夢色

集めてるもの 見たもの 書きたいものを 思いついた時に。
基本ネタバレ注意。
火月 神の気まぐれ よろずメモ。

<「海賊とよばれた男」 試写会>

2016-12-07 | Art

完成披露試写会(その0その1その2)ではちょっと斜めからの映像だったのが見辛かったので、今回は正面から観てきました(笑)

いつもの試写会よりも、男性たちが多かったよ!
会社員とか、OBくらいの年齢のおじさまが、おじ様同士とか、制服着た娘さんと父子で来てたり、んで、会社の人に挨拶してたり(笑)
男性にも期待度が高い映画なんだなって思いました。

ストーリーの流れとしては、現在の年配者となった鐵造がメインで、回想という形で若かりし頃の映像が入ってくるから、分かりやすかった。
冒頭の空襲シーン、さすがにCGだなって分かる映像だったけど、焼夷弾ってこんな構造だったんだ!って目から鱗。
こんなものが普通の市民の頭の上に落ちてきて、日常が一掃される。
許しちゃいけないことだと思う。

全体としては、うまくまとまってエンターテイメント作品という感じかな。
この時代の働き盛りの男性の、仕事が楽しくて奥さん二の次!な”永遠の少年感”。
それを窘めて、奥さんに気を使ってる周りの店員たちの大人な気遣い(笑)
”ばくち打ち”は、失敗したら終わるけど、でもそのドキドキワクワクする『なにかどでかい事やってやるんや!』っていうアドレナリン沸騰する感じは、ちょっと分かる気がする。

ハセのお調子者な感じや、鐵造とのやり取りは笑えるし、ハセといると鐵造がほんとしっかり者に見えるしw
ハセと笑いながら敬礼を交わすシーンでは、あぁ~ これは死亡フラグ・・・(´;ω;`)ってなりました・・・。

満州に殴り込みに行った時の店主の「・・・燃えなかったら・・・・困るっ」って拗ねたような一言w 
下唇を突き出す感じは素の岡田くんそっくり(笑)
若い時の鐵造さんの目が悪くて帳簿に目を近づけて読むところとか、演技上手だなって思うし。

シノさんのなんともヘタレっぷりが(笑)
本当はとても有能な人のはずなのに、、、でもそのヘタレっぷりは、愛される秘訣だよね。
戦後のタンク隊とのやり取りなんて、どっちが上司だか(笑)
やけ酒しまくって、「明日店主に言ってやるんだ~」って息巻いた次のコマで、チンッ って受話器を置くという(笑)何のコントwww そして、とても想定内w
店主がやってきて、「わしも混ぜろ!」「いやいやいや!!!Σ(゚Д゚;」っていうやり取りは、もうコントw
でも若い店員たちの、ここは弾が飛んでこないから、っていうセリフに、涙腺崩壊。
これほど酷く辛い作業なのに、その比較対象が戦場だなんて。
自分の子供と変わらないくらいの若い子たちが、戦場で生きるか死ぬかの毎日を潜り抜けて、そして今も自分のために、会社のために 泥だらけになりながら命を懸けて仕事をしてくれている。
店主じゃなくても、胸が詰まるくらいに本当に「美しい」という言葉がぴったりの人たちだと思います。
何がって言葉じゃ言えないけど、なんというか、その生きざまが 精神が、「美しい」んだと思う。
それを日本人以外が感じ取ってくれたのが、うれしかったなぁ。

甲賀さんも、木田章太郎さんも、素敵だわぁ( ´艸`)
こんな粋なおじ様いたら、惚れるよね(笑)
柏井のいつだって悲観的なところは鐵造と良いバランスだと思うし、ツンデレ感が可愛くてw
藤本と良いコンビでした。
なにより、武知 超カッコいいやん
笑。
こんなスパイ惚れるw しかも中野学校とか惚れるw
笑。

鳥川のとんでもなくいやらしい感じは、國村さん流石やわぁ~
この!この!ってやっつけたくなる やらしさ(笑)


盛田の飄々とした雰囲気は、堤さんがベストだなぁ。
「店主が行けというところに 行くだけです」って、そうそう言えないよ・・・(´;ω;`)
イギリス戦艦に喧嘩売るところなんか、やっちまえ~!って感じだったけど(←ひどい。笑)あのチキンレースは手に汗握る緊張感でした!

鐵造の「ふぅね だせぇ~!」っていう言い方が、めちゃくちゃカッコいい
あの間の取り方最高w
「こぉんの 海賊どもがぁ~!!!」っていうシーンで、いったん船を止めさせて、”行け”って合図出して、睨みつけながらまっすぐ突き進む・・・・・・あかん、やくざや・・・・インテリやくざ(笑)
シノさんが國岡商店に来る直前に、店内でタバコ吸いながら喧嘩買うシーンとか、まじでヤカラやし(笑)


