ITインフライターが日経産業新聞を読み耽る

ITインフライター(ITライター兼インフラエンジニア)のぐっちょんが日経産業新聞で日本の経済や産業を変える人を追いかける

デジタル文具技術 標準化 米で共同推進団体 筆跡データ、数十社と ワコム…

2016-10-27 22:54:07 | NewsPaper
デジタル文具が各社から出てきていますが
標準化ということでは、これからなんですね


本日の日経産業新聞から6面のデジタルBiz&Tech欄からこの記事をピックアップ
『デジタル文具技術 標準化
 ワコム、米で共同推進団体
 筆跡データ、数十社と』

デジタルペンなどを手掛けるワコムが、デジタル文具の共同推進団体
「デジタル・ステーショナリー・コンソーシアム」を米国で設立した

という記事

ワコムがノートに専用ペンで書き込んだ内容を電子データに変換し
保存や位置情報を把握できる文具を開発

この文具で使われる筆跡データのやり取りを標準化する自社のプログラム
「WILL(ワコム・インク・レイヤー・ランゲージ)」を国際的なフォーマットとして
推進しようと取り組んでいる

ワコムのシェア拡大を大いに狙った取り組みにも感じられるが
メーカーの垣根を越えてWILLが浸透すればハードウェアやOSに関係なく
筆跡データをクラウド上で共有することができることで
エンドユーザに大いにメリットがありそうだ

つまり、あるメーカーのタブレットに入力した筆跡データを
別メーカーのタブレットで開いて続きを作業する
といった互換性をあることができるわけだ


ワコムとしては、共有推進団体を立ち上げ、デジタルインク(筆跡データ)の
フォーマット強化やルール作り、技術としての素材をどう活用するかなどを話し合っていく

文房具メーカ各社がデジタル文具に力を入れているなかで
どこまで各社が協力してエンドユーザのためになるものが
開発されていくのか今後が楽しみな取り組みであります
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンクリ老朽化 ICタグで検知... | トップ | 作業員の異常を検知 監視カメ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL