神海(シンカイ)‐ハルノウミナナキソナキソ…arena8order 慧會隴

私腹ノート。黒革の…It's wonderland!!!

Twitter…@arena8order 他

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボケ(木瓜)は、バラ科の落葉低木。学名Chaenomeles speciosa(シノニムC. lagenaria)

2012-08-25 11:38:17 | 日記
ω

ボケ (植物) - Wikipedia
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B1_(%E6%A4%8D%E7%89%A9)



ボケ (植物)
ボケ

ボケ

分類
界 : 植物界 Plantae
門 : 被子植物門 Magnoliophyta
綱 : 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
目 : バラ目 Rosales
科 : バラ科 Rosaceae
亜科 : ナシ亜科 Maloideae
属 : ボケ属 Chaenomeles
種 : ボケ speciosa

学名
Chaenomeles speciosa
和名
ボケ
英名
Flowering Quince


ボケ(木瓜)は、バラ科の落葉低木。学名Chaenomeles speciosa(シノニムC. lagenaria)

実が瓜に似ており、木になる瓜で「木瓜(もけ)」とよばれたものが「ぼけ」に転訛(てんか)したとも、「木瓜(ぼっくわ)」から「ぼけ」に転訛したも言われる。帰化植物(平安時代)。学名のspeciosa は 美しい、華やか 、Chaenomelesは 「chaino(開ける)+ melon(リンゴ)」が語源。花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」。



原産地:中国大陸。

日本に自生するボケはクサボケといわれる同属の植物。


形態


生活形:落葉低木

樹高:1~2m。

枝:若枝は褐色の毛があり、古くなると灰黒色。

幹:樹皮は縦に浅く裂け、小枝は刺となっている。

葉:長楕円形・楕円形。長さ 5~9cmで鋭頭でまれに鈍頭。基部はくさび形で細鋭鋸歯縁。

花:3~4月に葉よりも先に開く。短枝の脇に数個つき径2.5~3.5cm。色は基本的に淡紅、緋紅。白と紅の斑、白などがある。


性質


好陽性で土壌を選ばない。移植は容易で、大気汚染・潮害にはさほど強くない。

日本では本州から四国、九州にかけて植栽、または自生。温暖地でよく育ち北海道南部では種類が限定される。


用途



満開のボケの花(4月8日)




庭園樹としてよく利用され、添景樹として花を観賞する目的で植栽される。盆栽にも用いられる。

実を果実酒などにすることもある。


関連項目


木の一覧


クサボケ

同属の植物にクサボケ(草木瓜、Chaenomeles japonica 英名Japanese quince)がある。50cmほど。実や枝も小振り。本州や四国の日当たりの良い斜面などに分布。シドミ、ジナシとも呼ばれる。花は朱赤色だが、白い花のものを白花草ボケと呼ぶ場合もある。果実はボケやカリン同様に良い香りを放ち、果実酒の材料として人気がある。減少傾向にある。

外部リンク


日本ボケ協会

ボケ:かのんの植物図鑑 [リンク切れ]

花300:学名についての説明
ジャンル:
モブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさかり(なたわり)かぼちゃ(... | トップ | ] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
そろそろ夏も終わり? (快傑夏恵)
朝方はだいぶん涼しくなってきたとか言うけど