泉を聴く

徹底的に、個性にこだわります。銘々の個が、普遍に至ることを信じて。

参道

2017-05-18 13:38:38 | 
 13日の土曜日、1年振りの仙台へ。
 4月から、学生寮時代からの友人が仙台に戻っており、車を出して足になってくれました。ありがとう。助かりました。
 冷たい雨と風でした。この時期、仙台の雨は珍しいようですが、墓参りにはちょうどよかったのかもしれない。
 この石畳は、仙台藩主の伊達政宗の霊廟へと続いています。
 建物は戦争で焼けて建て替えられたものですが、石畳は戦火を免れたそうです。
 杉も立派で、樹齢380年を超えるものもあるそう。風が吹き抜けると杉のいい香りがしました。
 学生時代の前半を過ごした学生寮は八木山にあったのですが、正宗の墓も同じ山にあった。
 しかし、初めて訪れた。仙台を離れてからより仙台を知り、愛するようになり、原点には正宗がいた。
 あいさつに行かなくては始まらない、という感じで。
 骸骨からお顔の復元模型も作られていました。生誕450年と思えない現代にもいそうな凛々しい顔立ち。
 身長は159センチ。武将は勝手に大柄な人というイメージも覆りました。
 正宗の書が残されています。

 入そめて くにゆたかなる みぎりとや 千代とかぎらじ せんだいのまつ

 正宗が来る前、仙台は千代(せんだい)と呼ばれていた。
 その地名と千代(ちよ)をかけ、1000年と言わず永年に栄あれと願いを込めた。
 だから「仙台」そのものを正宗が作ったのでした。
 学生時代、こんな知識と感謝の念を持って過ごせていたらなあと思わずにはいられません。
 でも、仕方のないことです。
 とんちんかんなことを沢山して、させてもらって、やっと自分が見えてきた場所だから。
 
『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャスミン | トップ | 瑞鳳殿 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ふるさと (E・T)
2017-05-18 21:42:22
なんとなんと、6枚の写真の1枚1枚にコメントが載っている。
その1つ1つのコメントに、今のきくたさんを感じる。
よくも載せたり、よくも書いたり。

仙台はホントに、あなたの心のふるさとなんですね。

東京と言わずに、仙台で逢えたらいいな。
まっ、どちらでもいいけど
ふるさと (きくた)
2017-05-19 08:48:48
ほんとにそうですね。
私の心のふるさとは仙台です。
年を重ねれば重ねるほど。

写真を撮っても、言葉が湧かないものは掲載しません。その絵にどれだけ言葉が湧くか、は、その対象をどれだけいとしく感じているか、と比例するようです。

仙台で逢うのもいいですね。
あちこち案内したくなるかもしれないけれど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL