清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

天皇杯3回戦突破!敵ながらあっぱれ!

2017年07月12日 | 清水エスパルス

天皇杯3回戦は福島県代表のいわきFCとアイスタ日本平での対戦です。福島県社会人リーグのいわきFCはカテゴリー的にはJ1リーグを1部とするなら7部になるようですが、その戦力は侮れません。スポーツメーカーのアンダーアーマーの出資で練習環境はJ3のチームよりも優れているかもしれません。すでにJ1のコンサドーレ札幌を倒して勝ち上がってきました得体の知れない相手でしたが、想像通りの体つきでした胸はパンパン尻はムチムチ鍛え上げられている肉体ですねこれは油断のできない相手です

エスパルスはG大阪戦からカヌが角田に代わって、金子がテセと代わっただけのガチメンバー油断はしていないようです。しかし、試合直前に松原が出場回避してカヌが先発してベンチには野津田が入りました。松原は大丈夫なんだろうか心配です。

フィジカルの強いいわきFC相手にどういう試合展開になるのかなと思っていたら試合開始早々、二見のロングスローから長谷川悠が頭で合わせて清水エスパルス先制!いわきFCとしては意表を突かれた二見のロングスローだったんでしょうね仙台時代に二見のロングスローって、スゲーなぁと見てたけど、エスパルスでは最初の頃、練習試合でロングスローやってたけど、最近は封印?なんでだろう?肩でも壊したのかなと思ってたら、ここで封印を解きましたね長谷川悠、テセ、カヌ、角田と空中戦に強い選手も増えたのでスローインからもゴールへの期待が増えそうです

ガンバ戦で出場停止だったんでテセが最後までプレーしたけど、今日の試合で一番、動きが噛みあってなかったのはテセでした能力は一番高い選手だと思うんだけど、ここ最近は精彩を欠いている。ちょっとしたことなんだけど、ボールを受けてから時間がかかり過ぎたりして、チャンスを逸するわけじゃないんだけど二番煎じを味わってるガンバ戦が自分が不在で勝利したんで自らのゴールで勝利に導きたい気持ちが強いのかな。デュークにゴールを採らせてやろうぐらいのほうが力が抜けて良いプレーになるんじゃないかなと思う。

いわきFCが強靭なフィジカルでガッチリ守られたらやばいかもと思ってたけど、エスパルスが先制できて良かった。でも、いわきFCはガッチリ守ろうなんて考えていないようでした。一貫してエスパルスの裏を狙ってきます泥臭く何度でも攻める姿はエスパルスにいた岡崎慎司を彷彿とさせるフィジカルも凄いんだけど、スタミナも凄いそれは脅威。でもね、経験値が足りないのかな。大事なところで置きに行っちゃったんでシュートスピードが落ちる。六反のスキルも高いんだけど、フィニッシュはもう少し思い切りよかったらマジでヤバかったあとはセットプレーでのマークのルーズさは課題ですね。このチームに杉本龍勇さんにフィジカルを指導してもらって手倉森監督を招聘したら面白いチームになりそう

試合後はいわきFCの健闘を称えてエスパルスサポーターからも大きな拍手が送られました敵ながらあっぱれです!

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は天皇杯3回戦 | トップ | 日曜日は『清水巴川灯ろうま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

清水エスパルス」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。