶と感情に包まれているのなら、消えてしまっても良いと思えるくらい、幸せな時間でした。

新しいお知り合いもできて。
人生の節目に、大きな宝物となった作品です。
まったく映ってないから 安心して情報解禁しました。笑。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Exposure | トップ | <めでたい事は佳き事かな。> »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
図書館戦争 (うろうろ日記)
試写会で見ました。監督と岡田くんと榮倉さんが来られてました。皆さん、キャアキャア
「図書館戦争(実写・2013)」 原作に忠実 (はらやんの映画徒然草)
有川浩さんの小説「図書館戦争」の実写映画化作品です。 有川さんと言えば、4-6ク
実写映画『図書館戦争』試写会いってきました。 (ジャスタウェイの日記☆)
                   守りたいものがある。本と恋と自由の王道エンターテイメント! 有川浩原作の実写映画『図書館戦争』見てきました。 試写会では全員に写真の紙袋をくれましたよ~...
図書館戦争 (Akira's VOICE)
百科事典のような面白さ。  
図書館戦争 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 今に見てろ!チビ、大っきらい!(爆)
図書館戦争 (勝手に映画評)
シリーズ発行部数400万部を超える大人気小説の映画化。いきなり言ってしまいます。イイです!結構良いです! 主演は、雑誌『ダ・ヴィンチ』の読者投票で、それぞれ1位を取った岡田准一と榮倉奈々。いやぁ、投票一位だけあって、確かにイメージにピッタリの配役ですね。....
「図書館戦争」何か、スゴイよ!この映画!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[図書館戦争] ブログ村キーワード  「阪急電車」「フリーター、家を買う。」の著者、有川浩原作の大人気小説シリーズが、コミック化→アニメ化→アニメ映画化に続き、遂に実写映画化!「図書館戦争」(東宝)。近未来の架空の日本を舞台に、“SF”“戦闘アクション”...
『図書館戦争』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
公序良俗を乱す表現を取り締まるためには武力の行使も厭わないという、法によりメディアが統制された架空の世界、図書館だけは武装した図書隊を結成し、その検閲・弾圧に屈していなかった。かつて出会った図書隊員に憧れて入隊した笠原郁をヒロインに、鬼教官の堂上や同期...
映画「図書館戦争」感想&疑問 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「図書館戦争」観に行ってきました。有川浩の同名小説を原作とする、岡田准一・榮倉奈々主演のSFアクション大作。「図書館戦争」は、元々アニメ化された後に「図書館戦争 革...
図書館戦争 (いい加減社長の映画日記)
前から気になっていた作品・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 正化(せいか)31年、あらゆるメディアを取り締まる法律「メディア良化法」が施行され30年が過ぎた日本。 公序良俗を乱す表現を取り締まるために、武力も厭わぬ検閲が正当化されていた。 そんな時....
図書館戦争 (だらだら無気力ブログ!)
榮倉奈々の制服姿がイイ!
図書館戦争/岡田准一、榮倉奈々 (カノンな日々)
私の大好きな作家・有川浩さんの代表作「図書館戦争」が実写映画化され待望の公開日を迎えました。私も原作を読んだとき、これを実写化するなら主人公の笠原郁役は榮倉奈々さんし ...
『図書館戦争』をトーホーシネマズ錦糸町1で観て、久々に演出の力技を観たぞふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★本来は映画として成立しえない素材をどうにかして見せた】 まず、原作は未読。 作品としての付き合いはアニメ映画1本の鑑賞のみ。 なので、詳しくはな ...
「図書館戦争」みた。 (たいむのひとりごと)
私が有川作品にはまった最初の作品(シリーズ)がこの「図書館戦争」。既にアニメ化やコミカライズされており、原作ファンとしてどちらもそこそこ良い出来だと思っているけれど、おそらく実写化だけは満足できるもの
図書館戦争 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
ベストセラー作家・有川浩の代表作で、コミック化、アニメ化もされた人気シリーズ「図書館戦争」を、岡田准一と榮倉奈々の共演で実写映画化。国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るため戦う自衛組織「図書隊」の若者たちの成長や恋を描く。 あ....
「図書館戦争」政府の規制と戦った先にみた表現の自由を守るためどんな圧力にも屈しない図書隊の自由を守るための戦い (オールマイティにコメンテート)
「図書館戦争」は有川浩原作の「図書館戦争」を映画化した作品でメディア良化法という有害図書を規制され自由の表現ができない世界で自由の表現を守るべく図書隊が設立され自由を ...
映画「図書館戦争」感想、ネタバレ風味。 (月の瓶詰~ブログ版~)
宮崎セントラルシネマ、強し! …とまあ舞台挨拶争奪戦には破れたものの、 上位を席巻した福岡県の映画館にて、「図書館戦争」を見てきました。 馳せ参じたのは公開初日ですが、予習ゼロ。原作も未読です。 何故なら…、真の目的は「謎ディー」劇場用マナーCMを見ること...
図書館戦争 (にきログ)
さて、こちら有川浩さんの小説原作の映画ですね 私は原作小説は読んだことはありませんが、TVアニメは1、2話だけみてます そのときはどうにも作品に入り込めずに視聴を断念したんですよね なので映画...
[映画『図書館戦争』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆予備知識がなく観ました。  基本、私は、この、なんちゅうか、ライトノベルによく見られるような、例えば、生徒会や図書委員会、風紀委員みたいなのが一つの権力のように描かれるような作品が嫌いで、  この作品も、その流れのものだと思っていた。  そしたら、書...
『藁の楯』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5...
『図書館戦争』 (みかん星人の幻覚)
本好きを夢中にさせている、有川浩さんのシリーズ『図書館戦争』を、雑誌『ダ・ヴィン
映画「図書館戦争」 (FREE TIME)
映画「図書館戦争」を鑑賞しました。
図書館戦争 (to Heart)
製作年度 2013年 上映時間 128分 原作 有川 浩『図書館戦争』シリーズ(角川書店刊) 脚本 野木亜紀子 監督 佐藤信介 音楽 高見優 出演 岡田准一/榮倉奈々/田中圭/福士蒼汰/西田尚美/鈴木一真/相島一之/嶋田久作/栗山千明/石坂浩二/橋本じゅん メディアに対する取り締ま....
実写版『図書館戦争』 (foggyな読書)
映画公開直前の主演陣の各メディアでの露出、すごかったですね。 岡田くんと奈々ちゃんの身長差を見て「ぴったり!」と感動していたのは私だけではないはず。 で、映画の出来ですが、とても良いと思います。 まず脚本家に拍手。(原作ファンとしては「ここは変えない...
図書館戦争 実写(2013) (単館系)
図書館戦争 MOVIXさいたま 2013年4月27日公開 メディアに対する取り締まりを正当化する法律“メディア良化法”が 施行されてから30年がたった日本。 読書の自由を守るための自衛組織“図書隊”の隊員にかつ...
「図書館戦争」 (ここなつ映画レビュー)
「図書館」と「戦争」。息子の二大好きな単語がタイトルの作品、何しろ夜道で判明できない程真っ黒に日焼けした野球少年なのに歴年図書委員だし、勝負に対する執着はあまりの事に学童保育クラブの先生に注意を受けた事がある程。「図書館戦争」が公開されるや否や、観に...