村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

定植間際になりました

2017-05-16 23:46:18 | 胡瓜栽培

今日は午前中一時的に晴れたものの、お昼過ぎにはほとんどは曇り空で、一日が終了となりました。この処5日間はまともな晴れ間が続かず、生育などには厳しい日々が続きます。

こんな中で、育苗期間が若干長くはなったものの、4月播きの四葉胡瓜の育苗期間が、中苗になって仕舞いましたが、何とか定植になるようになりました。今Seasonの四葉胡瓜については、隔離Betでの定植については、尿素入 I B化成ーS1号(ジェイカムアグリ)の肥料を使用します。使用量については、概ね120g/株の量で元肥として施用して行きたいと思います。

更には、毎回使用しますが、「微生物資材 ・・・ビオ有機 」根圏微生物環境改善肥料(☜ 製品情報サイト・・・片倉コープアグリオフィシャルサイト)を元肥に合わせて、30g/株を施用します。

今回の定植については、露地栽培にしては若干遅れていますが、天候の影響もあるので仕方ないですが、Potのズラシや広げによっての対応。更には育苗中の液肥潅水の方法も考慮しながら対応しています。

2017年4月播き露地早熟栽培(恵沢29 )

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズラシとPot広げ | トップ | 土づくり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL