本日も天下泰平、視界良好也!

Since 2010/9/29 チビおやじ発 ブログ人からgooへお引越し  

「変なおじさん」からタイトル変更

昭和が消える風景~団地編

2017年05月20日 07時36分16秒 | まち歩き

先日、日課のジョギング(でもない、単なるウオーキング?)に励むや・・・

こちらは市内郊外、某所・・・かなりの規模の団地街。 

団地・・・昭和30年代くらいには庶民憧れの住まいであったとか。

そう言えば当時のプロ野球のスター選手も新婚時の住まいは団地何て人もいましたな 。

 

しかし様子が少し変である。 窓ガラスが無い? そうか、取り壊しになるのか。

あっ、以前テレビで 住人の方々が高齢化、 自治会の運営もままならなくなって きた何て報道も。 (いや、別の団地だったかな、まぁ、よろしい。)

しかし住人の方々は一体何処へ行って しまったのか。 仮住まいでもされているのか。 ここでの生活、 家族の温かい団欒も有ったのでしょうし、食卓をも囲んでもいたのでしょう。

そうそう数年前の新聞記事で、付近のこちらの中学校、昔は始業時、登校する生徒でごった返し、

校門付近は朝の通勤電車さながら長蛇の列が出来ていたとか。

(今は少子化の折、スースーでしょう。)

団地は取り壊し後、「●●団地」から名称を 洒落た横文字の「何それ●●」に替え、

建て直しされるらしい。

ところで・・・ このような光景を目に留め、 記事にしてしまうこの私は、

自覚症状の無い廃墟マニアであったのか。

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スズキ初勝利 | トップ | 拳闘蘊蓄話~オトコ、ムラタ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL