宮古島のゆったり生活

愛知県から引っ越してきました。
家のこと,周りの様子をゆったりと紹介していきます。

綾道 平良北コース巡り 7. ⑨

2017年08月09日 | 史跡・文化財


昨日の続きで今日は漲水御嶽向かいの ⑨蔵元跡。

「蔵元」とは琉球王朝(首里王府)の各島での行政庁。

「在番」と称す王府側からの派遣監視役の下,島人の

トップ以下が仕事をしていた役所。

さらに,支所の形で村番所が設けられていた。

何といってもいずれも収税が第一だっただろう。

 ※薩摩藩からの琉球統治の監視役も在番奉行と称した。

 ※城辺地区村番所跡について,本ブログで6回(9か所)の

  訪問記あり。

 

さて,蔵元跡と言っても形や名残りは一切なく,今は民家。

以前は木製標柱もあったのだが,今は無い。

ひょっとして写真を撮っていたかもと思って探したけれど

見つからず。

 

かつて石畳前には,ここら一帯の案内板(宮原昌茂氏の

回想図)が立っていたが,これも今は無い。

これが昨日のボヤキにつながるのだが。

しかし,漲水御嶽からの海側に公園があり,その入口に

再現した蔵元楼門があり,その階段の壁に回想図と同じ

パネルが埋め込まれているのでこれで様子がわかる。

これを見ると,大きな蔵元屋敷,祥雲寺前まで続く石畳道,

漲水御嶽は波際にあったなどいろんなことがわかる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  [蔵元跡]

 

  矢印に「蔵元跡」の標柱があった


 

   蔵元楼門(再現)             左階段壁にパネル


   パネル  漲水御嶽の近くには船が


 コースマップと合わせてみた  クリックで拡大

  ⑤観音堂 ⑦石畳道 ⑧漲水御嶽 ⑨蔵元跡

 

  <公園周辺>

 

 

   公園側から楼門           中央赤い屋根は宮古神社


 

  トックリヤシ        平良港埠頭から  奥にクルーズ船

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾道 平良北コース巡り 6. ⑦ | トップ | 種ができている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。