猫の気持ちになってみろ

愛猫「チコ」がぷるぷるしてます

座頭市と用心棒

2017-07-17 00:33:55 | 映画
座頭市と用心棒
1970年日本 監督:岡本喜八 キャスト: 勝新太郎、三船敏郎
★★★☆☆

座頭市シリーズ第20作目。「用心棒」こと三船敏郎を迎え、二大スター夢の対決が実現!
3年前に訪れた蓮華沢の里を訪れた座頭市(勝新太郎)は、そこが小仏の政五郎の暴力によって仕切られているのを知った。
政五郎は用心棒の浪人・佐々大作(三船敏郎)に100両で市殺しを依頼するが・・・
∞∞∞∞∞

人間臭い作品ですな。
人間、死んだらゴミと一緒。しかも、いつ死ぬかわからない。
そんな生々しさが画面全面から出てます。

若尾文子さんの艶めかしい色気も、また人間臭い。
そんな人間臭い人々が騙しあったり、殺しあったりする映画。

そしてラストは・・・

待ってましたの、座頭市 VS 用心棒!
見事な殺陣でした。

ま、ちょっと企画モノてきなところはあるんですけどね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時代屋の女房 | トップ | 高校野球栃木大会 2回戦 作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事