村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

発芽が始まっています

2017-06-15 22:43:43 | おれっち菜園仲間

今日も午前中は非常に暑くなり、厳しい作業となり、露地夏秋栽培の台木かぼちゃ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」最終の播種が午前中に終了となりました。天候については、朝方については曇り状態であったり晴れたりでしたが、昼前から昼過ぎまでは一応晴れ間がつづきました。14時過ぎには権現様の頂上付近に雨雲がかかり、こちらでも少しぱらつきましたが、雨とは言えない程度で晴れたり曇ったりでしたが、夕方にはしっかりと曇ってしまい、育苗管理ハウスの天窓も閉めざるを余儀されました。

こんな天候の中で、先日13日に播種した四葉胡瓜「恵沢30」と「恵沢29」の2品種が発芽が始まりましたが、恵沢30については、予想よりも少し早目の上がり方で、11時30分頃のCheckに入った状態で、90%以上が上がっていて、この時点で穂木の四葉胡瓜のすべての品種のコモ掛け及びポリシートの覆いをすべて解除として、ヨシズ掛けとしました。

恵沢29については、Cell成型Trayの底については、発根状態が確認できたものの、上部での発芽の確認はほんの僅かでした。実際に今まで恵沢29の播種後発芽までの設定は、積算で10℃程度遅くなっていますので、今回の早めのコモ掛けやポリシートの解除については、上がり方は少し遅れることも予想しますが、生育そのものについては、全く影響は出ないものと思います。

更には、今回13日に同時に播種した、2017年6月播き露地夏秋栽培として行う、台木かぼちゃ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」も夕方の時点で発芽が始まりましたので、こちらもコモ掛け及びポリシートの覆いをすべて解除しました。

2017年露地夏秋栽培6月9日播き

恵沢29の16時の確認で・・・・・

6月9日お昼に播種した台木かぼちゃ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」の16時の状態

午前11時30分の確認で90%以上が上がっている恵沢30

2017年6月播き露地夏秋栽培 台木かぼちゃ「ゆうゆう一輝(黒タイプ)」・・・・・わが菜園の露地夏秋栽培の最終

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 交配が始まりました | トップ | 判断ミスなのか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL