中国民主活動家の死

2017-07-16 14:59:14 | Weblog


 中国の民主活動家のシンボルであり、ノーベル賞受賞者の劉暁波氏が死去した。中国には自由、平等、人権などは無いことを改めて世界に知らしめたことになったのではないか。
 中国国内では劉氏のノーベル平和賞受賞も知らなければ、大半の中国人は劉氏その人を知らないというこの言論統制の厳しさは異状ともいえる。
 「私には敵はいない」と言う劉氏の言葉を、中国人はもとより世界中の人々が忘れてはならないと思う。氏の死去は世界的損失にも等しい。中国の人々には意志をつないで欲しい。
 このことからふと思ったのは、11日より共謀罪が施行された。いつの日か日本でも戦前、戦中の治安維持法のような時代にならないかという事だ。自由も、平等も、人権も無い社会は人間の世界ではないからだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 核禁条約やっと前進 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL