宮古島のゆったり生活

愛知県から引っ越してきました。
家のこと,周りの様子をゆったりと紹介していきます。

パイナップルの挿し木

2017年07月16日 | 家庭菜園・果樹

市販パイナップルの食後の残った葉部分を挿し木した。

2方法あって,

①果肉上部を残したまま,そのまま土に埋める。

②果肉部分を取り除いて,葉と芯(クラウンと言うようだ)

にして,これを土に埋めるか水耕栽培する。

 

私は観察ができる②の水耕栽培の方をやった。

でも実は問題があって,購入品はクラウン部分がごっそりと

カットされていたのだ。

売り方までとやかく言えないので,それでも進行。

 

まず残っていた果肉部分はひねれば簡単に取れて,次に

葉を数段ほど取り除いた。

ネットではこの後23日乾燥させるなどの記事も

あったが,待てない私としては直ちに水へ。

 

腐敗を免れれば根は出てくると思うけど,新芽は果して

どうかな。基部が残っているかどうか。

中央からでなくても,横から脇芽の感じで新芽が伸びて

くれればOKなんだが。今後の経過も楽しもう。

 

庭に妻が植えたパイナップルがある。(上記①法)

ずっと変化無しだったのに,何となく新葉がしっかり

してきているようないないような。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  [パイナップルの挿し木]

 

   葉の上部が無い!       果実と分けて


 

   葉も取って                ビンに挿して


   庭にあるパイナップルの挿し木


 

 種からのアボカド 約3年 

 芯止めしつつ1.5m まだ花咲かず


  種からのカニステル 約6か月 15cm

 

  昨日夕19:00頃 雲が面白かったので

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾道 平良北コース巡り 5. ⑧ | トップ | 雑感・日記 -158- ウォーキング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園・果樹」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。