訳わからん このシャバは

今こそ日本人に問う。本当に日本を解体しようとする民主党でいいのか。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

菅民主党内閣は国家解体の為の臨時革命政府

2010年06月12日 05時48分14秒 | Weblog
←ちょっと押してね♪
にほんブログ村 政治ブログへ←ちょっと押してね♪

【筆者記】
戦後始って以来の危険な本格的左翼政権、人の揚げ足取り、批判なら一人前、ただパフォーマンスだけが唯一とりえのの管直人内閣が誕生しました。
鳩山由紀夫と違い、単純に感情をあらわにする管直人は鳩山と同様に権力欲は人一倍強く、すでに民主党の体表選には昨年の5月を除き、7回出馬しているほどトップにならなければ気がすまないわがままな男です。
「言葉の軽さ」「行動の軽さ」においては引けをとらないが鳩山前総理と違うところは非常に暴言が多く感情の起伏が激しく冷静さを失うことだ。ただ頭がどこを向いているのかさっぱりわからない八方美人の鳩山より左翼思想にかぶれた腹黒い菅直人は日本にとって非常に危険な男であることは間違いありません。
しかし、国家に多大な損失を与え、国民の信頼、信用を失い、崩壊するべくして崩壊した鳩山政権、驚くことに次の内閣のトップがなんとその内閣の副総理菅直人がまさか総理大臣に就任するとはたまげたと言うより日本の政治の脆弱性に呆れるばかりだ。
会社で言えば大きな赤字を出し、社員や株主さんに迷惑をかけ社会的信用を失墜させた役員であるナンバー2の副社長が社長になったと言うことと同じではないか。
つまり福島と赤松が抜けたぐらいであとの閣僚は居残りかスライドだ、つまり中身はほとんど変わっていないということだ。
要は菅内閣は鳩山内閣の引継ぎ内閣であり ただ表の看板つまり名称を変えただけで内閣の本質はまったく変わっていない。いや鳩山よりもっと悪質になったのが菅内閣である。たちが悪いといえばいいと思うがまさしく左翼市民運動をやってきたものが日本の政治のトップになったと言うことを考えれば日本で初の本格的左翼政権が誕生したといっていい。
あれだけの困苦民(国民)の不信と不安を与えた鳩山内閣の副総理であった管直人本人も連帯責任を負わなければいけないはずだ。それがまるで他人事のように副総理が内閣総理大臣にになるというのは一般の社会常識から言って信じられないものです。
しかし、その菅内閣の支持率が高いと言うからわが国民の政治的レベルはいったいどうなっているのか。
菅内閣の主要閣僚もほとんど留任であり、政策の整合性を考えるなら、首相が変わっただけで前政権から大きく変化するということはありえないし、あるべきでない。
前政権の副総理、戦犯だと言うことが国民は理解できないらしい、なんと平和な、そして愚かで騙しやすい国民だ。菅直人は心の中でそう思っているに違いありません。
菅直人は以前、朝まで生テレビで面白いことを言っていました。
▼菅直人「テレビという媒体もっている特性を大宅壮一は40年前どう言いました。「一億層白痴化装置」と見事に言い当てているじゃないですか」
▼田原総一郎 「総白痴化になってるかな?」
▼菅直人「なってますよ」
▼田原総一郎 「なってないよ」
▼菅直人「なってますよ」
▼田原総一郎 「全然違う!」
▼菅直人「なってますよ! だから自民党が勝ったんじゃないですか!」(周囲あきれる)
▼平沢「それは国民を愚弄していますよ。だったら菅さんはなんで勝ったんですか」
▼菅直人「一億総白痴化じゃないですか」
▼田原総一郎 「こんなこと言ってるから民主党は政権とれないんだよ。馬鹿馬鹿しいこと言ってるから」
▼菅直人「田原さんそんな言い方止めてくださいよ」
▼田原総一郎「馬鹿馬鹿しいよ」
▼菅直人「あなたのほうがよっぽど馬鹿馬鹿しいじゃないか!」(※キレ気味)「民主党がどうのこうのは撤回して下さい。菅直人どうこうはいいけど、民主党どうこうは撤回して下さい」
▼田原総一郎「イコールです」(冷静に)
▼菅直人「なんでイコールですか」
▼田原総一郎「(あなたは)元代表だから」
(略)
▼田原総一郎「要するに大宅壮一さんが40年前に言って、日本の国民が白痴化したのかっていうの」(周囲してない…)
▼菅直人「しました。読まなくなったじゃない!ものを」(管直人は完全に自民党に勝たせた国民をバカにしています。)
▼不詳・「ちゃんと判断ができてますよね。少なくともホリエモンさんは当選しなかったわけですから。株式市場よりよっぽど冷静な判断をしている」
▼田原総一郎「こないだの参議院選挙で民主党は自民党に勝った。あれは国民が馬鹿だから民主党が勝ったのか?」
▼菅直人「あのね。田原さんも田原さんらしくないけど、私が言っているのは大宅壮一が・・・」
▼田原総一郎「そんなことはいいの、具体的にね」(ガヤガヤ)
▼菅直人「そんなね重箱の隅みたいな話をいちいち」
▼田原総一郎「あ、選挙重箱の隅だって。そんな馬鹿みたいなことを言う男がいるから民主党はダメなんだ」
←ちょっと押してね♪
にほんブログ村 政治ブログへ←ちょっと押してね♪

さあ、皆さん、これが菅直人の正体です、夏の参院選でもし自民党が勝ち民主党が敗北したならば国民はバカだということです。
また、菅直人はサッカーのワールドカップが大嫌いだそうだ。ある記者によれば「ワールドカップは民族主義を煽り右傾化を撒き散らす非常に危険なスポーツ、だから私はきらいだ」と言ったそうである。
やはりこの左翼市民運動上がりの男には国家と言うものが邪悪なものに映っているようです。地球市民という言葉はわかるが国家、国民はまったく理解していないということなのだろう。そんな輩に国家のあり方などわかるはずがありません。
全共闘時代、革命思想にかぶれ、日本において民主党が主導する社民主義革命をなし崩し的に行おうとする政治家が日本のトップにたつなど総理として資質にも問題もあるが日本は三権分立をも否定する菅直人が総理の座についたことで大変危険な状況になったと思わざるを得ない。
国旗、国家法に反対してきた菅直人が総理、日本の国旗に反対し、日本を貶めてきた男が日本の政治の舵取りをするんです。どうですか。祖国を愛せないものが日本の総理大臣ですよ。
国旗に敬意を表すことすら出来ないものが総理大臣になる資格などあるはずがないではないか。こんなものは常識だ。また菅直人は韓国南朝鮮の李昭博大統領との就任報告の電話で日韓併合100周年について謝罪する意向を示したと言うから驚きだ。日本の歴史の真実を知らない男が総理です。村山、河野談話同様、菅談話が近く示されるのではないだろうか。
したがって鳩山や小沢が辞任しようと菅直人が総理になろうと民主党の詐欺体質それに左翼体質はまったく変わっていなのだ。

北朝鮮による拉致被害者の家族会は6年ぶりにデモ行進を行い全ての被害者の一刻も早い救出を訴えると同時に代表の飯塚さんら家族会5人の方々は就任後始めて管総理と面会し拉致問題の全面解決を求める要請書を手渡しました
これに対し、管総理は「ご家族の苦しみや悲しみ怒りを思うと申し訳ない気持ちでいっぱいとして最大限の努力をする考えを示したそうだ。
なんと白々しい男ですか、今までなんの興味も示さず、拉致問題をほったらかしにしていたのはこの連中、民主党の左翼グループです。こともあろうに拉致実行犯の朝鮮人シンガンスの釈放助命嘆願した男が「申し訳ない気持ちでいっぱいです」とはなんと陰険な男だろうか。今まで拉致被害者の皆さんにそっぽを向き、何もしてこなかったこの左翼男が今や総理大臣とは日本の政治家としてではなく、一人の人間としてよくもまぁ堂々としていられるものです。人としての道理がまったく分からない連中が集まった民主党、こんなのが政権をとるためにマニフェスト詐欺を行い、嘘がばれたら開き直りまさにサヨク未熟児内閣とはこのことです 
しかし、拉致被害者の方々に一度でもいいからお得意の騙しパフォーマンスで今までの裏切りに土下座したらどうだ。騙されやすい国民は拍手喝さいすること間違いなしだ。
しかし、なにの政策もなく、また甲斐性もないくせに「最大限の努力」とはいったいなんだ。どうするつもりなんだ、例によってその場合わせの愛想だけで取り繕うなんてふざけるのもいい加減にしろ。
こいつらは拉致被害者の皆さんよりシンガンスのような拉致実行犯の命のほうが大切なんです。前にもいたな、あるテレビ討論で被害者の遺族に向かって「加害者にも事情がある・・・」などと犯人を擁護した民主党の平岡秀夫、交通事故で障害を持っていた16歳少年を15、17歳の少年たちが暴行し死なせた青木悠君リンチ殺人事件である。
http://yabusaka.moo.jp/outu01.htm
その母親の青木さんに向かってこんなむごいことを平気で述べた平岡秀夫、普通の人間ならば絶対に言えない言葉です。こんな鬼のようなクソボケがいる民主党になにを期待するのか、できるはずがないだろうが。

極左暴力集団に所属していた千葉景子もいるこの内閣は北朝鮮、朝鮮総連と密接に結びついている左翼仲間が集まった内閣だ。
つまり北の工作員と一心同体なんです。そして民主党の支持母体が韓国在日本大韓民国民団とくればまさしく祖国を蔑ろにする亡国内閣といわざるを得ない。
したがってその亡国戦略の延長線上に朝鮮人の地方参政権の付与という問題がしっかり絡んでいるんです。朝鮮人に地方参政権を渡す、これは最初から仕組まれた、地方から日本を解体させようとする民主党の革命戦略のひとつです。そして内からは日本の家族制度も夫婦別姓法案で解体し、子供は政府が育てるとして子供手当てを給付することで国家主義を全面に押し出し、日本の解体を朝鮮人と画策し日本という国家をなきものにする。これが民主党の本質であり極めて危険な政党だと言わざるをえません。
国民の約束など当たり前の民主党、全て選挙に勝つためにはつじつまの合わない公約も平気で出し、嘘をつくことなどお構いなしだ、そのためには国民を騙すための人気取りパフォーマンスはお得意そのもの。あの仕分け作業がいい例ではないか。「蓮舫氏はテレビ用大臣」だと渡部元副議長が言ったそうだ。二番ではいけないんですかと言ったチャン帰化人が日本の閣僚になるとは日本も末期症状です。
こんな幼稚園児が集まった党に国家戦略などあるはずがありません。あるとすれば詐欺まがいの選挙公約と謝れば済むだろうという居直りと責任転嫁だけである。
つまり菅直人内閣は日本の国家解体を目論む鳩山の偽装、仮面内閣であり中身はまったく変わっていないのだ。
民主党が詐欺まで働いて盗んだ政権、どんな卑怯なやり方をやろうが、朝鮮民主党を政権から引きずり降ろさなければいけません。

←ちょっと押してね♪
にほんブログ村 政治ブログへ←ちょっと押してね♪
『政治』 ジャンルのランキング
トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民主党は政権選択選挙である... | トップ | 日本国民は絶対に売国奴、菅... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホリエモン (ホリエモン)
えっ・・・あのホリエモン?そうです、あのホリエモンが帰ってきたようです。それも、あなたにお金儲けの話を持って!必見です。
菅政権の郵政改革法案取り扱いの功罪 (普通のおっさんの溜め息)
 私は9日の「菅政権と国民新党」のブログに、いずれにしても郵政改革法案の取り扱いが、菅さんの最初の腕の見せ所になるような気がしますし、それが参院選の結果に繋がってくるかも判りません。と書きました。 そして結果的には、 民主党はこの日の国民新党との幹事長...
民主主義を破壊する「民主党」は出直しが必要 (賭人の独り言)
昨年の政権発足後すぐに、政策の立案、決定を政府に一元化して「政府主導」を徹底することと、 民主党 所属の議員全員に 議員立法 の原則禁止を通達し、政府・与党の二元的意思決定をやめる挙に出た民主党がまた また、民主主義の基本・三権分立を破壊する挙に出た。玄葉...
下天は夢か・・・“亡国の宰相”菅直人の三日天下を嗤う (八田修一・奇跡の言霊ブログ(旧・奇跡の占いブログ))
菅直人が、第94代内閣総理大臣に指名された。自民党員歴がない首相は村山富市以来16年ぶり、世襲ではない叩き上げの首相誕生。朝日新聞や日刊ゲンダイをはじめ、左翼マスゴミが喜んで持ち上げそうな経歴だ。菅を「日本国総理ではなくせいぜい“武蔵野市長”がお似合いだ...