村松菜園

菜園 ・日々の管理日誌

施用効果最大

2016-12-20 21:58:33 |  ホウレン草栽培

今日は午前昼前までは曇り続きで、正午頃から夕方までは、晴れたり曇ったりの状態の天候でした。わが菜園では、ハウス抑制栽培の四葉胡瓜(ハウス恵沢)の出荷栽培の栽培は、一応終了となりました。

現在の天候については、急な冷え込みや、この処の急な気温の上昇は、栽培する作物によっては、かなり厳しい日々が続いています。ハウス抑制栽培の四葉胡瓜(ハウス恵沢)についても同様で、わが菜園では、かなりの冷え込みで、-0.1℃が2回遭遇しましたので、本葉のよれもさることながら、ビニールハウスの損傷もかなりあることで、おおむね覚悟はしていました。

こんな状況下で、現在育苗管理ハウス内で、定植は今か今かと待っていますが、先日12日にCell苗差し替えから一週間の苗が、順調に生育しているCell苗に追いついてきています。

現在のCell苗の生育については、液肥潅水(トミー液肥ハイベスト)の効果は十分出てきています。更に毎週末の葉面散布と葉面追肥の効果も順調に出ていて、葉に対しての黄化は見られていません。Cell成型Trayの育苗苗については、液肥潅水や葉面散布と葉面追肥を定期的に施用して行ければ、健苗で定植できるものと思います。

2016年秋まきホウレン草11月7日播き

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寒さ厳しい日々が続くなれど | トップ | 冬至 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ホウレン草栽培」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL