泉を聴く

徹底的に、個性にこだわります。銘々の個が、普遍に至ることを信じて。

震災の傷跡

2017-04-20 10:50:20 | 
二年ぶりの気仙沼大島へ。
宿が亀山荘ということもあり、何十年振りかで亀山を登る。
以前は小学生か中学生のとき。そのときはまだリフトがあった。
木々が伐採されて痛々しい。残った松も、幹が焦げているものもあった。
気仙沼湾には石油タンクが並んでいた。
津波で流され、爆発し、湾は火の海になった。
火は大島にまで達し、亀山を焼いていった。
住民が総出で火消しに努めた。ポンプ車さえ流されて使えなかった。
落ち葉をどかしたり、火を打ち消したり。
ヘリコプターからの散水などもあり、何とかとか食い止めたけど、こんなにも傷跡が生々しく残っているとは思わなかった。
右手に見える砂浜は田中浜。
ちっちゃなちっちゃな松たちが植えられています。
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3.11を心に刻んで 2017 | トップ | 亀山山頂 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL