神海(シンカイ)‐ハルノウミナナキソナキソ…arena8order 慧會隴

私腹ノート。黒革の…It's wonderland!!!

Twitter…@arena8order 他

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1. 脊髄(spinal cord…)脊椎動物のもつ神経幹。

2013-10-10 06:47:59 | 日記



#zuie #zuii #髄 #蕋 #髓 #ズイ #ニスカ条約 #NISGA'A… #Apache #uram.Kl. #ニスカ #BC #band609 #Nisca #killer #ккк #yl #UNI #oroti #sash. #nasca. #XXX


脊髄 - Wikipedia
http://p224.pctrans.mobile.yahoo-net.jp/fweb/101049q40GqmBRo8/0?_jig_=http%3A%2F%2Fja.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E8%2584%258A%25E9%25AB%2584&_jig_keyword_=%90%91&_jig_done_=http%3A%2F%2Fsearch.mobile.yahoo.co.jp%2Fp%2Fsearch%2Fonesearch%3Ffr%3Dm_top_y%26p%3D%2590%2591&_jig_source_=srch&guid=on


脊髄


図1 ヒトの脊髄

図2 頸髄の断面模式図。


脊髄(せきずい、英:spinal cord)は、脊椎動物のもつ神経幹。

脊椎の脊髄腔の中を通り、全身に枝を出す。

脳と脊髄を合わせて、中枢神経と呼ぶ。

脊椎の中を通って脳につづき延髄とともに中枢神経系を構成する長い器官である。


構造[編集]

ヒトの脊髄は、延髄の尾側に始まり、第一腰椎と第二腰椎の間の高位で脊髄円錐となって終わり、終糸と呼ばれるひも状の繊維につながっている。

脊髄から直接出ている神経は神経根と呼ばれ、神経根が脊髄腔から出る高位によって、頸髄、胸髄、腰髄、仙髄、尾髄に分けられる。

ただし人間では、尾髄は退化的である。

脊髄は脊椎より短いため、脊髄の高位と脊椎のそれとは一致しておらず、脊髄の末端より下位の脊髄腔には神経根のみが伸びており、馬尾と呼ばれる。


脊髄の断面[編集]

図3 脊髄断面

図4 左:灰白質のレクセドの層分類。右:他の呼び方。


脊髄の断面は、縦走する神経細胞で構成される白質が、神経核(神経細胞体の集まり)である灰白質を囲む構造となっている。

これは脳における白質、灰白質の関係と逆転する。

中央には第4脳室の続きである中心管がみられ、脳脊髄液で満たされる。灰白質部分は、(図6下側より)前角、側角、後角に分かれ、脳から降りてきた運動に関わる神経は脊髄前角で運動ニューロンにシナプスを作って連絡する。

この連絡箇所は上肢・下肢に向かうニューロンが出る際に多くなり、頚部には頚膨大、腰部には腰膨大の膨らみとして肉眼でも観察できる。

灰白質は、存在する神経細胞の性質によって分類される。

前角には遠心性神経の細胞体があり、脳から降りてきた運動に関わる神経は脊髄前角で下位運動ニューロンにシナプスを作って連絡する。

後角には末梢から入る求心性神経とシナプスを形成する神経細胞体がある。

また腰髄・胸髄だけに側角があり、ここには交感神経の神経細胞体がある。灰白質はさらに組織学的に幾つかの部分に分類される。

さまざまな分類方法があるが、最も広く用いられているのは、スウェーデンのレクセド (Bror Rexed) による層分類である。

彼はネコの脊髄を使って灰白質をⅠからⅩまでの10層に分類した[1][2][3]。

白質は大きく前索、側索、後索に分けられるが、前索には上行路として前脊髄視床路、下行路として内側縦束、前皮質脊髄路、視蓋脊髄路、橋網様体脊髄路、前庭脊髄路、延髄網様体脊髄路がある。

側索には上行路として脊髄視蓋路、脊髄オリーブ路、外側脊髄視床路、前脊髄小脳路、後脊髄小脳路が、下行路として赤核脊髄路、外側皮質脊髄路がある。

後索には上行路として薄束、楔状束が、下行路として半円束、中間縁束がある。

また、前索、側索、後索のいずれの部分でも、灰白質と接した部位は脊髄内の上下の連絡を行う神経線維の通る部分で、ここを固有束という。(主な伝導路については後述する)

脊髄は髄膜と呼ばれる三層の膜に包まれており、外側から硬膜(脊髄硬膜)、クモ膜(脊髄クモ膜)、軟膜(脊髄軟膜)と呼ぶ。

すべての髄膜は大脳半球および脳幹を包むそれぞれの膜と一体になっている。脳と同様、クモ膜下腔には脳脊髄液が存在する。

神経根の間の軟膜の外側は歯状靱帯となって硬膜に付着し、脊髄を固定している。

硬膜は第二仙髄の高位で閉じている。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Zuie(i) Oracl(Oracle) XXXXXXun... | トップ | 10月9日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。