のんびりと・・・

写真を撮ること 食事のこと 庭の花のことなど自分が楽しい事を綴ります
  

屋久島3日目

2017-05-13 10:21:09 | 日々のこと

この日朝はくもり

山を登るにつれ霧雨となり

ムードたっぷりです

「紀元杉」推定樹齢3000年とあります

 

長い間あってみたいと思っていた

この凄い貫禄の杉にあえてとても幸せでした 

(出来るならこの杉の倍はあるという「縄文杉」にも会いたいものですが

それは私には無理!!)

 

 観光用に整備された歩道をぐるりと回るうちに

霧雨が本格的な雨になったのです

 

 

 

 

 

 

カメラを雨からかばいながら

滑らないように

シャッターを切ったのでした

 

晴天アリ

雨アリ

なかなか面白い楽しい旅でした

 

ただ

午後からは大雨で

飛行機が飛んできても着陸できないので

帰りの飛行機がなく

結局鹿児島へ渡り新幹線で夜中に帰宅ということになったのでした

それもまた思い出になるでしょうよ

 

まだまだ写真はあるのですが

一応これにて

屋久島紀行は終わります

 

今度はどこへ行こうかなあ~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋久島2日目 2 | トップ | 母の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (師匠)
2017-05-13 16:34:07
今回はシリーズ最強の出来だね^^
師匠としても、嬉しいし大満足

では、①からみていこう

縦位置で紀元杉を表現するのは珍しくないが、
木立の枝葉の濃淡で奥行きを表現し、バックカラーの無彩色もよく効いている
概ね、写真では白は過去形を表すので、まさに、堂々たる構図で年輪を感じる
秀作の域にある作品です
* この場合の天側からくる小枝(コエダ・コワザ)は、
アングル上 どうしようもないのだろうが、あった方がベターで、これまた良い^^

②杉の力強さを対角線上で有効に無駄なくフレーミングしている
 紅一点の花が、なんともご愛嬌だ

④人面葉のような落ち葉は、重厚な連写真群でひと息 入れさせてくれる
 このような写真も混ぜておくのは、重要なことだ

⑤は②のアップ系なので、語り尽くした

以上、観てきたが、上手い
断っておくが、私は滅多に褒めない人だ (笑)
kazueさん 行っただけの事はあったね
師匠(先生) (kazue)
2017-05-13 19:12:09
ヒャ~~!!ありがとうございます
うれしいです

雨の演出が良かったのだと思っています

椿を見つけた時は「シメタ!!」と思いましたが 同じものをアップしているとは・・・気が付いていないのでした

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。