言わなければよかったのに日記

 私が見たこと、聞いたこと、感じたこと、頭にきたこと・・・を(ありのまま)に伝えます。

道徳心のこと

2017年03月06日 | 教育

 いま、国会で話題になっている〇〇幼稚園での愛国教育のことです。私は(愛国)(教育勅語の内容)などおかしいことではないと思っています。ところが、戦前・戦中の教育があまりにも偏重しすぎたことの反動がまだ残っていて受け入れがたい状況です。

 例えば、教育勅語の「・・・我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ・・・」の部分は、(我が国民は忠義と孝行を尽くし)と訳せます。いまの国民主権で云うと、(人として忠義と孝行を尽くそう)ということです。人として当たり前の云っているのです。ましてやいまの日本人に欠けていそうな心構えのことです。

 ぜひ、道徳の授業を充実させて学校のみならず地域・家庭で道徳心を育んでいくべきです。教育勅語を暗記させることではなく、日本人として、人として生きていくための心構えを育んでいくことが大切だと思っています。

 心の教育は(教え、諭す)のではなく、(はぐくむ)ことだと思うのですが。子どもたちの心醸成のために私も何らかの形でお手伝いしていきたいものです。

 今日の天気(一時) 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歴史探偵ごっこ 余話 | トップ | (続)道徳心を »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。