山はしろがね

ロシア文学/スキー@稚内(~2017.3)

パッとしない

2008-10-02 16:00:40 | ロシア
 日本語の授業で,留学生に「パッと」という表現を教える。「桜の花はパッと咲いて,パッと散る」という表現が教科書に出てきたのである。  この例文だと「急に」とか「一気に」という意味なのだけれど,そういう説明だけだと作文の時に誤用してしまうようなので,「パッとしない」とか「パッと行こう」という例も説明する。  gooの国語辞典(『大辞林』)には「ぱっと派手に繰り込もう」という例文が出ている。「くり . . . 本文を読む

森づくり

2008-09-30 16:02:07 | 日記・エッセイ・コラム
 大学で「記念植樹」をした。気がついたらスコップを持っていたという感じで、なんだか狐につままれたような気もするのだけれど、とりあえずは良い経験をさせてもらったということにしておこう。 . . . 本文を読む

中学生がやってきた

2008-09-26 23:39:37 | ロシア
 中学生が大挙して、ロシア語の授業見学にやってきた。体験学習なんだそうだ。  「見せる」に足る授業を演出せねばならなかった。教師というより、演出家みたいだった。学生たちが演技をミスるんじゃないかと、気が気じゃなかった。なかなか疲れた。この計画を事前に予告していたにもかかわらず、朝7時まで起きていた(何をしていたんだ、まったく)という某君がいつ居眠りするかと心配したが、結局、最後まで意識を失わずに乗 . . . 本文を読む
コメント (1)

急に寒くなった

2008-09-23 22:19:18 | ロシア
 昨日まで暑かったのだけれど,いきなり寒くなった。ちょうど良いということはないのか?気温はそれほど下がってはいないのだけれど,風が強くて……海岸だと10メートルは超えていたと思う。  そんな中,ロシア人留学生2名を連れ,休日返上で,ノシャップ岬や稚内公園や宗谷岬に出かけたのである。風が強そうなところばかりだ。いや,実際,泣きたくなるほど,強かったのだけれど。  本日の強行軍には時々,このブ . . . 本文を読む
コメント (1)

セクシャル・ハラスメント防止の講演会に出たけれど

2008-09-20 22:12:57 | 日記・エッセイ・コラム
 キラ・ムラートヴァの新作『二つで一つ』を今朝ようやく見ることができた。朝っぱらから見る映画じゃないね……で,午後は職場のセクシャル・ハラスメント防止講演会なるものに出て,かなり不愉快な気持ちにさせられたので,映画の話は今日は書かない。  何というか,「私たちは皆さんと違って良い人です」という雰囲気の漂う講演だったのである。一生懸命,頑張っているらしいことは伝わってきたけれど,発言がどこか他人事 . . . 本文を読む

そろそろ新学期だ

2008-09-17 20:03:35 | ロシア
 今年もサハリンから交換留学生が2名やってきた。明日は日本の学生がサハリンに向かう。毎日、通常の業務に追われる日々が再開される。  この秋は学会や研究会の発表が毎月ひとつずつあるし、ゼロから始めなければならない新しい授業もあるしと、タフな精神を求められそうなのだけれど、毎日、コツコツと暮らしていこう。留学生たちが帰る頃には、ほぼ全てが終わり、街が雪に包まれているはずだ。 . . . 本文を読む

12人の怒れる男

2008-09-16 00:36:21 | ロシア
 出張の合間に、ニキータ・ミハルコフの新作『12人の怒れる男』を見た。老優ガフトが出ていたりするので期待したのだけれど、ゲリラの描き方とか、良心的なロシア将校(しかも監督自身が演じている)への共感とか、民族差別への批判とか、少数民族へのパターナルな態度とか、徹頭徹尾プーチン体制と一致する映画で、がっかりさせられた。地上げ屋が悪役なんていう、エリツィン時代の定型的な物語が用いられているし(要は『こね . . . 本文を読む
コメント (1)   トラックバック (1)

ANAのシステム障害

2008-09-15 06:10:32 | 日記・エッセイ・コラム
 昨日はANAのシステム障害に巻き込まれて,飛行機の出発が約2時間も遅れてしまったのだった。  そのせいか,いつもよりも速いスピードで,いつもよりも高い高度を飛び,降下する際の気圧の変化や身体へのストレスもいつもより激しかったような気がしたのだけれど,実際のところはよく分からない。でも,普段は感じることのない頭痛が続いて(自宅に帰ってからも),ちょっと辛かったのである。 . . . 本文を読む

水月ホテル鴎外荘

2008-09-14 10:09:41 | 日記・エッセイ・コラム
 ホテルの中庭に、鴎外が舞姫を書いたという建物が、ひっそりと保存されている。 . . . 本文を読む

相泊温泉

2008-09-11 22:34:40 | ロシア
 昨日は職場の「営業活動」で根室から羅臼まで回った。せっかく羅臼まで行ったので,仕事を終えてから相泊温泉に寄ってみた。「営業」の緊張を捨てて,普通の学者に戻るためには,湯につかることも必要である。そんな風にして頭を切り替えないと,洋書なんて読めやしない。  羅臼には「熊の湯」という秘湯もあって,そこも未体験なのだけれど,やはり北の果てにある相泊まで行ってみたかったのである。何といっても,相泊より . . . 本文を読む
トラックバック (1)

納沙布岬

2008-09-10 01:04:20 | ロシア
 高校訪問の2日目(移動を入れると3日目)。夕暮れ時の納沙布岬にまで,足を延ばしてみた。  知床半島と国後島と歯舞群島と納沙布岬に囲まれた海は,まるで湖のように見えた。「北方領土」から引き上げて来た老人たちでなくても,拿捕の恐怖を常に感じている漁師たちでなくても,この風景を毎日見ていれば,その只中にある「湖」を自由に航行したいと思えてくるのではないだろうか?そんな風に感じられた。知床峠や羅臼から . . . 本文を読む

携帯を忘れた

2008-09-09 01:13:21 | 日記・エッセイ・コラム
 高校訪問(という名の,つまりは大学の営業活動)で,道東を移動中です。  ***  携帯電話を網走のホテルに忘れてきてしまいました。水曜日まで携帯電話が使えなくなりました。友人・知人の皆様,大変に申し訳ありません。ノートパソコンは忘れてきていないので,ここのコメントを読むことはできます。  去年までは担当区域が「空知支庁」だったのですが,今年から「釧路支庁+根室支庁」に変わりました。「釧路+ . . . 本文を読む
コメント (1)

ブナシメジ

2008-09-08 01:06:40 | 日記・エッセイ・コラム
 稚内の西條にホクトのブナシメジが来ていたのである。他にライオンのライオンとか、森永のキョロちゃんもいた。 . . . 本文を読む

狭間の土曜日

2008-09-06 23:43:27 | 日記・エッセイ・コラム
 ひとつの仕事(プロジェクト)と別の仕事(プロジェクト)の狭間の土曜日。  午前中は職場の理事・評議員の懇談会。一言も発することなく,2時間,下を向いて座っていた。暑くて気分が悪くなりかけていたのだけれど,ドアや窓を開けようとする人は誰もいないのだった。  午後は子供とシャボン玉で遊んだ。雲ひとつない青空に,無数のシャボン玉が上がっていった。ヴィデオや写真に撮りたいなあと思ったが,遊びを中断す . . . 本文を読む

ポニョを見た

2008-09-04 21:58:53 | 映画
 札幌での仕事を終えてから、バスの時間まで6時間くらいあったので、『崖の上のポニョ』を見た。かなり奇怪な映画らしいとか、わけが分からないとかいう噂もあったので、元幻想文学マニア(?)としては大いに楽しみにしていたのである。  「ポニョの騎行」がすごいとか、「デボラ紀の海」がきれいだとか、そんな評判通りではあったけれど、予想を超える映像が次々と出てきて、退屈することはなかった。地球の破滅とか、ニン . . . 本文を読む
トラックバック (1)