マーガレットの気まぐれ写真日記

レンズを通して物を見ると肉眼では見えなかったものが見えてきました

ササユリ

2017-06-30 10:44:33 | 観光、旅行、散策

ササユリの季節です。

もう終わってしまったところもあるようですが、地域によってはまだ見られる所もあるのではと思っていた矢先、足助で見られるという情報を得ました。

足助は春のカタクリ、秋の紅葉でも有名な所で何度か行ったことがあります。

目当ての場所に行ってみましたが、人けが全く無く、一人で歩いて入山する勇気も無く、ササユリは諦めて、香嵐渓の入り口にある土産店で聞いた足助城に行って見ることにしました。

ところが生憎定休日で場内に入ることが出来ず、せめてどこか眺望できる所は無いかと、更に山の上の方へ走りました。

何が発見できるだろうか、という好奇心の赴くままです。

↓定休日で門が閉じられていた足助城

↓しばらく山道を走ると、道端に1本のササユリを見つけました。

「遠路わざわざ来てくれてありがとう。私を見に来てくれたのですね。熱意に応えて姿を現しました」と言っているかのようでした。

まさに今咲いたばかりのような瑞々しいササユリでした。

ササユリの香りをいっぱい嗅ぎ、別れを惜しんで先へ進みました。

少し先に大きな花を付けた樹木がありました。シャクナゲでしょうか。

↓足元には、これから咲くのか終わったのかわかりませんが、ギボウシでしょうか。

その横には目の覚めるような綺麗な色のアザミが、カタクリに巻きつかれています。

迷惑しているのか、支えてもらって喜んでいるのか?

↓ホタルブクロもあちこちに

更に進み、山の頂上あたりかと思うところに、1軒の炭小屋がありました。薪がいっぱい積んであります。珍しい光景でした。

かなり高齢のお爺さんが、小雨が降り始めた中、屋根に登って小屋の修理をしているようでした。

後継ぎはいるのだろうかと余計な心配をしながら、ふと脇を見ると、ここにもササユリが1本咲いていました。まるで、隣のお爺さんを応援しているように見えました。

最近は盗掘問題で、囲いが作られたり、電気柵を設えてあったりするところも多いのですが、こうして道端にさりげなく咲く姿が本来の姿なのでしょう。

もう少し先に進むと、更にたくさんのササユリが咲いていました。

向こうの方に「クマ注意」の立て札が立っています。

本来ササユリは、このようなクマの出るような奥地で生息する花なんでしょうね。

ササユリの生まれ故郷、つまり本籍は、人のあまり入れない山奥ということなのでは・・・。

盗掘して本籍から平地に無理やり移しても、それは形だけで、ササユリの本来の姿とは言えないかもしれません。

 ※後日談ですが、アザミに巻き付いているのは、カタクリでは無くクズの間違いでした。くず粉をカタクリ粉とイメージしてしまいました。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏至の頃の花々・・・ルリマ... | トップ | ノウゼンカズラとミモザ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山小屋)
2017-07-02 06:48:25
足助に私の知人がいます。
黍生山の登山道にササユリが自生しているそうです。
知人はヘボ(地蜂)追いの名人で昨日から3日までの予定で
島根県に現地調査に行っています。

少しでもササユリに出会えてよかったですね。
アザミに巻き付いているのはカタクリでなくクズですね。
クズは繁殖力が強く、どんな木にでも巻き付きます。

山小屋さんへ (マーガレット)
2017-07-02 08:13:56
実は、その黍生山に登ろうと思ったのですが、人気が無く怖くなり断念したわけです。
ササユリ、少なかったのですが、十分満足しました。
カタクリでは無くクズですね。クズのつもりだったのですがクズ粉とカタクリ粉を間違えてしまいました。
おはようございます (ヒューマン)
2017-07-02 09:48:10
ササユリ きれいに咲いていて、マーガレットさん
写真に忙しそうでしたね
アザミ いいですね
ヒューマンさんへ (マーガレット)
2017-07-02 19:49:33
ササユリは見られないと諦めていましたから、見た時は、感激しましたね。
最後は団体で出て来てくれました。
私の気持ちが通じたと思います。(笑)
Unknown (Bell3)
2017-07-03 20:25:27
こちらではササユリは、ほぼ終わってしまいました。
ここでのササユリ、写真を見ると花びらも初々しくて、咲いて間もないものが殆どですね。きっと貴女の訪問を待っていてくれたのでしょう。
足助と聞くと、元弘の乱のとき、後醍醐天皇を守るために、いち早く笠置山に駆けつけて天皇のために戦い、笠置山陥落後は幕府側に捉えられて処刑された足助重範を思い出します。三河国足助出身の名門武将でした。足助城は足助一族のお城なんですね。
Bell3さんへ (マーガレット)
2017-07-04 10:52:21
目当ての山へ登れなくて寄り道をしたところでしたが、ササユリを始め、足助城など思わぬ発見をし、知らなかった歴史の1ページを見たような気がします。
足助一族が活躍した場所なんですね。
日本で一番多い姓と言われる鈴木家も有名だったようですね。
Unknown (hashiba511)
2017-07-10 19:41:12
ササユリは難しい花ですね。
信州では準絶滅危惧種に指定されてます。
最近、森をある形に整備したら群生しだして、今年は数十株に増えた場所が近くに。。。
hashiba511さんへ (マーガレット)
2017-07-10 20:46:13
ササユリ、見かけ通り繊細で深窓の令嬢のような花ですね。
それゆえ見つけたときはひとしおです。
森林の中で、木陰でひっそりが好きなようですね。

コメントを投稿

観光、旅行、散策」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。