これは結局、國岡商店が成功して、石油の国産会社を守り切って、イランを救ったというヒーローになったからこそ、國岡鐵造が「良い人」っていう位置づけになってるけど。
でもそれが無かったら、未来を知らない時点では、法の抜け道を突いて アウトではないけど限りなくグレーな仕事をしてる奴だし。
今でもそういう奴いるもんね(笑)
将来を知らなければ、そういう人は”良くない人”止まりだもの。
ズルい奴、ルールを守らない奴、みたいな 嫌われ者・・・・あれ?店主、嫌な奴になっちゃった?(笑)
鳥川にしたって、鐵造のライバル的位置づけだからあんなに嫌な人として描かれているけど、本当は典型的な日本人、輪を乱さない保守的な一般的な日本人、に過ぎない人だと思うから。
立場が変わると、見え方も存在も変わる。
生きるって面白いよねぇ。
でも、メジャーの圧力に屈せず、日本という国を守るために、日本の国産企業や石油を守ろうとした、その信念は本当にすごいと思うし、こういう人が居たから今の日本が(まぁ、今 結構、外国に蹂躙されてる感じはあると思うけど。)まだ独立国の体を保っていられるんじゃないかなと思います。

90歳の鐵造は、本当にうちのおじいちゃんが死ぬ前みたいな、老人そっくりの息遣い、動きで、感動した。
白内障みたいに目が混濁しているのも、皮膚のしわやシミも、手の震え具合も。
スタッフさんもキャストも、ほんとすごいわ。

そして、直接的に死ぬシーンじゃなくて、皆一緒に 舟をこいで、そこにユキもいて、それがなんだか良いなぁって思いました。
そっと顔を見合わせて微笑むのが ぐっとくる。
2番目の奥さんや子供たちは、どないなんねんと思わんでもないが(笑)そこはスッキリ纏めるために、ね


私個人としてはやっぱりゼロを超える衝撃はなかったけど、観終わったときに、三丁目シリーズみたいに「あぁ、良かったなぁ。日本人で良かったなぁ」って思うような ほっこりした作品だと思います。
そして、これは店主がすごいけど、それだけじゃなくて、この店主の為なら!って 損得無しで動く熱量を持った人たちが周りに揃ったからこそのお話だなと思いました。
今の日本で、ここまで自分を捨てて働ける人が、どのくらいいるだろうと。
ゼロの時も、これは宮部だけの話じゃなくて、日本中に居た「たくさんの宮部」の話だと思いましたが、この海賊も、店主だけじゃなくて、周りの店員たち 支援者たち そして店主の心意気に打たれて、よし!って思ってくれた たくさんの名も無き人たちのお話だと思います。
BGMも社歌も、しみじみとして素敵で。
あぁ 良かったなぁって思える、癒しの作品だと思いました。
男女問わず、年も幅広く、観て欲しい映画でした!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« <無くしたピースは見つけれ... | トップ | <美しいもの、と美味しい物。> »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
NO といえる男 (iina)
2017-03-25 10:36:50
> ズルい奴、ルールを守らない奴、みたいな 嫌われ者・・・・あれ?店主、嫌な奴になっちゃった?(笑)
平和な時代では、そのような感想もわかります。

石油権益は欧米列強に限定されて、そのオコボレに甘んじなければならなかったかもしれませんね。
> メジャーの圧力に屈せず、日本という国を守るために、日本の国産企業や石油を守ろうとした、

敗戦国なのにGHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめた白洲次郎なんて男もいました。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/b051ea5107d04a4f1e1a145793dca3ab

日本で明治維新が成功したのも、「アヘン戦争の具」になるなという危機意識があったからだと思います。


Unknown (火月 神)
2017-03-25 19:14:51
>iinaさん
コメントありがとうございます!

これは店主が主人公なので、店主のやり方がワクワクして、(もちろんカッコいいし。笑)凄い!って思っています。
でも、立場が変われば、そして私自身はきっと、いわゆる「大多数の日本人」側としての行動しかできないと思いますので、逆の鳥川と同じ側に居たとしたらば、なんて子憎たらしい奴!って思うだろうなぁと。
彼のような人間が居たからこそ、今の日本があるとはいえ、メジャー会社の立場では店主に対してまた違った評価があるでしょうし、視点を変えて観るのも面白いなと思いました(^^)

白洲さんもほんとに一本筋の通った武士のような日本人で、日本の誇りだと思います!
特にこれまで、白人さんの国と比べて、アジアの国は植民地化されることが多いので、そこを防ぐために一歩も譲らなかった日本人が居たということは、本当に素晴らしいなと。
今は・・・どうでしょうね・・・(^^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
劇場鑑賞「海賊とよばれた男」 (日々“是”精進! ver.F)
石油は日本の血液… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201612100000/ 海賊とよばれた男(上) [ 百田尚樹 ] 海賊とよばれた男(下) [ 百田尚樹 ]
海賊とよばれた男 (あーうぃ だにぇっと)
海賊とよばれた男@東京国際フォーラム
「海賊とよばれた男」 (ここなつ映画レビュー)
鑑賞中、私はのめり込み、笑い、涙し、共感し、今の自分の生活が先人の築いた土台の上に乗っていることをしみじみとありがたく思い、…していたのだが、誤解を恐れずに言うと、こ......
[映画] 海賊とよばれた男 (12時間Blog)
「海賊とよばれた男」を109シネマズ木場にて観て来ました オレは百田尚樹の原作小説は読んでいないんですが、イブニングで須本壮一が手がけているマンガ版の方を読んでるので(丁......
海賊とよばれた男 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2016/12/10公開 日本 145分監督:山崎貴出演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、光石研、綾瀬はるか、堤真一、國村隼、小林薫 戦う理由は、未来にある......
『海賊とよばれた男』 (京の昼寝~♪)
□オフィシャルサイト 「海賊とよばれた男」□監督・脚本 山崎 貴□原作 百田尚樹□キャスト 岡田准一、小林 薫、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口 徹       ......
海賊とよばれた男 (映画好きパパの鑑賞日記)
 戦後日本の復興を石油で支えた出光興産の出光佐一をモデルにした百田尚樹のベストセラーを映画化。日本の近現代史をささえた男たちの行動に熱くなる一方、2時間半近くあっても......
海賊とよばれた男〜偉大なる時代錯誤 (佐藤秀の徒然幻視録)
今や外堀埋められた大坂城のような出光 公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、......
海賊とよばれた男 (映画的・絵画的・音楽的)
 『海賊とよばれた男』を吉祥寺のオデヲン座で見ました。 (1)原作が本屋大賞を受けているので面白いかなと思い、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「inspired by t......
海賊とよばれた男 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
百田尚樹の一大ベストセラーを「永遠の0」に続いて山崎貴監督、岡田准一主演で映画化した大作ドラマ。若くして石油業に乗り出し、欧米石油メジャーに果敢に立ち向かって激動の時......
海賊とよばれた男 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(P) 戦中、戦後の日本のドラマはこの黄金トリオにお任せあれ~!(笑)
海賊とよばれた男 (勝手に映画評)
『永遠の0』の岡田准一主演×山崎貴監督のタッグで、はやり『永遠の0』と同じ原作者の百田尚樹の同名の小説の映画化。出光興産創業者の出光佐三がモデル。 いやぁ、途中、二度......
『海賊とよばれた男』 2016年11月14日 東京国際フォーラムAホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『海賊とよばれた男』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 舞台挨拶は男が多くて華が無い  岡田准一、綾瀬はるか、 吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、鈴木亮平、ピエール瀧、  堤......
海賊とよばれた男 (花ごよみ)
原作は百田尚樹の同名小説。 百田尚樹原作の「永遠の0」と同じ、 岡田准一が主演。 そして監督も同じく山崎貴。 出光創業者の出光佐三氏がモデル。 主人公の国岡鐵造を岡田准一......
『海賊とよばれた男』 (こねたみっくす)
海賊とよばれた男、國岡鐡造。士魂商才で日本の未来を信じ、礎を築いた男。 改めて日本人としての誇りを感じさせる、何とも日本的で和の心に満ち溢れた作品なのか。 出光興産株......
海賊とよばれた男 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2016年 日本 上映時間:145分 監督:山崎貴  原作は第10回本屋大賞を受賞した百田尚樹の同名小説である。時代背景は明治から昭和に亘る。数々の困難を乗り越え......
映画「海賊とよばれた男」 (FREE TIME)
映画「海賊とよばれた男」を鑑賞しました。
『海賊とよばれた男』をトーホーシネマズ日劇1で観て、役者はいいけどダイジェスト感...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲そう言えば吉岡くんは『三丁目の夕陽』と演技変わらんな。 ちなみに主役は版権の都合で写真が映画サイトに降りてこないV6の岡田くん。 五つ星評価で【★★★何でこんなに ......
海賊とよばれた男 監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  吉岡 秀隆  染谷 将太 【ストーリー】 敗戦後の1945年、東京。石油会社・国岡商店を率いる国岡鐡造は、日本人としての誇りを持ち復興に向け突き進もうと従......
「海賊とよばれた男」苦境に立った先にみた海賊とよばれた男の決断力と挑戦は日本の戦...... (オールマイティにコメンテート)
「海賊とよばれた男」は百田尚樹の小説で出光興産創業者の出光佐三をモデルにした作品で、戦後石油を求めて世界と戦った男がここまで戦ってきた生き様を描いたストーリーである。......
「海賊とよばれた男」☆店主ラブ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
一見、大手石油会社を興した一人の男のサクセスストーリーのように思えるこの作品。 実は描かれていたのは、社員を家族の様に大事にしていた店主の事を、社員全員が好きで好きで......
海賊とよばれた男 完成披露試写会 (風に吹かれて)
士魂商才 公式サイト http://kaizoku-movie.jp12月10日公開 原作: 海賊とよばれた男 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「ALWAYS 三丁目の夕日」 「永遠の0」
海賊とよばれた男 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
海賊とよばれた男 '16;日本 ◆監督:山崎貴「寄生獣 完結編」「永遠の0」 ◆主演:岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、野間口徹、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、小林隆、...
海賊とよばれた男 (そーれりぽーと)
『永遠の0』が心に響いた、百田尚樹原作の『海賊とよばれた男』を観てきました。 ★★★ 国岡鐡造のモデルとなった出光佐三のダイナミックな半生を描きながら、『永遠の0』同様......