村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

手が回らない

2017-07-23 23:12:56 | 胡瓜栽培

今日は一日中曇天なれど気温は、真夏日の最高で30.2℃(静岡気象台参考Data)まで上昇しました。わが菜園では、この曇天日の中でも、比較的低かったものの、育苗管理ハウスの入り口にあるDigitalSensorは35℃/24℃と前日よりも3℃程低く、作業そのものはのんびりと出来ました。

先日播種したアールス雅夏系2号については、播種後5日目で発芽揃いとなりました。目視の発芽率については、96.2%(202本/210粒)ですが、実際の奇形葉などを除去すれば、92.9%(195本/210粒)となります。

定植については、180本程度と予定していますから、奇形なども外し、出来るだけ正常な苗に仕上げて定植に望みたいと思います。

今日は最終の管理の中で、6月播きの夏秋栽培の補植も含めてすべてが終了しましたが、生育そのものは順調に進んでいて、軸の太さなどについては、定植遅れなどはあってもほとんど見られないような状況になっています。

誘引などについては、net張りそのものはここ数日ですべて完了でき、3日程度で誘引が出来るものと思いますので、当初予定の収穫よりも若干遅れるものの、8月お盆前後から収穫が始まるものと思います。

誘引と同時に、芽かきや摘芯。更には摘果も始まりますが、主枝の雌花については、10節くらいまでは全て除去の予定としています。

2017年6月播き露地夏秋栽培

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 採種用杉山シロウリも栽培始... | トップ | 一段落・・・そして »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL