村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

葉面散布&葉面追肥そして防除

2016-10-14 20:23:19 | 胡瓜栽培

今日も前日並みの冷え込みになり、このまま冷え込みが続くかと思いきや、明日の土曜日はさらに冷え込むけれど、予報では翌々日からは、冷え込みは少し足踏み状態で高目になるようですね。

現状の気温については、非常に管理しやすい温度となっていますから、栽培については非常に楽ちんしながら管理しています。ビニールハウスの中は暑くないし、朝の時点は少し高目の管理としていますので、べと病などの葉に出る病気などは要注意ですが、まずまずの生育状況となっています。

定植後5日経過の中、本葉6.0枚まで生育。育苗管理中の葉面散布及び葉面追肥で、順調にここまで来たものの、予想よりも天候そのものは10月1日から平均3時間/日(積算42.2時間・・・静岡気象台Data参考)となり、前年対比でも平均1.7時間/日少なくなっています。

現在の栽培については、不耕起栽培の元肥ゼロ発進で行っていますが、栽培上の障害については全く確認されていません。土壌病害虫も確認されていませんので、まずまずの生育状況だと確認しています。

側枝の発生については、一昨日の時点で初めて確認している中で、全体的に発生が確認されるようになり、早めの蔓上げ作業を支度しなければならないものだと感じています。

今日は、前回10日前に行った葉面散布&葉面追肥を行い、同時に防除を行い、今Seasonについては、早めの管理の中で出来るだけ目標内の数字に収めて行きたいですね。

2016年9月播きハウス抑制栽培(ハウス恵沢 )

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冷え込みは厳しいですね | トップ | 一回目の液肥潅水 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL