玉野の1枚

随時玉野の紹介をします。

浦島太郎かな?

2016年10月17日 08時12分05秒 | 旅行
50ン年振りに訪れた京都府。手話サークルとろう協合同の旅行。 先ず宇治の平等院へ・・・
この橋は豊臣秀吉が茶会を開いた場所に架かっており、欄干が広がっている。(宇治を表す手話となっている。)



平等院はなんだか時代が経過しているにも拘らず美しさが増していた。

        

次は、京都市伏見区にある日本三大稲荷の一つ、伏見稲荷へ・・なんと!!人が多い。50ン年前には、こんなに多くいなかった。特に外国人が多い。

              

                     

鳥居を奉納するための必要経費の案内があった。

                            

地方では、景気が低迷しているようだが、ここは別世界で、大きな鳥居(10号)が乱立していた。 景気がいい人も大勢いるようだ。
浦島太郎もビックリするやら納得するやら。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 随一の高さを誇る山城 | トップ | 潜水艦救難艦が進水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。