清水エスパルスとラーメンと私。

大好きな地元クラブチーム『清水エスパルス』のお話、静岡県内の『ラーメン』情報、私の生態(笑)  地域密着系ブログ♪

勝てなかった?負けなかった?C大阪戦

2017年06月17日 | 清水エスパルス

最初にテセのゴールが決まり、最後の最後で清武にPKを決められて、1-1で試合終了。勝ち点2が零れ落ちていった・・・最後の交代でデュークを下げたけど、なんか、今日の試合はデュークが勝利のカギを握っていたように見えたあんだけ走っているから疲れは感じたけど、今日の試合はデュークとユン・ジョンファンにボールが集まったラインアウトしたボールが、なぜか?セレッソの監督へ行く最後の最後に交代カードで時間を消化しようとするのはわかるんだけど、微妙なバランスだったんで角田を入れてどうなるんだろうと思ったら、松原が手を上げていましたチッ

試合開始早々、チアゴのクロスにテセが合わせて清水エスパルスが先制!テセの復活ゴールチアゴのクロスに絶妙に合わせたのを見て連携を深まったのを感じたけど、その後は守備一辺倒時よりカウンター攻撃を仕掛けるけど、あそこはスルーしていたらというシーンがあり、まだ攻撃ではイマジネーションが共有できていないようにも見える。連携面には課題があったけど、単騎突破では攻守にデュークが存在感があった。デュークと松田陸が競ったのはデュークのファールになっちゃったけど、あれは村上主審の誤審。デュークのフィジカルにセレッソの選手はユニを引っ張るしかなかった。チアゴの突破にもセレッソの選手はユニを引っ張ってばかり。挙句の果ては、自分のファールで痛がって転がる?最近、こういうのが多い。それは日本の審判の低さが引き起こしている現象だと思います。村上主審はエスパルスの絶好のカウンター攻撃を石ころになって止めるし、最近の村上主審は酷い。

最後の最後にPKで追いつかれたけど、GK六反のセーブは素晴らしかったセレッソの決定機をよく止めてくれた枠に飛んだ決定機の他にもセレッソには多くの決定機があったけど、杉本健勇の荒削りに助けられた最後の最後に追いつかれたので勝てなかった印象が残ったけど、スタッツの数字を見ても負けなかった試合として受け止めるべきなのかもしれない。

チアゴ・アウベスがボールを奪われると松原后が敵を討ち。その松原后がボールを奪われるとテセが敵を討つ。いいチームじゃないのこれからも、このチームを応援しますよ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は清水エスパルスの試合... | トップ | 牧之原市 『秋葉公園』の紫陽花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (桜サポ)
2017-06-18 06:39:55
ウチの選手がユニを引っ張った件については気にしないでください^^;あれはユン監督の指示によるものなので。。

あとウチは攻撃がまだまだ発展途上なのでJ1下位でもない限りは普通に苦戦してしまいます。まあお互いまだまだこれからということですね。
桜サポさんへ (びにてん)
2017-06-19 21:41:09
別にセレッソがどうかというよりも村上主審の目がしっかりしていればいいんですよ。最近、エスパルスは村上主審から正当なジャッジを受けていないので不満があるんです。
同じ昇格組ですが、セレッソは好調ですね~。羨ましい限りです。期待してますよ。こちらは耐えるしかできません

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。