ITインフライターが日経産業新聞を読み耽る

ITインフライター(ITライター兼インフラエンジニア)のぐっちょんが日経産業新聞で日本の経済や産業を変える人を追いかける

パン作り AIで効率化 配置最適化、ロボと連動 オーカワパン…

2017-05-24 23:22:51 | NewsPaper
パン作りとAIの結びつきはおもしろい…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『パン作り AIで効率化
 配置最適化、ロボと連動
 オーカワパン』

パン製造のオーカワパン
人工知能(AI)と使って製造や人員配置計画を
最適化するという記事

まずは、AIを使った業務管理システムを稼働
作業員の能力や人数、パン製造の手順に応じて
日々の人員配置と製造計画を自動で組み上げる

年内に5千万円を投じてパン生地の分割やまるめ
発酵、成型を1台でこなす自動成型型ロボットを導入

AIと連動し、計画に基づいてじどうでパンを製造
製造時間の短縮で、生地の過剰な発酵を抑え
品質も安定する、としている

製造実績や製造開始と終了時刻、エラーの情報などは
AIにフィードバック

主要取引先の販売データも分析し
商品開発や生産・販売計画に活かす


パン作りの生産システムについて
幅広くAIを導入するのは興味深い

企業側も余裕がないとここまで出来ないだろうが
現在のこのタイミングで計画したのは英断といえるだろうか

この投資がどこまで利益につながっていくのか
その成果報告もみてみたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ATM ビットコイン連動 現地通貨で引き出し可能 新興国向け OKI…

2017-05-23 23:05:03 | NewsPaper
ATMがビットコインに連動するようになってくるとは…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『ATM ビットコイン連動
 現地通貨で引き出し可能
 OKI、新興国向け』

OKIが海外向けにビットコインとの連動が可能な
ATMを開発した
という記事

海外向けの新型ATM「ATM-Recycler G8」のオプション機能に
ビットコインとの連動機能を初めて搭載

http://www.oki.com/jp/press/2017/05/z17009.htmlより

ビットコインの市場価格にあわせて、現金引出が可能
逆に、現金をビットコインにして「ウォレット」の残高を
増やすことも可能

ビットコインの取引が多いのは、中国や新興国
各国の電子通貨の普及は進んでおり、電子通貨へのチャージに対応

スマホに送られてきた請求書への決済機能も
ATMに追加化可能になった

各国の電子通貨の普及状況や銀行のサービスなどに合わせて
機能を追加することも可能にする

なお、現状、国内金融機関からの需要は多くなく
国内展開は未定となっている


ATMを設置している国の需要に合わせて機能を追加するのは
当たり前とはいえるのだが、いよいよビットコインまで
対応するようになったのは興味深い

ATMのリプレースに合わせて、どこまで普及するのは
この展開は注目したい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

図書館システム共同運用 蔵書1000万冊、検索容易 早大・慶大…

2017-05-22 23:16:04 | NewsPaper
大学図書館の相互利用を
システム化するメリットは充分にありますね…


では、本日の日経産業新聞から、13面の大学欄からこの記事をピックアップ
『図書館システム共同運用
 早大・慶大 蔵書1000万冊、検索容易』

早稲田大学と慶応義塾大学が
図書館システムを国内で初めて共同運用する

という記事

両校の図書館は1986年に協定を結んでおり
専任教職員や大学院生・学部生は相互利用が可能

今回、その枠組みを拡大し、システム上でも
両校の図書館を半ば統合するような形となる

両大学の図書館システムは現状はそれぞれの担当部門で
運用されており、筆者やカテゴリー、件名などを記す
書誌データの目録型式も異なっている

今回、システム統合で運用を安定させ
目録型式も標準化させる

統合することで、システム構築・運行、目録作成の
コスト削減の効果も期待されている

現在の蔵書数は、早大は570万冊、慶大は490万冊もあり
統合すれば重複有れど1000万冊以上が検索でき
利便性は高まりそうだ


結局、他の図書館でもデータの形式等で
なかなか統合が進まなかっただろうが
今回を契機に他の大学協定があるところでも
このような事例が増えていくのか期待したい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマホでビル空調制御 個人の好みに 電通国際とダイダン…

2017-05-19 23:14:51 | NewsPaper
ISIDがIoT分野でチャレンジングな取り組みを…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『スマホでビル空調制御
 電通国際とダイダン
 個人の好みに』

電通国際情報サービスとダイダンが
あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を使って
ビルの照明や空調を制御するシステムを開発した

という記事

スマホの操作で、個人に合った温度や明るさに自動で切替可能

スマホに「暑い」「まぶしい」といった個人の感じ方を入力し続けると
その人に合った温度や明るさに設定可能

そのスマホを持って会議室に入っても
自席と同じ温度や明るさに空調、照明が自動調整される

https://www.isid.co.jp/news/release/2017/0517.htmlより

とはいえ、複数の人が近くにいる場合の制御
といった課題もあるようで…

実用化まではまだまだ1年以上はかかるようだが
フレキシブルに対応できるシステムが出来上がるのを
楽しみにしたい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感染範囲、素早く特定 サイバー攻撃で 調査自動化 富士通…

2017-05-18 23:12:16 | NewsPaper
どれだけの早さなのか
ぜひ一度見てみたい…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『感染範囲、素早く特定
 富士通、サイバー攻撃で
 調査自動化』

富士通がサイバー攻撃の被害状況を調べる作業を
自動化する技術を開発したと発表した
という記事

「高速フォレンジック」と呼ばれる新技術は
社内ネットワークの通信状況を記録し
標的型攻撃に近い動きを自動で抽出する

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/05/13-2.htmlより

ウイルスの侵入経路のほか、別のPCへの二次被害の有無など
被害の全体像を、富士通の監視センターで瞬時に把握

すぐに社外とのネットワークを遮断可能にし
感染の拡大を防ぐ

この新技術によって、被害の全体像が自動で把握できるようになり
監視センターのオペレータでも数十分で状況を把握して
顧客企業に通告可能になる

さらには、被害の分析を担当する者は
原因究明などの関連する他の業務に
時間を当てられるというわけだ

http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/05/13-2.htmlより

富士通としてはリスク軽減や感染後の対応まで製品群を拡充し
2019年度にはセキュリティ関連サービスで3000億円の売上高を目指しており
どこまで成果を以て世の中に貢献できるのか楽しみにしたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AI開発者2000人育成 実用段階にらみ「稼ぐ」体制構築 富士通、18年メド…

2017-05-17 21:58:41 | NewsPaper
AI開発に2000人も育てて
どれだけ仕事が回っていくのか興味津々…


では、本日の日経産業新聞から、7面のデジタル欄からこの記事をピックアップ
『AI開発者2000人育成
 富士通、18年メド
 実用段階にらみ「稼ぐ」体制構築』

富士通が人工知能(AI)事業の拡大に向け
AIに特化したシステム開発を2018年度までに
2000人育てるという記事

富士通は本格的な事業展開に向けて人員を拡充し
AIやビッグデータ解析に特化したSEを新設

顧客と一緒に経営課題を見つけ、実際にAIをシステムに
組み込む作業までを担う

富士通は「Zinrai(ジンライ)」というブランドでAIを展開
画像認識や需要予測など標準的な機能をそろえ
日本語特融の文脈や感情の分析を得意としている

とはいえ、大手IT企業の開発競争が激化する現在に
技術面で大きな差をつけるのが難しくなっている

富士通はAI関連の売上高を2020年度までに累計3200億円とする目標を掲げ
実証実験などの案件を、コンサル業務やシステム開発・保守につなげる

富士通はAIで稼ぐための体制になろうと試行錯誤しており
その成果を長期的に楽しみにしたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

社員の交流度測定 レイアウト変更で 三井デザインテック…

2017-05-16 22:35:03 | NewsPaper
ちょっと先だけど、おもしろいものができそうですね…


では、本日の日経産業新聞から、9面のフロンティアビジネス欄からこの記事をピックアップ
『社員の交流度測定
 レイアウト変更で
 三井デザインテック』

三井ホーム子会社でマンションやオフィスの改修を企画する
三井デザインテックが、2019年をめどに、オフィスのレイアウト変更で
社員のコミュニケーションがどれだけ改善したか測るサービスを始める
という記事

現在、日立ソリューションズと開発中の分析システムは
社員がオフィスのどこにいるか把握するためのセンサーを
社員証や天井に取り付ける仕様

同じ場所に一定時間滞在し、距離も接近した社員同士を
「交流した」と判断する

レイアウト変更での効果を具体的に把握し
職場の配置換えメリットを見える化するというわけだ

労働生産性の改善や部門の垣根を越えた事業アイデアの創出に向け
固定席のないフリーアドレス制などで社員の日常的な交流を活性化させる
といった動きがあるが、それらに関連する需要を分析するために
三井デザインテックはこのシステムを開発したいわけだ


日立ソリューションズがセンサーの提供や情報処理システムの開発を担当し
三井デザインテックが分析手法を考案
7月には三井デザインテック本社などで3カ月間の実証実験を開始する

同じ場所にいることが交流したことにつながる
という定義はおもしろいが、果たしてどこまで
ビジネスにつながるのか興味深くみたいものだ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お天気原稿 AIが書く 数値チェックの手間省く 人は放送充実に注力 ウェザーニューズ…

2017-05-15 22:05:26 | NewsPaper
AIと人間がやるべきことが
明確になっている一例といえるでしょうか…


では、本日の日経産業新聞から、9面のフロンティアビジネス欄からこの記事をピックアップ
『お天気原稿 AIが書く
 ウェザーニューズ
 数値チェックの手間省く
 人は放送充実に注力』

気象情報会社のウェザーニューズ
テレビ局に送る気象予報のニュース原稿について
独自開発した人工知能(AI)の活用範囲を広げる
という記事

ウェザーニューズは、テレビ局のアナウンサーが読み上げる
天気予報の原稿を作り、民放の大手キー局や地方局など
全国のテレビ局の8割に提供

1日に提供する原稿は1500枚
放送気象担当の気象予報士らが作っている

作業の効率化とミス防止のため
2016年から機械学習が気象予報士をサポート

ルーチンワークに近いものは
慣れてくると効率化できるとともに
ミスをする可能性もあるため
それらをAIにさせるという着眼点はおもしろい

とはいえ、AIが書く現行の品質を担保するために
過去1年分の原稿を読み込ませ、文章の型を覚えこませた

そこに、アメダスなどのデータをもとに
ウェザーニューズが独自で割り出す降水確率を入力

AIは、降水確率について10通りの原稿を示す
それらから放送気象担当の気象予報士が
一つ選び、テレビ局に送付する


ウェザーニューズといえば、以前は人力による情報力によって
ピンポイントでの気象情報が売りではあった

とはいえ、それらは数値チェックの負担が大きかったようで
このAI導入によって、負担が減った分、放送内容の提案など
能動的な取り組みに時間がさけるようになった、という
例えば、AIではなく、人にしかできない
心遣いのあるコミュニケーションに重点を置くといったもの


AIと人間それぞれができることを活かしながら
今後は、深層学習を使い、気象情報や天気図の画像を分析し
原稿に反映する技術の開発も視野に入れているようだ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音声の書き起こし支援 放送局向け アドバンスト・メディア…

2017-05-12 23:08:32 | NewsPaper
音声認識技術を求めている業界は
まだまだあるということでしょうか…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『音声の書き起こし支援
 アドバンスト・メディア 放送局向け』

音声認識のアドバンスト・メディアが
放送局向けに音声の書き起こしを支援する
システムを開発した
という記事

朝日放送とシステムを共同開発し
報道局で試験運用が始められた

アドバンスト・メディアの音声認識技術を活用し
中継やインタビュー取材、記者会見などの書き起こしを支援

音声は発話事に区切り、時間も併せて記録
認識した結果は、Wordに出力可能
重要な発言は背景色を変えて目立たせることも可能

https://www.advanced-media.co.jp/newsrelease/8965より

放送局は映像素材の確認や共有のために
音声を書き押しているようだが、大変な手間になっている

このシステムの採用で従業員の業務負荷を軽減できるなら
願ったりかなったり

試験運用を通じてシステムの改良を進め
年内の正式販売を目指すようで、応援したいものだ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひっくり返すとクラウド起動 ID・パスワード不要 課金負担軽く ユニリタ、企業向け制御端末…

2017-05-11 22:37:16 | NewsPaper
従量課金制サービス利用者向けのサービス
という着眼点はおもしろい…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『ひっくり返すとクラウド起動
 ユニリタ、企業向け制御端末
 ID・パスワード不要 課金負担軽く』

ソフト開発会社のユニリタが
ひっくり返すだけでクラウドサービスの起動・停止ができる
小型専用端末の提供を始める
という記事

ユニリタが開発した制御ソフトを搭載した
社用スマホなどと連携して使用するサービス

クラウドサービスを使用して業務をしている従業員が出社し
社用スマホに内蔵したアプリを起動し、専用端末をひっくり返すと
専用端末に搭載する加速度センサーが反応して、信号を発信

スマホが信号を受信し、ネットを経由して指示を出すと
サーバが起動してクラウドサービスが使用可能となる

もう一度ひっくり返すと、サービスを停止し、バックアップを取得
個人の使っているスマホと連携することで、誤動作やいたずら等を防ぐ

http://www.unirita.co.jp/info/press/170511_press001.htmlより

まずは、AWSに対応したサービスとしている
会計システムなどをAWSを使って運用している企業では
午前9時から午後6時など予め設定した起動時間で
料金を支払っている場合が多いようで、重宝する
サービスといえるかもしれない

複数人で利用できるソフトの使用料が月額2万円
専用端末は別途初期導入時に1台数千円かかるとしているが
果たしてどれだけの導入実績をつくることができるのか
その成果を楽しみにしたい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

企業の事務作業 効率化 クラウドで協業 SCSKとコクヨ…

2017-05-10 23:03:58 | NewsPaper
ある意味業種を超えた働き方改革は
今後も増えていくでしょうか…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『企業の事務作業 効率化
 SCSKとコクヨ クラウドで協業』

SCSKとコクヨが企業の働き方改革を支援する
クラウドサービスで協業すると発表した
という記事

両者のサービスを連携した「事務作業効率化ソリューション」

コクヨによるクラウド上で請求書などの帳票やファックスを
電子ファイルで配信する「@Tovas

SCSKによる現場の業務担当者が紙で管理していた情報を
クラウド上のデータベースとして一元管理できるサービス

これら2つのサービスを組み合わせ、クラウド上のでの管理を一元化
フリーアドレスで毎日席が移っていても、在宅勤務の従業員であっても
書類の散逸や、帳票が手元に届かないトラブルが防止可能
としている

https://www.scsk.jp/news/2017/press/product/20170508.htmlより

フリーアドレスや在宅勤務を導入する企業が増え、働き方が変化する一方で
取引先との請求書など帳票のやりとりでは固定席を前提とする紙を使った業務が残っている

オフィスの非効率を解消するべく、帳票を使った取引を
PC画面上の操作で可能にし、サービス導入企業の働き方改革に
つながるようにするわけだ


同様のサービスはまだまだ出てきそうだが
異業種間での協業によって、”働き方改革”が進むのなら
さらにこの動きは推進されてほしい限り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

IoTソフト 素早く作成 構築期間、4分の1に データ処理 パターン化 東エレデバ…

2017-05-09 22:39:20 | NewsPaper
ソフト開発を素早くする仕組みはおもしろい…


では、本日の日経産業新聞から、6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『IoTソフト 素早く作成
 東エレデバ 構築期間、4分の1に
 データ処理 パターン化』

東京エレクトロンデバイスが
あらゆるモノがネットにつながるIoTの仕組みを
短期間で導入できる技術を開発した
という記事

IoTの導入に必要なソフトウェアを
簡単な操作で自動作成できるようにした

「データの読み込み」や「不要なデータの削除」
「外部サービスとの連携」など、機能のいくつかを用意

顧客の求めに適用するパターンを選び出し
ソフト構築用の画面をつなぐだけでシステムを作成可能

生成したソフトウェアをゲートウェイに組み込んで使用し
定義した通りにデータを処理できる

開発だけでなく動作検証などにかかる時間も含め
開発にかかる時間は1/4に短縮可能

http://www.teldevice.co.jp/pro_info/2017/press_170509.phpより

企業がネット経由で使用できるソフト構築サービスとして提供
ソフト構築回数などに応じて課金する仕組み


ソフトウェアのインターフェイスの部分を中心に
モジュール化できる部分をパッケージ化したサービス
といえようか

あとは、顧客が実現したいデータの分析について
注力すればよいことになるか

発送としてはおもしろく、どこまで利用されるものなのか
そのレポートを待ちたい…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学習済みワトソン提供 新規導入しやすく 日本IBM…

2017-05-05 23:38:47 | NewsPaper
「ワトソン」がさらに使いやすくなるのか??


