kazuhi49の写真館

山やお花や鉄道写真などなんでも撮っています

昼の瀬戸内海フェリーの旅

2017-07-13 10:07:45 | 旅行

瀬戸内海を関西から九州に行くフェリー🛳すべては、夜出て朝着く夜行便で、折角の瀬戸内海の景色を見る事が出来ません。
それを一年に4回昼間運行し、楽しませてくれる
クルーズがあり、前日LCCで関空に飛び乗船してきました。
さんふらわー ごーるど

見送りを受け神戸港から大分港に向け出航です。

船内ではウエルカムコンサートの開催です

私の部屋は4,200円プラスして個室部屋18,600円
、大分港に22時入港、船内宿泊4,000円の
合計22,600円也

お昼は豪華なお弁当付きです
これは自前

明石海峡大橋を通過します。

播磨灘に入ると、ブリッジ見学会がありますが。

船長の示した海図通りに、航海士が最新の機器により航海しますが、小型船、漁船などを避けながら緊張の航海が続きます。

ブリッジからでしか眺められない風景です

この船🚢の速力は21ノット(40km)
とにかく早いので、大型船をどんどん追い抜きます。

日本郵船グループのNYKバルクプロジェクトの
多目的貨物船INABA(因幡)です
今、ほとんどの外国航路の日本船はパナマなどの外国籍で、日本人はほとんど乗船していません。

15時15分予定通り、速力を落とし瀬戸大橋を通過


備讃瀬戸の海図 島だらけです

丸亀沖より讃岐富士(飯野山)を臨む

最大の難所、来島海峡としまなみ海道を17時15分通過

海図を見ると良くわかります。クランク航行です

魚釣水道を抜け、TOKIOのDASH島(由利島)付近で19時、日没を迎えます。

由利島は航路のすぐ北側にあります。

ここから広い伊予灘に進み、定刻通りに22時に大分港に到着、そして朝までぐっすり寝て8時下船しました。

夢は飛鳥Ⅱでの世界一周クルーズですが、BIGが思うようにいかず、この程度の贅沢で済ましていますが、とても楽しい船旅になりました。
船旅は終わりましたが、これから千葉の片田舎に帰らなくてはなりません。色々調べた結果、福岡空港✈️からLCCで成田に飛ぶのが一番安いので、
大分駅から、博多駅ヘ大好きな鈍行電車で出発です。JR九州はド派手な赤色だ、東日本では信じられない色ですね。
ちょっと回り道で門司港駅で途中下車、
雰囲気のあるプラットホームですね

駅を降りるとそこは関門海峡、中国、韓国から関西方面に行く、コンテナ船が往来します。

博多駅で豚骨ラーメンと生ビールで腹ごしらえし
福岡空港から成田空港行きのLCCで退屈な現実が待つ社会に戻りました。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山を撮るには成田〜関空... | トップ | ナガエミクリって知っていますか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。