Kazucci ブログ

Composer, Bassist 土村和史の活動内容など

色々楽器を弾いてみると楽しい

2017-07-11 22:15:48 | Weblog
 そういえば去年からちょこちょこエレキベースを弾く機会が増えてきました。
 ベース括りなのでウッドもエレキもアンサンブルでは同じような役割なんだけど適したジャンルが違うというか、まぁプレーヤー次第なんだけど。さらに持ち運びはエレキの方が圧倒的に楽なわけで、エレキを持ち歩く機会が増えるとだんだん「堕落」してきます。ウッドベースの方が適してると思ってもリハくらいならエレキで行けないだろうか、なんて考え始めたりします。けっこういい歳になって体力が衰え始めてるってのもあるかな。エフェクターのかかり方も圧倒的にいいので演奏の幅も広がって楽しい。まあつまり僕の中では全然別の楽器ととらえてるわけです。
 そうして別の楽器が楽しいってことに気づくと、家で箪笥の上の肥やしになっていたガットギターを弾いてみたくなったりします。そのギターだとまぁボサノヴァ、ショーロあたりかななんて感じでそういう教本を買って練習し始めるわけです、人に聞かせるつもりじゃないけど。楽しいんだよねえ、明らかにうまくないけど。
 あと去年ひょんなことから90年代にムッチャ弾いて歌ってた三線を引っ張り出しました。ひょんなことから歌をいくつか弾いて歌ってみました。歌えるキーが短3度低くなってて喉の錆付き具合にびっくりしながらもやっぱり楽しい。
 さらに25年くらい前に買ったセネガル製ジェンベもひょんなことから皮を張り直して、地元のサークルに属して叩いたりなんか始めてます。

 なにが言いたいかというと、楽器でもジャンルでもひとつのことを突き詰めるのも素晴らしいけど、なんか面白そうと思ったら今までやってきたことと違うことでもやったらいいよね、と。それで本業のウッドベースに向き合うと「ああ、やっぱり自分はこの楽器が一番好きだな」なんて発見もできます。空気を揺らす感覚が気持ちいい。アコースティック(音響)ベースとはよく言ったもんで、と思っちゃいます。
 あ、そんなわけでウッドベース(ダブルベース、コントラバス)がっつり弾く直近のライブは7/18(火)のピットインですかね。リーダーユニットの「ちゃんぷる合奏団」です。ユーラシア大陸の各地の音をチャンプルーしてお届けします。その週末22日の情報も貼り付けとこうかな。はいその日もウッドベースです。もちろんDAEBのソロ5度です。
よろしくお願いします。

7/18(火)新宿Pit Inn ちゃんぷる合奏団:森川拓哉(vn)福島久雄(g)立岩潤三(per) 14:30~
7/22(土)横浜・港南台CoZAの間 池田アースケ正博(djembe etc)木村秀子(p) 19:00~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月スケジュール | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL