玉野の1枚

随時玉野の紹介をします。

港フェスの準備

2017年05月11日 08時00分01秒 | イベント
今年も始まる港フェスティバル。 5月20日・21日の両日宇野港を中心に開かれ21回目を迎える。
つつじの会は、三井造船ミニクルーズでガイド担当。そのための準備をした。

宇野港を出港すると第1突堤の全体が見える。 全長280m 水深マイナス10m 3万トンクラスの客船バース。



出港するとカラス島の説明がいる。 向こうに見えるのが上カラス島。 手前が下カラス島で、中央に見える(干潮時)のが五人宗谷



途中割愛し、三井造船株式会社玉野事業所に移る。 二隻とも56型のバラ積み貨物船の建造風景(全長約200m)



2016年9月に進水し艤装中の潜水艦救難艦の「ちよだ」5,600t 全長128m



ドックに入っているのは、1990年7月27日に進水した音響測定艦「ひびき」2,850t 全長67m



この空母のような艦船は、2000年11月29日に進水した輸送艦「しもきた」8,900t 全長178m



ここは、三井造船の心臓部(船の心臓部でもある。)舶用エンジンの積み出し港。 舶用エンジンの国内50%強がここで制作され、多くがこの建屋から輸送される。



この後は、中国電力の送電線や、直島の説明に移り、「闘病禁止」??間違えた「投錨禁止」の説明で宇野港に帰る。 

このミニクルーズは観光船「むくじ丸」でおよそ45分間で乗船料1,000円 一日6便を予定
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宇野港に客船が2隻 | トップ | 五人宗谷(そわい) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。