村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

生育順調・・・病気は要注意

2016-10-19 23:53:11 | 野菜作りは・・・・・

今朝も非常に暑くなるのが早く、最低気温そのものが高目でしたので、最高気温そのものも夏日を越えました。日照については、晴れたり曇ったりの状態で、極端に暑くは感じなかったものの、さすがにビニールハウス内では、最高では35℃程度まで上昇しています。

現在の気象条件の中で、今日の日が沈んでから予想もない雨が降りました。空模様そのものは気にしてはいたものの、考えが甘かった感じもします。

育苗管理ハウスや現在栽培しているハウス抑制栽培については、それなりの管理していますので、雨が降っても心配はなかったです。

こんな状況下などで、育苗管理ハウス内の秋まきタマネギの苗については、現在の葉鞘部については、播種後20日経過の中では、しっかりとした状態になっていて、太さも順調に生育しているものと思います。

現在の気象条件では、播種後3.8h/日。平均気温で現在の育苗管理ハウスでの目安にするのは、最高気温の平均で25.17℃(静岡気象台Data参考)となりますので、現在育苗しているCell成型Tray406穴Cellでは、確実に毎日朝の潅水が必要となります。

Cell成型Trayの底面については、根のし状態では極端な発生は見られていませんので、Cell内での十分な根の廻りが良くなるものと思います。

2016年9月播きタマネギ栽培

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 局所施肥 | トップ | net張りと蔓の立ち上げ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL