言わなければよかったのに日記

 私が見たこと、聞いたこと、感じたこと、頭にきたこと・・・を(ありのまま)に伝えます。

郷土研究会に

2017年07月15日 | 歴史探偵
 今日は求麻郷土研究会の例会巡検が山田地区だったので飛び入り参加してきました。
 資料館近くの(空月院跡)からスタートでした。ここのお堂は遠い親戚の家にあるのですが仏さまがおられます。“三宝荒神”なのか“金剛夜叉明王なのか”よく分かりません。検校(けんぎょう)さんがおられた寺(坊)であったことは、家の後ろにあるお墓からも推測されます。目が見えなかったり不自由だったりしたことで僧籍にはいられたようです。お墓には“座頭”という言葉も見られました。“座頭市”がいたのかもしれません。

 写真は石塔を見ているところです。この石塔には「見先死霊神」と刻まれています。嘉永元年とありますので(1848年)200年近く前に建てられた石塔です。私が以前に近くの方に聞いたところでは(ここまで来られたヤンボシさんが亡くなりその人のお墓、持っておられた仏さまは近くのお堂にある)ということでした。こういう話にはよくヤンボシさんが登場します。よく分からない石塔の一つです。
 最後に歴史民俗資料館にも立ち寄ってもらいました。最近、調べている“吉州和尚椅像”も見てもらいました。
 15名ほどの参加でしたが、ほとんどが60歳を超えた人たちです。この猛暑の中、たいへんでした。したがって昼も早めに解散も早めになりました。でも皆さん、熱心でした。今日は歴史探偵ごっこの一日でした。

 今日の天気()
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月14日 | トップ | 7月16日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。