では、本日の日経産業新聞から、5面のデジタル欄からこの記事をピックアップ
『学習済みワトソン提供
 日本IBM 新規導入しやすく』

日本IBMが人工知能(AI)型コンピュータ「ワトソン」を使ったシステムを
短期間で構築できるように、特定の業界に特化したデータを学習済みの
ワトソンを提供すると発表した
という記事

ワトソンを初めて利用するには、用途別に効果的な情報を
学習させる必要がある

ユーザーが学習させる作業時間を短縮することで
導入のハードルを下げ、利用企業の拡大につなげていく
というわけだ


ワトソンの利用実績がある企業や専門性の高いデータを
大量に持つ企業と協業し、新たにワトソンを導入する企業が
短時間で利用できるようにする

協業する企業は、どれだけのレベルを持つデータを提供し
如何程の対価を得ていくのか、AIビジネスのさらなる発展に
期待したい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

物件の内見 スマホで解錠 まず関東で インベスターズクラウド…

2017-05-02 22:59:19 | NewsPaper
外国ではわりと普及しつつある
スマートロックが国内でも浸透していくでしょうか


では、本日の日経産業新聞から、5面のデジタル欄からこの記事をピックアップ
『物件の内見 スマホで解錠
 インベスターズクラウド まず関東で』

賃貸アパートの経営を支援するインベスターズクラウドが
不動産物件の内見用のカギをスマホで代用できるサービスを始める

という記事

住宅のドアに取り付けると、スマホなどで
玄関の鍵を開け閉めできる「スマートロック」を
自社の管理物件に導入する

入居希望者や仲介業者向けの内見予約サイト「mireru」を開設し
新しい仕組みを使った内見者を募集

利用者はサイドで空き物件の内見を希望する日時や個人情報を登録
登録後、特定のURLから内見の予定時刻から30分間は
自身のスマホを使って自由に鍵の開け閉めができる仕組み

https://form.e-inv.co.jp/cp/news/post/9853/より

不動産業者との鍵の受け渡しをなくし
手軽に内見できるようになるわけだ

部屋内にはタブレットを導入し
内見者と物件の所有者が直接会話できるようにし
内見者と不動産物件のオーナー双方の利便性を高める

まずは関東の物件数室を対象に導入開始
スマートロックの設置には費用を要するが
当面はインベスターズクラウドが負担

いたずらなどのリスク回避のために
内見時にはインベスターズクラウドの担当者が立ち会う


まずは試験導入だが、今後はサービスを拡大していくのか
その普及には期待したい
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽を全身で体感 ジャケット型機器 スピーカー数十個内蔵 博報堂…

2017-05-01 10:24:24 | NewsPaper
あくまでプロモーション向けであり
日常で着用するものではなく…


では、本日の日経産業新聞から、5面のデジタル欄からこの記事をピックアップ
『音楽を全身で体感
 博報堂、ジャケット型機器
 スピーカー数十個内蔵』

博報堂が音楽を全身で体感できる
ジャケット型のウエアラブル機器を
開発した
という記事

「ライブジャケット」と呼ばれる今回の製品

数十個の超小型スピーカーを内蔵し
一人ひとりの体の形状や動きに応じて
音楽の聴こえ方が変わる

低温や振動も全身で感じられ
ライブハウスで生の音楽を
訊くような体験ができる

http://www.hakuhodo.co.jp/archives/announcement/38600より

音楽を使った企業のプロモーションなどへの活用を想定
ロックやクラシックなど音楽の種類に合わせてスピーカーの数を調整可能
ジャケットのデザインも企業のプロモーションの内容に合わせて変更可能

なお、開発や音響の設定にはメディアアーティストで筑波大教授も務める
落合陽一氏と協業によって行われた


超小型スピーカーが数十個ということで
ジャケット全体の重量が気になるが
あくまでプロモーションを目的としており
一時的に着用して音楽を体感するものとしては
音楽リスナーなどにもウケるものでしょうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加