レトロ

忘れてはいけない物は レトロな色合いで僕たちをみつめている

君の為に生きれるなら

2017年05月18日 | 日記
失くすことを恐れてばかりでは 楽しく生きれるはずがない
そんな事ばかりに気を取られているうちに どんどん独りになっていく
一番気づかなくてはならないことは 人を失くすことの辛さである
自分にとって本当に必要な人はそう何人もいないし もしかして一人もいないかもしれない
最後の晩餐になって「これ、食えよ」と差し出してくれる人をあなたは持っているだろうか・・
持っているという言葉の中にはもちろんあなたも含まれています
あなたは大事な大事なものを何の迷いもなく差し出せる相手がいるでしょうか...
ユーレイズミーアップ
最低でも私にはそんな人がいて 私もそうありたいと思って生きています
そんな人を見つける事が人生の目的だという事は 
ずいぶん前から知っていましたけどね

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春雨 | トップ | オルゴールを聴きながら »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。