山はしろがね

ロシア文学/スキー

中国という鏡

2016-10-14 23:31:25 | 魚眼図

 9月13日に北海道大学スラブ・ユーラシア研究センターで開催された特別セミナー「現代中国におけるロシア文学受容」について、『北海道新聞』にコラムを書いた。

 岩本和久「中国という鏡」『北海道新聞』2016年10月7日夕刊、5面。

 今の日本よりも盛んにロシア文学を翻訳しているように見える中国だが、それはリアリズム的傾向の作品に顕著なのであり、ポストモダニズムの作品はさほど翻訳されていないらしい。また、出版システムの違いについても明確に知ることのできた、思ったよりも興味深いセミナーだった。

『イベント』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何もかもがスマホの中 | トップ | モトクロスやらないの? »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。